ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「藤本安馬」の検索結果

「藤本安馬」に関連する情報 11件中 1〜10件目

うさぎ

「死の露」と呼ばれる毒ガスを作ったと証言する91歳の藤本安馬さんを綾瀬はるかが取材。うさぎ島と呼ばれ外国人の観光客にも人気の広島県の大久野島はかつて毒ガスを造っていた。1929年に日本陸軍が大久野島で毒ガス製造を開始。1938年の地図では大久野島がある辺りは不自然に切り取られていた。藤本さんは毒ガスの製造に関して一切口外してはならないという誓約書を書いたと話した。島の奥に行くと廃墟となった当時の発電場の建物が残されてあった。

藤本さんは15歳の時に「お金をもらいながら勉強できる」という謳い文句に惹かれ毒ガスの製造とは知らずに大久野島へ渡った。上陸した途端に刺激性が強く言葉では言い切れない強力なにおいがしたという。島には6700人が働いており、防毒服に身を包み24時間体制で毒ガスを製造した。当時を振り返り「中国侵略戦争に勝利するための毒ガス製造なので大変名誉なこと」と話した藤本さんは現在でも「ルイサイト」という毒ガスを製造するための化学式を覚えていた。ルイサイトは皮膚に付くとやけどのようになるという強い毒性から「死の露」という異名がつけられていた。安全管理はずさんで多くの作業員が有毒物質を吸い込みながら毒ガスを造り続けた。


大久野島毒ガス資料館

「死の露」と呼ばれる毒ガスを作ったと証言する91歳の藤本安馬さんを綾瀬はるかが取材。うさぎ島と呼ばれ外国人の観光客にも人気の広島県の大久野島はかつて毒ガスを造っていた。1929年に日本陸軍が大久野島で毒ガス製造を開始。1938年の地図では大久野島がある辺りは不自然に切り取られていた。藤本さんは毒ガスの製造に関して一切口外してはならないという誓約書を書いたと話した。島の奥に行くと廃墟となった当時の発電場の建物が残されてあった。


中央大学

戦時中に工員として働いていた藤本安馬さんを取材。日給の高さにひかれ養成校の入るも毒ガスを作るとは知らされていなかったという。藤本さんは記憶をもとに描き出した毒ガス「ルイサイト」の製造工程図を紹介。日中戦争の中、旧日本軍は当時国際条約で禁止されていた化学兵器を使用していた。中央大学・吉見義明教授は戦後発見された極秘資料に記された毒ガスの実態を説明。日本政府はくしゃみ性ガスの使用は認める一方、びらん性ガスは証拠が不十分として認めていない。


毎日新聞社

戦時中に工員として働いていた藤本安馬さんを取材。日給の高さにひかれ養成校の入るも毒ガスを作るとは知らされていなかったという。藤本さんは記憶をもとに描き出した毒ガス「ルイサイト」の製造工程図を紹介。日中戦争の中、旧日本軍は当時国際条約で禁止されていた化学兵器を使用していた。中央大学・吉見義明教授は戦後発見された極秘資料に記された毒ガスの実態を説明。日本政府はくしゃみ性ガスの使用は認める一方、びらん性ガスは証拠が不十分として認めていない。


毒ガス資料館

広島・竹原市の大久野島ではウサギが700匹以上に繁殖しリゾートの島として観光客に人気だ。島にはかつて旧陸軍の忠海兵器製造所がありピーク時には1500tの毒ガスを製造。日中戦争で使用され多くの犠牲者を出した。14歳から製造に携わった藤本安馬さん(89)は当時、軍事機密で何も口外してはいけなかったと話した。島は地図からも消し去られ終戦後、連合軍によって焼かれた。藤本さんは毒ガスの後遺症でがんになり胃と十二指腸を摘出した。街の毒ガス資料館には観光客も多く立ち寄っている。


忠海兵器製造所

広島・竹原市の大久野島ではウサギが700匹以上に繁殖しリゾートの島として観光客に人気だ。島にはかつて旧陸軍の忠海兵器製造所がありピーク時には1500tの毒ガスを製造。日中戦争で使用され多くの犠牲者を出した。14歳から製造に携わった藤本安馬さん(89)は当時、軍事機密で何も口外してはいけなかったと話した。島は地図からも消し去られ終戦後、連合軍によって焼かれた。藤本さんは毒ガスの後遺症でがんになり胃と十二指腸を摘出した。街の毒ガス資料館には観光客も多く立ち寄っている。


