ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「該当なし」の検索結果

「該当なし」に関連する情報 1203204件中 11〜20件目

ホッフェンハイム

ドルトムント×ホッフェンハイムは、オフサイドと思わしきゴールが決まりドルトムントが先制。そして、後半35分には香川が出場すると、直後にエース・オーバメヤンが該当なし追加点を決め、2対1で勝利した。


「該当なし」に関連するホテル・温泉旅館「該当なし」に関連する観光・地域情報

星野リゾート 界 アンジン

続いて一行は本日の宿泊先である「星野リゾート 界 アンジン」へ。江戸時代イギリスのウィリアム・アダムスが、伊東で初めて西洋式の帆船を製造したが、その功績を受けて三浦按針という日本名を授かった。そこで伊東に面したこの旅館にも、アンジンと名付けられた。「星野リゾート 界 アンジン」は船旅をテーマにした温泉旅館で、館内の至るところに船の廃材を使ったオブジェが展示されている。

「星野リゾート 界 アンジン」では、45部屋全てがオーシャンビュー。大きな窓からは広大な太平洋が一望できる。部屋の中には船の中をイメージしたワークスペースや、船の廃材で作られたオブジェがあり、レトロな船旅気分該当なし味わえる。リビングの隣はゆったりとしたベッドルーム。星野リゾートと日本ベッドが共同開発した「ふわくもスリープ」は、絶妙な寝心地が特徴。

続いて一行はサンブエナデッキへ。三浦按針が製造したサン・ブエナ・ベントゥーラ号にちなんで名付けられたこのデッキでは、船首にいる気分で海風を感じる事ができる。このデッキでは2種類のクラフトビールとソフトドリンクが飲み放題となっている。ちなみに露天風呂や大浴場からも海を望む事ができる。

このあと「星野リゾート 界 アンジン 超豪華 ディナー会席が登場!温泉街で芸者体験!」


日本ベッド

「星野リゾート 界 アンジン」では、45部屋全てがオーシャンビュー。大きな窓からは広大な太平洋が一望できる。部屋の中には船の中をイメージしたワークスペースや、船の廃材で作られたオブジェがあり、レトロな船旅気分該当なし味わえる。リビングの隣はゆったりとしたベッドルーム。星野リゾートと日本ベッドが共同開発した「ふわくもスリープ」は、絶妙な寝心地が特徴。


星野リゾート

「星野リゾート 界 アンジン」では、45部屋全てがオーシャンビュー。大きな窓からは広大な太平洋が一望できる。部屋の中には船の中をイメージしたワークスペースや、船の廃材で作られたオブジェがあり、レトロな船旅気分該当なし味わえる。リビングの隣はゆったりとしたベッドルーム。星野リゾートと日本ベッドが共同開発した「ふわくもスリープ」は、絶妙な寝心地が特徴。


ふわくもスリープ

「星野リゾート 界 アンジン」では、45部屋全てがオーシャンビュー。大きな窓からは広大な太平洋が一望できる。部屋の中には船の中をイメージしたワークスペースや、船の廃材で作られたオブジェがあり、レトロな船旅気分該当なし味わえる。リビングの隣はゆったりとしたベッドルーム。星野リゾートと日本ベッドが共同開発した「ふわくもスリープ」は、絶妙な寝心地が特徴。


JTB

該当なしがJTBグループの合同入社式に登場。CM撮影で訪れたシンガポールでの思い出を語った。


瑞穂の國記念小學院HP

森友学園の問題で国会追求が続くなか、7日に鴻池祥肇参院議員が姿を現した。鴻池議員は、森友学園・籠池泰典理事長から“紙に入ったもの”を渡されそうになったことを明らかにしていた。しかし、森友学園側は鴻池議員が作成した記録は捏造で「嫌悪感しか感じない」と猛反発した。鴻池議員は7日の取材では記者を一喝し、質問には答えなかった。また、小学校の開校が4月に迫るなか、森友学園な該当なし建築費を国、大阪府それぞれに異なる数字で報告していた問題で、大阪府は「不認可」とする可能性が高まっているとした。


