ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「該当なし」の検索結果

「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌 6848件中 61〜70件目

「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

ブッダ

やなせたかしのルーツを紹介。やなせの絵を気に入ったその他はやなせと一緒に仕事をするようになり、その他始めての大人向けアニメ映画「千夜一夜物語」のキャラクターデザインを担当したやなせが天才的な才能を見せ、後の無限とも言えるキャラ作りの原点となった。その後、2人の作風が入れ替わっていった。子ども向けの作品が中心だった手塚は大人向けの劇画の方向に進み、大人向けの漫画を描いていたやなせは子ども向けのアニメの世界に進み、1988年「アンパンマン」がアニメ化される。初期のアンパンマンを見たその他は、「これはそのうちにすごい人気者になりますよ!」とやなせに言ったという。


「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

広辞苑

三重県はJR西日本とJR東海の両方が通り、るるぶは西日本に分類する一方で、昭文社のMAPPLEは東日本に分類するなど、東日本と西日本のどちらに属するか定まっていない。


「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

広辞苑

「御社」と「貴社」の違いについて杏林大学の金田一秀穂教授に聞いたところ、貴社は記者などの同語が多く紛らわしいため、話し言葉では御社を使い、書き言葉では貴社を使うのが原則なのだという。御社という言葉が定着したのは1990年代。当時の朝日新聞の記事を紹介。広辞苑に掲載されたのも1998年から。


「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

X

夜な夜なディープな芸能界のうわさ話を語る女子会の小林恵美、森下悠里らメンバーが登場。杉原杏璃らはプロフィール情報、自らの代表作を紹介した。


「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

こんな杏璃見たことない!

夜な夜なディープな芸能界のうわさ話を語る女子会の小林恵美、森下悠里らメンバーが登場。杉原杏璃らはプロフィール情報、自らの代表作を紹介した。


「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

中国80年代政治改革の舞台裏

民主化運動を武力でねじ伏せた天安門事件。しかし中国政府は事件以前から民主化の可能性を密かに議論していた。その内幕を明かす書籍「中国80年代政治改革の舞台裏」が今年2月に出版された。著者は中国首脳部所属チームの一員。共産党による事実上の一党支配が行われていた当時、三権分立や、複数政党制、言論の自由まで議論がされていた。東京福祉大学国際交流センター長の遠藤誉教授によると「三権分立や多党制まで議論の対象となったということは画期的なこと。政治体制改革に向かって躍動感をもって動き始めたということの証」だという。ところが改革を主導していた胡耀邦氏が失脚。彼の死をきっかけに体制への不満が加速し、天安門事件へと繋がった。事件後政府は改革への模索を一切封印。この時新たな指導者となったのが江沢民氏だった。事件以降、共産党は愛国主義教育に力を入れ、それが現在の日中関係に影響しているとみられる。


「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

半沢直樹

スタジオでは、四半世紀イメージががらっと変わったという話や、今年また暴力団関係の問題が発覚したという話をした。恵さんは「最近、半沢直樹などで銀行が注目されたが、派閥争いがこんなに厳しい物があったとは知らなかった」と話した。岸井さんは「銀行と大蔵省は、政治家に何も教えてくれない」と話した。


「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

10代〜20代の、モテる男の条件を紹介。パナソニックの男性用脱毛機器・ボディシェーバーを紹介。にいそうな男性を、ザイル系と呼ぶという。にいそうな男性らに、街頭インタビューした。柔軟剤・レノアを愛用している男性に、街頭インタビューした。俳優がメガネを着用したことで、メガネを着用した男性がモテるブームとなり、メガネ男子という写真集まで出た。

「メガネ男子」

Amazon.co.jp


「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

週刊サンケイ

50代〜70代の、モテる男の条件を紹介。バンドをやっていた男性は、アマチュアでもモテたという。1980年代は、英語を話せる男性や、カタカナの名前の職業の男性がモテた。1980年代に、DCブランドが流行した。


「該当なし」に関連する本・コミック・雑誌

and GIRL

スタジオで具のキャベツやタコを切る。今年はとても忙しかったという中村アンさんの人物紹介をすみれが行った。中村アンさんは女性ファッション誌「and GIRL」のレギュラーモデルとして活躍している。中村アンさんの実家は月島に近く、お好み焼きはすごく身近だと話した。すみれの母親は京都でお好み焼き屋をしていたという。お好み焼きに身近な2人を前にして堺正章は「今日よろしくお願いします」と一礼をした。