ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「蒼国来」の検索結果

「蒼国来」に関連する情報 110件中 1〜10件目

「蒼国来」に関連するグルメ情報

わかめスープ

東京・日本橋にある荒汐部屋は2002年6月に設立、13任の力士が所属している比較的新しい相撲部屋。午前6時に朝稽古開始。一番弟子は中国出身の蒼国来。ベテランとして部屋を引っ張っている。稽古は休憩なしで4時間、稽古は多い力士で1日40回。師匠の荒汐親方は現役時代に小結まで登りつめた昭和の名力士であり、現在は厳格な指導者。おかみさんは力士の食事やスケジュール管理など生活全ての面倒を見ている。食事中にも休まず、周りの人も尊敬してやまない。


「蒼国来」に関連するグルメ情報

豚丼

東京・日本橋にある荒汐部屋は2002年6月に設立、13任の力士が所属している比較的新しい相撲部屋。午前6時に朝稽古開始。一番弟子は中国出身の蒼国来。ベテランとして部屋を引っ張っている。稽古は休憩なしで4時間、稽古は多い力士で1日40回。師匠の荒汐親方は現役時代に小結まで登りつめた昭和の名力士であり、現在は厳格な指導者。おかみさんは力士の食事やスケジュール管理など生活全ての面倒を見ている。食事中にも休まず、周りの人も尊敬してやまない。


「蒼国来」に関連するイベント情報

初場所

幕下から関取復帰を目指すベテラン力士蒼国来。大相撲九州場所が開幕。大勢のファンが詰めかける中、真剣勝負が開始。全7番が行われる幕下の取組。蒼国来は初日から3連勝と序盤は最高の立ち上がり。しかし、足のケガの不安が拭いきれない。千秋楽の夜に打ち上げが開かれた。そこで親方が発表した今場所の成績。蒼国来は幕下全勝で幕下優勝。関取復帰を確実にした。まっさきにお祝いに来たのは、この部屋唯一の関取若隆景。全員が蒼国来の復活を心から喜んでいた。中でも荒汐親方はこの結果を誰よりも喜んでいた。


「蒼国来」に関連するイベント情報

九州場所

幕下から関取復帰を目指すベテラン力士蒼国来。大相撲九州場所が開幕。大勢のファンが詰めかける中、真剣勝負が開始。全7番が行われる幕下の取組。蒼国来は初日から3連勝と序盤は最高の立ち上がり。しかし、足のケガの不安が拭いきれない。千秋楽の夜に打ち上げが開かれた。そこで親方が発表した今場所の成績。蒼国来は幕下全勝で幕下優勝。関取復帰を確実にした。まっさきにお祝いに来たのは、この部屋唯一の関取若隆景。全員が蒼国来の復活を心から喜んでいた。中でも荒汐親方はこの結果を誰よりも喜んでいた。


福岡国際センター

幕下から関取復帰を目指すベテラン力士蒼国来。大相撲九州場所が開幕。大勢のファンが詰めかける中、真剣勝負が開始。全7番が行われる幕下の取組。蒼国来は初日から3連勝と序盤は最高の立ち上がり。しかし、足のケガの不安が拭いきれない。千秋楽の夜に打ち上げが開かれた。そこで親方が発表した今場所の成績。蒼国来は幕下全勝で幕下優勝。関取復帰を確実にした。まっさきにお祝いに来たのは、この部屋唯一の関取若隆景。全員が蒼国来の復活を心から喜んでいた。中でも荒汐親方はこの結果を誰よりも喜んでいた。


「蒼国来」に関連するイベント情報

三月場所

普段は給料なしの生活。十両になった初めて給料がもらえるという。現在荒汐部屋で関取の地位にいるのは若隆景23歳だけ。少し前までもう1人いた。蒼国来34歳、ベテラン力士。去年も横綱を倒し金星をあげるなど今後の活躍を期待されていた力士。ところ今年3月に右足を骨折。休場が続き幕下まで落ちてしまった。しかし思うような相撲が取れない。関取には付け人が帯同し、身の回りの世話をする。そして関取以上が許される白いまわし。幕下以下は黒いまわし。そんな蒼国来を一番来にかけているのは親方だった。


