ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「菅本博夫」の検索結果

「菅本博夫」に関連する情報 29件中 1〜10件目

「菅本博夫」に関連するレストラン・飲食店

新明石鮓

番組では清原夫婦と25年付き合いがあるという大阪市の店を訪れた。新明石鮓の菅本博夫さんは夫婦のとき亜希が献身的に支えていたと話したが身元引受人には子供のためにもならないと話した。先月5日に亜希はコメントを出しているがこのときも子供を守るのが一番の責任としていた。又、今月7日に亜希は芸名を「清原亜希」から「亜希」に変えると発表しているがこのことについて菅本さんも正しいと答えている。


PL学園

清原容疑者のPL学園時代の先輩、清水哲氏は清原は繊細だったと話した。清水さんは大学時代に試合中に首の骨を折り、車いす生活を送っている。清原の嬉し涙、悔し涙を見たとし、母親からの電話で泣いていたと話した。新明石鮓の菅本博夫氏は清原容疑者に対し、いつものところですし食べてほしいと話した。


「菅本博夫」に関連するレストラン・飲食店

新明石鮓

清原夫妻を知る新明石鮓の菅本博夫氏は25年来の知人、店内にはバットなどが飾られていた。今から16年前に清原容疑者は亜希さんを連れてきた。菅本博夫氏は店では亜希さんの方が人気があったと話した。清原容疑者は家族で訪れることもあった。しかし2014年の薬物疑惑報道で、離婚をすることになり、清原容疑者は店に1人で訪れた。亜希さんは離婚後も子供と寿司店に訪れることがあった。離れ離れになったが、子供達は清原容疑者を慕っていた。2年前には野球選手時代に手に入れた50億円以上の大金を失っていた。

清原容疑者のPL学園時代の先輩、清水哲氏は清原は繊細だったと話した。清水さんは大学時代に試合中に首の骨を折り、車いす生活を送っている。清原の嬉し涙、悔し涙を見たとし、母親からの電話で泣いていたと話した。新明石鮓の菅本博夫氏は清原容疑者に対し、いつものところですし食べてほしいと話した。


清原亜希さんのブログ

清原亜希さんがブログ(AK+1 by EFFE BEAMS)で、亜希さんに変更すると明らかにした。清原夫妻を知る菅本博夫さんは2人の関係を見ていた。


AK+1 by EFFE BEAMS

清原亜希さんがブログ(AK+1 by EFFE BEAMS)で、亜希さんに変更すると明らかにした。清原夫妻を知る菅本博夫さんは2人の関係を見ていた。


近畿大学 浦神事業場

新明石鮓では近畿大学の養殖マグロを使用していて、天然物の4分の1の値段で提供している。店主の菅本博夫さんは「色もいいし、味も良い」とコメント。

大阪・和泉市にあるサンエー光明台店では様々な鮮魚を取り揃えていて、近畿大学の養殖マグロはお客にとってポピュラーな食材となっている。

近畿大学水産研究所 白浜事業場ではタイやシマアジなどを養殖していて、養殖した魚を販売するために近畿大学は近畿大はアーマリン近大というベンチャー企業を設立した。近畿大学はクロマグロを完全養殖という画期的な技術を確立し、近畿大学水産研究所 大島事業場では約5000匹のマグロを養殖している。現在供給が追いつかず、小ぶりなマグロまで前倒しで出荷されている。

近畿大学水産研究所 奄美事業場では約3000匹のクロマグロを養殖している。孵化した稚魚は1ヶ月間陸の水槽で飼育されるが、共食いなどで大量に死んでしまうという。生き残った稚魚は沖の生け簀で養殖されるが、生け簀に衝突するなどで死んでしまうものもいる。さらに安定供給するためのエサ代は年々高騰しているという。

近畿大学では生のエサを使わずに人口のエサで育てようとする研究を近畿大学 浦神実験場で進めてきた。滝井健二教授は14年をかけて直径0.6ミリから2センチまでの人口のエサを開発し、養殖場で使用されている。だが成長すると一番大きなエサにも見向きしなくなるため、更にサイズが大きいサイズのエサを開発中。


近畿大学水産研究所 奄美事業場

新明石鮓では近畿大学の養殖マグロを使用していて、天然物の4分の1の値段で提供している。店主の菅本博夫さんは「色もいいし、味も良い」とコメント。

大阪・和泉市にあるサンエー光明台店では様々な鮮魚を取り揃えていて、近畿大学の養殖マグロはお客にとってポピュラーな食材となっている。

近畿大学水産研究所 白浜事業場ではタイやシマアジなどを養殖していて、養殖した魚を販売するために近畿大学は近畿大はアーマリン近大というベンチャー企業を設立した。近畿大学はクロマグロを完全養殖という画期的な技術を確立し、近畿大学水産研究所 大島事業場では約5000匹のマグロを養殖している。現在供給が追いつかず、小ぶりなマグロまで前倒しで出荷されている。

近畿大学水産研究所 奄美事業場では約3000匹のクロマグロを養殖している。孵化した稚魚は1ヶ月間陸の水槽で飼育されるが、共食いなどで大量に死んでしまうという。生き残った稚魚は沖の生け簀で養殖されるが、生け簀に衝突するなどで死んでしまうものもいる。さらに安定供給するためのエサ代は年々高騰しているという。