ウサギ

広島・竹原市の大久野島ではウサギが700匹以上に繁殖しリゾートの島として観光客に人気だ。島にはかつて旧陸軍の忠海兵器製造所がありピーク時には1500tの毒ガスを製造。日中戦争で使用され多くの犠牲者を出した。14歳から製造に携わった藤本安馬さん(89)は当時、軍事機密で何も口外してはいけなかったと話した。島は地図からも消し去られ終戦後、連合軍によって焼かれた。藤本さんは毒ガスの後遺症でがんになり胃と十二指腸を摘出した。街の毒ガス資料館には観光客も多く立ち寄っている。


陸軍忠海兵器製造所跡

地図から消された毒ガス島を特集。戦時中、毒ガス製造に関わっていた藤本安馬氏を訪ねた。勉強しながらお金がもらえると言われ、藤本氏はお金のために15歳で大久野島へ。ルイサイトを作っている工場に配属された。当事は、英雄気取りだったと語る。今でも数式を忘れられない。作業中、汗に毒ガスが付着し顔に毒ガスを浴びたため、今でもやや変色が見られる。

かつて教官助手だった立田満喜雄氏は、毒ガスが国際法で禁止されていることを知っていたが、人道的でないということは言えなかったと語る。岡田黎子氏は、中2で学徒動員され、発煙筒作りなどに従事した。当事の様子をスケッチとして残し後世へ伝えている。島では異様な防護服に身を包んだ兵士たちを目撃し、毒ガスを作っている事を知った。島では多くの殉職者が出た。


中央大学

アメリカ合衆国のほぼ全ての戦争の資料を集めたアメリカ国立公文書館に毒ガス戦の決定的証拠が眠っていた。アメリカが所有する日本語で書かれた極秘文書には毒ガスの暗号や、どのように毒ガスを使ったのかが書かれていた。この資料について毒ガス研究の専門家は1941年日中戦争の宜昌攻防戦で毒ガスが使われて効果を発揮したと話した。アメリカの 国立公文書館には宜昌の被害者の写真が多く存在している。

1945年終戦の翌年、学者は毒ガスに関するアメリカ側の尋問に毒ガスの研究は防衛のためと答えている。さらに学者は国際条約に違反するので私は禁止したと関与を否定している。そして東京裁判では毒ガス戦は追求されなかった。

なぜアメリカは毒ガス戦について追求しなかったのか、中央大学の吉見義明は、冷戦のためにそれはやめるべきというのがアメリカ陸軍の考え方だったと語った。大久野島の毒ガスは戦後間もなく太平洋に沈められ、工場はなくなった。現在大久野島では年に一度慰霊式が行われている。毒ガスはここで働いた人にも後遺症を残している。

ルイサイトを作った藤本さんもがんになるなど毒ガスの後遺症に悩まされていて毎日10種類の薬を飲み続けなければならない。藤本さんは自分は被害者で国に対する怒りを今ももち続けていると話す。しかしそれ以上に藤本さんを苦しめることがある。

2003年8月中国黒龍江省チチハル市で旧日本軍が遺棄した毒ガスが入ったドラム缶の発掘で44人が死傷した。内閣府は2000年から毒ガス弾の処理を開始したが、まだ30万発以上の毒ガス弾が残されている。

かつて大久野島で作った毒ガスが多くの人を傷つけているという現実が藤本安馬を苦しめている。アメリカで見つけた中国の毒ガス被害者の写真を見た藤本は、毒ガスを作った自分は犯罪者だと語った。藤本は被害者と加害者の間でいまだに戦争と向き合い続けている。


中央大学

地図から消された瀬戸内海の小島で日中戦争のさなかに禁じられていた化学兵器を作り、それを日本が使っていたのか。アメリカの極秘資料と、化学兵器を作っていたと言う男性により、真実が語られる。

瀬戸内海の広島県大久野島。うさぎが住むこの島には多くの観光客が訪れる平和な今の姿からは想像できない姿、旧日本陸軍の忠海兵器製造所があった。日中戦争以前の地図(提供:竹原市)にはあった大久野島は戦争開始後、地図から消されていた。

その大久野島を訪れた藤本安馬はかつてこの島の兵器工場で働いていた。当時15歳で何を作るかは知らされないまま仕事は始まった。藤本は死の露「ルイサイト」という毒ガスを作ったと語り、ルイサイトの化学式は今でも覚えているという。

さらに藤本は10年前に記憶を頼りに製造工程図を作成。当時は毒ガスが日本を勝利に導くと信じ作っていたと語った。1937年日中戦争が開戦し大久野島での毒ガス製造も本格化。1941年には年間約1500トンを製造したが、国際条約違反の毒ガスを旧日本軍が使ったのかは、歴史学者の中でも謎とされていた。中央大学の吉見教授は、そういう事実があったことは知らなかったと語った。そして毒ガス戦の真実はアメリカに存在した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (11)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (11)