「蒼国来」に関連するイベント情報

九州場所

幕下から関取復活を目指す蒼国来。その生活は若手力士たちと一緒に体育館の隅で寝起きするところから始まる。そんな蒼国来を気にかけるのは荒汐部屋の女将さん鈴木ゆかさん。「蒼国来のケガが治った状態で関取に戻ってもらいたい」と話す。そして、九州場所開幕まで10日を切った日、稽古も最後の仕上げ。親方も見守る中、関取若隆景と対戦。試合は蒼国来の勝ち、九州場所へ前進。その姿には親方も安心。


成田空港

蒼国来は2003年、19歳の時に来日した。この頃の荒汐部屋は立ち上げたばかりで2人しか力士はいなかった。稽古やしつけもは当時から厳しかった荒汐部屋。ある時、蒼国来が買勝手に部屋を出て公衆電話から電話をしているのが見つかり、親方から叱られたのだが、その時は言葉が通じず必死で何かを訴えようとしていた蒼国来だったが、伝わらずただ泣きじゃくるだけだった。実はその時に、モンゴルの祖母が亡くなり実家に電話をしていたのだった。何も知らなかった親方は叱ったことを悔いたという。この15年、親方と師匠は苦楽を共にし2人で乗り越えてきたのだった。


「蒼国来」に関連するイベント情報

大相撲秋場所

大相撲秋場所 鶴竜がもろ差しで栃ノ心の懐に入ったが、外四つになった栃ノ心が鶴竜を釣った形になり寄り切り。栃ノ心がカド番脱出に大手をかけた。

白鵬と高安の対戦は呼吸が会わず三度目の立ち合いで白鵬が押し倒し、全勝を守った。

稀勢の里は逸ノ城の押しに為す術無く3敗目を喫した。

幕下では豊ノ島が蒼国来を破り5勝目。2年前に左足アキレス腱を断裂し、幕下に転落。そこから努力を重ね、来場所関取復帰が確実となった。


「蒼国来」に関連するイベント情報

大相撲初場所

相撲協会がどういった対応を取るのか解説。去年12月に危機管理委員会が提言した暴力行為についての意識改革、1つ目が理事長による暴力追放宣言、2つ目が暴力追放の日の制定、3つ目が協会による主体的な指導と教育、4つ目が行動規範の策定、5つ目がアンケートによる実態調査で、このアンケートはすべての力士などを対象とし、実施を検討すべきとしているが。山崎さんはアンケートは形式だけのものになるのでは無いか、徹底的にように考えなければいつまでたっても同じことの繰り返しと話した。竹内さんは学校のおけるいじめの案件に近い、言いにくい環境があるのではとコメント。2011年八百長問題では特別調査委員会が事情聴取を行い、調査結果を報告し計25人が処分されたが、解雇された力士、蒼国来が土俵への復帰を求めて訴訟し東京地裁が解雇が無効と判断、特別調査委員会による聴取の証言について具体性を欠き、疑問があると指摘。4月に日本相撲協会が控訴を断念、蒼国来の土俵復帰が決まったなど、聴取が疑問視されたケースが有り、正確なのかどうかも考えていかなければならない。玉木さんは親方は何もかも知っているはず、これはやめようと共有しなければならないとコメント。山崎さんは八角理事長中心とした幹部の人達がはっきりした見解を示さないと、いつまでたっても繰り返す、とコメント。八代さんは「特別調査委員会、危機管理委員会など第三者委員会を作るが実質的には相撲協会そのもので、蒼国来のケースも調査がゆるくなるのは当然。解雇できるだけ資料が整えられないのに裁判になったらこういうことになるのは当たり前。日馬富士の問題も危機管理委員会の調査報告だけでは検察で有罪に出来たかどうかも疑問。相撲協会事態が立場が上の人間に対して甘い、日馬富士の事件は伊勢ケ浜親方が解任になったが、被害者が全治1年6カ月と重い傷害を負っていて、報じられていないケースでは春日野親方に何の処分もされていない。報じられているものと報じられていないものの間でダブルスタンダードしている。と指摘した。