近畿大学では生のエサを使わずに人口のエサで育てようとする研究を近畿大学 浦神実験場で進めてきた。滝井健二教授は14年をかけて直径0.6ミリから2センチまでの人口のエサを開発し、養殖場で使用されている。だが成長すると一番大きなエサにも見向きしなくなるため、更にサイズが大きいサイズのエサを開発中。


「菅本博夫」に関連するグルメ情報

クロマグロ

新明石鮓では近畿大学の養殖マグロを使用していて、天然物の4分の1の値段で提供している。店主の菅本博夫さんは「色もいいし、味も良い」とコメント。

大阪・和泉市にあるサンエー光明台店では様々な鮮魚を取り揃えていて、近畿大学の養殖マグロはお客にとってポピュラーな食材となっている。

近畿大学水産研究所 白浜事業場ではタイやシマアジなどを養殖していて、養殖した魚を販売するために近畿大学は近畿大はアーマリン近大というベンチャー企業を設立した。近畿大学はクロマグロを完全養殖という画期的な技術を確立し、近畿大学水産研究所 大島事業場では約5000匹のマグロを養殖している。現在供給が追いつかず、小ぶりなマグロまで前倒しで出荷されている。

近畿大学水産研究所 奄美事業場では約3000匹のクロマグロを養殖している。孵化した稚魚は1ヶ月間陸の水槽で飼育されるが、共食いなどで大量に死んでしまうという。生き残った稚魚は沖の生け簀で養殖されるが、生け簀に衝突するなどで死んでしまうものもいる。さらに安定供給するためのエサ代は年々高騰しているという。

近畿大学では生のエサを使わずに人口のエサで育てようとする研究を近畿大学 浦神実験場で進めてきた。滝井健二教授は14年をかけて直径0.6ミリから2センチまでの人口のエサを開発し、養殖場で使用されている。だが成長すると一番大きなエサにも見向きしなくなるため、更にサイズが大きいサイズのエサを開発中。


「菅本博夫」に関連するグルメ情報

近大クロマグロ

新明石鮓では近畿大学の養殖マグロを使用していて、天然物の4分の1の値段で提供している。店主の菅本博夫さんは「色もいいし、味も良い」とコメント。

大阪・和泉市にあるサンエー光明台店では様々な鮮魚を取り揃えていて、近畿大学の養殖マグロはお客にとってポピュラーな食材となっている。

近畿大学水産研究所 白浜事業場ではタイやシマアジなどを養殖していて、養殖した魚を販売するために近畿大学は近畿大はアーマリン近大というベンチャー企業を設立した。近畿大学はクロマグロを完全養殖という画期的な技術を確立し、近畿大学水産研究所 大島事業場では約5000匹のマグロを養殖している。現在供給が追いつかず、小ぶりなマグロまで前倒しで出荷されている。

近畿大学水産研究所 奄美事業場では約3000匹のクロマグロを養殖している。孵化した稚魚は1ヶ月間陸の水槽で飼育されるが、共食いなどで大量に死んでしまうという。生き残った稚魚は沖の生け簀で養殖されるが、生け簀に衝突するなどで死んでしまうものもいる。さらに安定供給するためのエサ代は年々高騰しているという。

近畿大学では生のエサを使わずに人口のエサで育てようとする研究を近畿大学 浦神実験場で進めてきた。滝井健二教授は14年をかけて直径0.6ミリから2センチまでの人口のエサを開発し、養殖場で使用されている。だが成長すると一番大きなエサにも見向きしなくなるため、更にサイズが大きいサイズのエサを開発中。


「菅本博夫」に関連するグルメ情報

クロマグロ

新明石鮓では近畿大学の養殖マグロを使用していて、天然物の4分の1の値段で提供している。店主の菅本博夫さんは「色もいいし、味も良い」とコメント。

大阪・和泉市にあるサンエー光明台店では様々な鮮魚を取り揃えていて、近畿大学の養殖マグロはお客にとってポピュラーな食材となっている。

近畿大学水産研究所 白浜事業場ではタイやシマアジなどを養殖していて、養殖した魚を販売するために近畿大学は近畿大はアーマリン近大というベンチャー企業を設立した。近畿大学はクロマグロを完全養殖という画期的な技術を確立し、近畿大学水産研究所 大島事業場では約5000匹のマグロを養殖している。現在供給が追いつかず、小ぶりなマグロまで前倒しで出荷されている。

近畿大学水産研究所 奄美事業場では約3000匹のクロマグロを養殖している。孵化した稚魚は1ヶ月間陸の水槽で飼育されるが、共食いなどで大量に死んでしまうという。生き残った稚魚は沖の生け簀で養殖されるが、生け簀に衝突するなどで死んでしまうものもいる。さらに安定供給するためのエサ代は年々高騰しているという。

近畿大学では生のエサを使わずに人口のエサで育てようとする研究を近畿大学 浦神実験場で進めてきた。滝井健二教授は14年をかけて直径0.6ミリから2センチまでの人口のエサを開発し、養殖場で使用されている。だが成長すると一番大きなエサにも見向きしなくなるため、更にサイズが大きいサイズのエサを開発中。


検索結果の絞り込み