ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「西川剛史」の検索結果

「西川剛史」に関連する情報 81件中 1〜10件目

広島大学

炊いたごはんの保存方法について紹介。多くの人がゴハンを食品ラップにつつみ冷蔵庫で保存していた。教えてくれるプロは冷凍王子こと西川剛史さん。まず服部さんの包み方は温かいままラップにのせゴハンが冷えたら閉じるという方法。増山さんは粗熱をとってからラップで包みおにぎりのようにしっかり包む方法。西村さんはアツアツゴハンを優しくふんわり包む方法だった。西川さんオススメの方法は、炊きたてを冷凍すること。炊きたてをすぐにラップで包むことでおいしさを閉じ込めることができるという。さらにふんわり包むことでレンジで解凍したときにごはんが硬くなりにくいとのこと。レンジ解凍目安は茶碗1杯分で600wで約3分。


「西川剛史」に関連するグルメ情報

冷凍たまごの黄身の醤油漬け

冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんの「冷凍たまご術」とは?冷凍庫から取り出したのはたまご。生の卵を殻ごとラップして保存袋に入れて冷凍する。冷凍することで1ヵ月以上もつという。卵を冷凍すると、黄身の成分であるタンパク質と脂質が結合するため硬い黄身となる。一度結合すると解凍しても元に戻らず硬さが維持されるという。この黄身をしょうゆ・みりんに1分間つけると「冷凍たまごの黄身の醤油漬け」が完成する。卵を冷凍すると黄身を覆う膜に隙間ができ、味が浸透しやすい。また、冷凍たまごを半分に切りフライパンで焼くと黄身の弾力を活かし1つの卵で2つの目玉焼きが完成する。


「西川剛史」に関連するグルメ情報

おかき

冷凍生活アドバイザーの西川剛史氏が監修した、日本における冷凍庫の歴史は割愛。なお、冷凍食材が美味しく食べられるタイムリミットは冷凍してから1ヶ月だという。カピカピになったお餅は200Wで1分20秒解凍し、8等分にカット。クッキングシートに並べ、500Wで2分加熱。軽く冷ました後、1分加熱。次に醤油やソースを塗り、1分加熱。マヨネーズと青のりをトッピングすれば、サクサクのおかきになる。


「西川剛史」に関連する料理レシピ

お餅

カズレーザーら3人は東京・足立区に住む杉本さん宅を訪い、冷蔵庫をチェック。冷蔵庫にはテイクアウトした余ったソース、紅生姜、コーヒーフレッシュを大事に取っていた。さらに娘の紗空ちゃんは母がチョコパイを隠れてストックしておいたのを初めて知り、目を見開いた。冷凍庫では18年12月頃に入れたままだというお餅などを発見。

冷凍生活アドバイザーの西川剛史氏が監修した、日本における冷凍庫の歴史は割愛。なお、冷凍食材が美味しく食べられるタイムリミットは冷凍してから1ヶ月だという。カピカピになったお餅は200Wで1分20秒解凍し、8等分にカット。クッキングシートに並べ、500Wで2分加熱。軽く冷ました後、1分加熱。次に醤油やソースを塗り、1分加熱。マヨネーズと青のりをトッピングすれば、サクサクのおかきになる。


グアニル酸

冷凍アドバイザー・西川剛史が野菜の冷凍術を伝授。鮮度が良いときに冷凍し、鮮度をキープすることが重要であるという。小松菜は均一の幅に切って保存袋に入れる。このとき、野菜の乾燥を防ぐために袋の中の空気はしっかり抜いておく。また、平らにして均一に凍らせるのもポイント。このように正しく保存すれば約1ヶ月美味しさが持続する。冷凍に不向きとされてきたきゅうりは、スライスした後塩もみをして余計な水分を出し、出た汁ごと保存袋で冷凍する。こうすることで汁がバリアになり鮮度を保つことができる。長いもは皮をむいて切り、空気が入らないようラップに包んでから保存袋に入れる。凍った長いもはおろし金にくっつくこともなく、雪解けのような食感も楽しめる。オクラもそのままだと粘つくが凍ったものだと切りやすいというメリットがある。西川が特に冷凍に適していると薦めるのは「きのこ」。冷凍することで、うまみ成分のグアニル酸が3倍になるのだという。石づきを取ったあとほぐしたりカットしたりして保存すれば、使いたい分だけ取り出すことができる。


「西川剛史」に関連するグルメ情報

きのこ

冷凍アドバイザー・西川剛史が野菜の冷凍術を伝授。鮮度が良いときに冷凍し、鮮度をキープすることが重要であるという。小松菜は均一の幅に切って保存袋に入れる。このとき、野菜の乾燥を防ぐために袋の中の空気はしっかり抜いておく。また、平らにして均一に凍らせるのもポイント。このように正しく保存すれば約1ヶ月美味しさが持続する。冷凍に不向きとされてきたきゅうりは、スライスした後塩もみをして余計な水分を出し、出た汁ごと保存袋で冷凍する。こうすることで汁がバリアになり鮮度を保つことができる。長いもは皮をむいて切り、空気が入らないようラップに包んでから保存袋に入れる。凍った長いもはおろし金にくっつくこともなく、雪解けのような食感も楽しめる。オクラもそのままだと粘つくが凍ったものだと切りやすいというメリットがある。西川が特に冷凍に適していると薦めるのは「きのこ」。冷凍することで、うまみ成分のグアニル酸が3倍になるのだという。石づきを取ったあとほぐしたりカットしたりして保存すれば、使いたい分だけ取り出すことができる。

