ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「茨城ダルク」の検索結果

「茨城ダルク」に関連する情報 9件中 1〜9件目

茨城ダルク 今日一日ハウス

薬物依存症のリハビリ施設では、一日のスケジュール表が貼ってある。施設内では1人1人に役割が決まっていて、自分の仕事にとりかかる時間が設けられている。1人1人に役割を持たせることで責任感や協調性を持たせるという。この施設ではアルコールのほかに携帯電話が禁止されていて、外部との接触は極力さけ、仲間たちだけで助け合って生活することとしている。入居者は「失敗を繰り返さないで今後につなげいきたい」と話した。


茨城ダルク 今日一日ハウス

茨城県結城市にあるリハビリ施設「茨城ダルク 今日一日ハウス」を取材した。全国に85の施設があり、現在は田代まさしさん、ASKAさんも入寮している。社会復帰の為のプログラムを施設で受けている人に話を聞くと、薬物については「意志の力ではどうしようもない」「家庭を失って仕事を失って信用を失って それでもとまらない」と話した。施設では24時間一人になる時間はほどんどなく、入居者に孤独を感じさせないためだという。大部屋の部屋には一日のスケジュール表が貼ってあった。


茨城ダルク 今日一日ハウス

毛金ドラッグに手を出してリハビリ施設「茨城ダルク」に入居したAさんは想像を絶する依存と戦っている。専門家はその中毒性について危険ドラッグの成分を指摘する。どのような反応をもたらすかわからない、新たな成分を含む危険ドラッグが次々と開発されるため、処置が確定しない。元中毒者のKENさんは「薬物に依存することは格好悪いことだと思います」と話した。


茨城ダルク

薬物依存者のリハビリ施設である茨城ダルクでは、2〜3年前から危険ドラッグに関する相談件数が増加しているという。茨城ダルクには現在30人の入所者がいて、そのうち6人は危険ドラッグによる元中毒者である。ここでは共同生活が基本となり、朝6時40分起床で夜11時就寝で、掃除・選択・食事はすべて自分で行うという決まりがある。過去を受け入れ規則正しい生活を送ることが薬物依存脱却の第一歩だという。


茨城ダルク 今日一日ハウス

薬物依存症に陥った人が回復を目指す茨城ダルク 今日一日ハウスでも脱法ドラッグに苦しむ人の入所が増えているという。入所者に話を聞くと高校生からハーブを吸っていて簡単に手に入ると語る。手軽に入手できる実態は改善されるのか?


聖明病院

覚醒剤による依存症について、聖明病院・院長への電話取材を紹介。薬を常用している場合、薬を断って1週間から10日の間は禁断症状が出るという。病院では鉄格子を使った隔離病棟を備えている。リハビリ施設・茨城ダルクの代表は自らも薬物の経験があるといい、数年経ってから幻覚が見えることもあり苦しみは一生続くと話した。施設では立ち直った人が全体の25%にとどまり、22年間で120人が自殺しているという。


茨城ダルク

密着取材していた茨城県・結城市にある薬物依存症のためのリハビリ施設。


茨城ダルク

茨城県・結城市にある薬物依存症のためのリハビリ施設。
覚せい剤の恐ろしさを伝えるために取材班がこの施設を訪れ、覚せい剤の元常習者にインタビューを試みていた。
元常習者の男性によると、
「きっかけはごくありふれたものでした。高校の時に友人が(覚せい剤を)持ってきまして。悪いという認識はあるんですよ。それがわかっていても使ってしまう。地位も冨もすべて失う可能性があるとわかっていても使いたいんです。使わすんですよ、クスリが」
とのことだった。
また、ほかの元常習者も、
「聞こえないものも聞こえてきますし、見えないものも見えてきます。そういうのってやっぱり気持ちよくはないですよね。(覚せい剤による)幻聴幻覚で、操られてる自分っていうか。クスリ使ってる時はそんなこともわかりませんでしたね」
と、答えていた。


茨城ダルク

大麻に関するニュースの際、かつて大麻を常習していた男性に、取材に訪れていた施設。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (9)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (9)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。