ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「茅台酒」の検索結果

「茅台酒」に関連するその他の情報 5件中 1〜5件目

北京晨報

中国では春節の大型連休に入る。連休中に観光する人は前年比13.6%増加すると予想されている。また茅台酒ボトル一本が急騰していると春節ムードの高まりも報じられ、消費の活性化も期待される。しかし庶民の財布の紐は堅いと齋藤尚登。2016年の実質可処分所得の伸び率が前年比6.3%増で、伸び率は低下している。一般市民が価格に敏感になっており、ネットセールで買いだめをする先買いがみられ、春節を含む1,2月は消費の伸びは鈍化傾向にある。


貴州茅台酒

中国では月餅を中秋節に家族で食べるほか、贈答用にされるのが習わし。去年までは月餅の贈答合戦が止まらず、高級ワインや貴金属とセットになった30万円以上の商品もあった。しかし今年は中国中央政府が公費による贈り物やぜいたくを禁じる『倹約令』を出したことから売り上げが大幅に減少し、企業も贈答を控えている。新雅粤の陳耀良社長は、「今年は10%も生産を減らした」と話した。倹約令で高級レストランなどが軒並み業績を下落させ、貴州茅台酒の株価も10%近く下落している。


中国貴州茅台集団

中国を代表する白酒・茅台酒。今この茅台酒の価格が高騰している。人気のたかまりにつれ、賄賂や偽物など中国の悪しき慣習が横行し始めた。その現状を取材。茅台酒は政治家ら国家主導者が、海外の首脳をもてなす際に飲まれてきた国酒で、日中国交正常化のため北京を訪れた政治家にも振舞われた。最近では将来の値上がりを見込んだ投資目的の茅台酒のオークションが頻繁に開かれるようになった。中国の調査会社によると、中国の富裕層が選ぶ人気ギフトで、茅台酒は第5位に入っている。贈り物や接待の需要が増えるのに伴い、ここ数年価格が高騰。町のあちこちでは回収店と呼ばれる茅台酒を現金に交換してくれる交換所が目立つようになった。茅台酒をめぐっては、企業幹部や役人への賄賂での使用が急増。また、店に持ち込まれる茅台酒の半分は偽物といい、大手の酒専門店で購入した茅台酒も偽物と判定されるほどという。

1999年に国営企業から株式会社化した中国貴州茅台集団を取材。茅台酒はコウリャン(イネ科の一種)を主原料とする蒸留酒で、5年かけて熟成される。この会社が作った酒が唯一「茅台酒」と名乗ることが出来る。会社の醸造所周辺には酒店が軒を連ね、先日、茅台酒の偽物を販売したとして4軒が摘発された。同じ地区には茅台酒のものとは別に中小の醸造所が約600ほどあり、いずれもコウリャンを原料とした酒を製造。それぞれ名前をつけて販売しているが、茅台酒の値段の約1割で販売されている。醸造所の従業員は「作り方も技術も味も茅台酒と同じ。無名かブランドかの違い。不公平と思うけどどうしようもない」と不満を漏らした。偽物業者はこの酒を使っているため、飲んでも中々区別がつかないという。こうした事態に中国政府は偽物の摘発を強化。一連の動きに茅台酒の価格も下落し始めたが、偽物や賄賂など問題の根は深い。


中国貴州茅台集団

中国を代表する白酒・茅台酒。今この茅台酒の価格が高騰している。人気のたかまりにつれ、賄賂や偽物など中国の悪しき慣習が横行し始めた。その現状を取材。茅台酒は政治家ら国家主導者が、海外の首脳をもてなす際に飲まれてきた国酒で、日中国交正常化のため北京を訪れた政治家にも振舞われた。最近では将来の値上がりを見込んだ投資目的の茅台酒のオークションが頻繁に開かれるようになった。中国の調査会社によると、中国の富裕層が選ぶ人気ギフトで、茅台酒は第5位に入っている。贈り物や接待の需要が増えるのに伴い、ここ数年価格が高騰。町のあちこちでは回収店と呼ばれる茅台酒を現金に交換してくれる交換所が目立つようになった。茅台酒をめぐっては、企業幹部や役人への賄賂での使用が急増。また、店に持ち込まれる茅台酒の半分は偽物といい、大手の酒専門店で購入した茅台酒も偽物と判定されるほどという。

1999年に国営企業から株式会社化した中国貴州茅台集団を取材。茅台酒はコウリャン(イネ科の一種)を主原料とする蒸留酒で、5年かけて熟成される。この会社が作った酒が唯一「茅台酒」と名乗ることが出来る。会社の醸造所周辺には酒店が軒を連ね、先日、茅台酒の偽物を販売したとして4軒が摘発された。同じ地区には茅台酒のものとは別に中小の醸造所が約600ほどあり、いずれもコウリャンを原料とした酒を製造。それぞれ名前をつけて販売しているが、茅台酒の値段の約1割で販売されている。醸造所の従業員は「作り方も技術も味も茅台酒と同じ。無名かブランドかの違い。不公平と思うけどどうしようもない」と不満を漏らした。偽物業者はこの酒を使っているため、飲んでも中々区別がつかないという。こうした事態に中国政府は偽物の摘発を強化。一連の動きに茅台酒の価格も下落し始めたが、偽物や賄賂など問題の根は深い。


萬佛寺

金の像がたくさんある萬佛寺でゲストチームが二手に分かれ、その寺に隠された3体のニセモノの金の像を探すゲームを行い、勝ったチームは「貴州茅台酒」を飲み、負けたチームは罰ゲームとして「鼠酒」を飲んだ。


検索結果の絞り込み