野菜の冷凍についてのトーク。これから試してみたいなどと出演者らは話した。きのこは水の状態のまま味噌汁に入れて煮立てると旨みがでると夏目三久が紹介した。


「西川剛史」に関連するグルメ情報

オクラ

冷凍アドバイザー・西川剛史が野菜の冷凍術を伝授。鮮度が良いときに冷凍し、鮮度をキープすることが重要であるという。小松菜は均一の幅に切って保存袋に入れる。このとき、野菜の乾燥を防ぐために袋の中の空気はしっかり抜いておく。また、平らにして均一に凍らせるのもポイント。このように正しく保存すれば約1ヶ月美味しさが持続する。冷凍に不向きとされてきたきゅうりは、スライスした後塩もみをして余計な水分を出し、出た汁ごと保存袋で冷凍する。こうすることで汁がバリアになり鮮度を保つことができる。長いもは皮をむいて切り、空気が入らないようラップに包んでから保存袋に入れる。凍った長いもはおろし金にくっつくこともなく、雪解けのような食感も楽しめる。オクラもそのままだと粘つくが凍ったものだと切りやすいというメリットがある。西川が特に冷凍に適していると薦めるのは「きのこ」。冷凍することで、うまみ成分のグアニル酸が3倍になるのだという。石づきを取ったあとほぐしたりカットしたりして保存すれば、使いたい分だけ取り出すことができる。


「西川剛史」に関連するグルメ情報

長いも

冷凍アドバイザー・西川剛史が野菜の冷凍術を伝授。鮮度が良いときに冷凍し、鮮度をキープすることが重要であるという。小松菜は均一の幅に切って保存袋に入れる。このとき、野菜の乾燥を防ぐために袋の中の空気はしっかり抜いておく。また、平らにして均一に凍らせるのもポイント。このように正しく保存すれば約1ヶ月美味しさが持続する。冷凍に不向きとされてきたきゅうりは、スライスした後塩もみをして余計な水分を出し、出た汁ごと保存袋で冷凍する。こうすることで汁がバリアになり鮮度を保つことができる。長いもは皮をむいて切り、空気が入らないようラップに包んでから保存袋に入れる。凍った長いもはおろし金にくっつくこともなく、雪解けのような食感も楽しめる。オクラもそのままだと粘つくが凍ったものだと切りやすいというメリットがある。西川が特に冷凍に適していると薦めるのは「きのこ」。冷凍することで、うまみ成分のグアニル酸が3倍になるのだという。石づきを取ったあとほぐしたりカットしたりして保存すれば、使いたい分だけ取り出すことができる。


「西川剛史」に関連するグルメ情報

きゅうり

冷凍アドバイザー・西川剛史が野菜の冷凍術を伝授。鮮度が良いときに冷凍し、鮮度をキープすることが重要であるという。小松菜は均一の幅に切って保存袋に入れる。このとき、野菜の乾燥を防ぐために袋の中の空気はしっかり抜いておく。また、平らにして均一に凍らせるのもポイント。このように正しく保存すれば約1ヶ月美味しさが持続する。冷凍に不向きとされてきたきゅうりは、スライスした後塩もみをして余計な水分を出し、出た汁ごと保存袋で冷凍する。こうすることで汁がバリアになり鮮度を保つことができる。長いもは皮をむいて切り、空気が入らないようラップに包んでから保存袋に入れる。凍った長いもはおろし金にくっつくこともなく、雪解けのような食感も楽しめる。オクラもそのままだと粘つくが凍ったものだと切りやすいというメリットがある。西川が特に冷凍に適していると薦めるのは「きのこ」。冷凍することで、うまみ成分のグアニル酸が3倍になるのだという。石づきを取ったあとほぐしたりカットしたりして保存すれば、使いたい分だけ取り出すことができる。


「西川剛史」に関連するグルメ情報

小松菜

冷凍マニア・大久保さんの自宅の冷凍庫には冷凍した野菜がたくさん入っている。その数は合計32点もあった。

冷凍アドバイザー・西川剛史が野菜の冷凍術を伝授。鮮度が良いときに冷凍し、鮮度をキープすることが重要であるという。小松菜は均一の幅に切って保存袋に入れる。このとき、野菜の乾燥を防ぐために袋の中の空気はしっかり抜いておく。また、平らにして均一に凍らせるのもポイント。このように正しく保存すれば約1ヶ月美味しさが持続する。冷凍に不向きとされてきたきゅうりは、スライスした後塩もみをして余計な水分を出し、出た汁ごと保存袋で冷凍する。こうすることで汁がバリアになり鮮度を保つことができる。長いもは皮をむいて切り、空気が入らないようラップに包んでから保存袋に入れる。凍った長いもはおろし金にくっつくこともなく、雪解けのような食感も楽しめる。オクラもそのままだと粘つくが凍ったものだと切りやすいというメリットがある。西川が特に冷凍に適していると薦めるのは「きのこ」。冷凍することで、うまみ成分のグアニル酸が3倍になるのだという。石づきを取ったあとほぐしたりカットしたりして保存すれば、使いたい分だけ取り出すことができる。


検索結果の絞り込み