森友学園

森友学園の国有地格安購入をめぐる問題で注目を集めている安倍昭恵夫人が7日、国際女性デーのイベントで11日ぶりに公の場に姿を現した。昭恵夫人は「何でこんなに注目を集めてしまっているのか、すごく戸惑っている」と心境を語った。森友学園の問題に直接触れることはなかったが、「いろんな方たちから、いろんなことを頼まれたりもする」という発言もあった。イベントでは総理大臣夫人と紹介されたが、2014・2015年の政府職員を伴って森友学園施設で講演を行ったことも明らかになっている。

森友学園の問題で国会追求が続くなか、7日に鴻池祥肇参院議員が姿を現した。鴻池議員は、森友学園・籠池泰典理事長から“紙に入ったもの”を渡されそうになったことを明らかにしていた。しかし、森友学園側は鴻池議員が作成した記録は捏造で「嫌悪感しか感じない」と猛反発した。鴻池議員は7日の取材では記者を一喝し、質問には答えなかった。また、小学校の開校が4月に迫るなか、森友学園な該当なし建築費を国、大阪府それぞれに異なる数字で報告していた問題で、大阪府は「不認可」とする可能性が高まっているとした。

森友学園に関してスタジオトーク。恵俊彰さんは「学校そのものにも疑いが出てきたと」とコメント。

「森友学園」の小学校設置認可について議論する大阪府私立学校審議会が、府への報告内容が虚偽だと判明すれば、認可判断の先送りではなく「不認可」とする検討を始めた。松井知事は、ごみ搬出や資金収支計画書と同様に、14日を説明の期限とすると強調。小学校の認可判断も「14日以降になる」と話した。認可は私学審を経て教育長が判断する。(スポーツ報知)

建設中の小学校の建築費をめぐり、日付などが同じで金額だけ大きく異なる「工事請負契約書」を作っていたことがわかった。学園側は府教育庁に7億5600万円の契約書を出していたが、6日夜に「国に出したもの」として約3倍の「23億8464億円」と記載した契約書を提出したという。国土交通省によると、事業費を21億8千万円として補助金の申請を受理。2015、2016両年度で計6194万円の補助金交付を決めた。学園側はこれまで金額の差について「補助金の枠をとるために最大限で申請し、補助額が最終の金額に応じて減少することを国も了解していた」と説明。しかし国交省は「返還の相談はまったくない」と否定した。(朝日新聞)

松井氏は「どちらかが偽物だ。意図的に数値を書き換えている」「見込みで出る補助金などない。補助金詐欺になれば刑事事件になる」と話した。教育庁の担当者は「補助金を多くもらうつもりだったのだろうか」と話し、国側に出した契約書の金額が水増しされたのではないかとの認識を示した。(スポーツ報知)

契約書を作成した業者が、実際の建築費は国に報告したほうの約21億円と国土交通省に説明していることが分かった。国会内で開かれた民進党のヒアリングで国交省が明らかにした。学園側は府に報告した7億5600万円を実際の建築費としており、双方の主張は食い違っている。(日本経済新聞)

また小学校建設に絡み、森友学園は敷地内の並木整備などのための補助金も府に申請し、今年2月1日に648万円の交付が決まっていた。府は4月の開校が認可されなければ取り消す方針だ。(スポーツ報知)

すでに愛知県の私立学校との推薦入学枠提供を巡る虚偽報告が明るみに出たが、この日、学園側が私学審に提出した雇用予定の教員名簿に公立小の男性教員の名前が無断で記載された疑いがあることが判明。(スポーツ報知)/教員等雇用予定者リストで、男性は籠池氏が就く予定の校長、教頭に次ぐ総括教員に位置づけられ、経験年数が37年と紹介された。男性によると、1月下旬に知人から依頼され、籠池氏を含めた3人で面会。籠池氏から教育理念を聞かされ「情熱があっていい」と答えたが、引き受けるかどうかは開校近くになってから話し合うことにして、態度を保留した。籠池氏の求めに応じて履歴書も送付した後問い合わせはなく、2月25日に籠池氏側に断りを入れ、了承された。男性はリストに記載されていることは知らされていなかった。(東京新聞)

教育庁によると、森友学園は府に出した収支報告書で、4億円を超える寄付金が集まり、入学予定者を含め出願者が70人以上いると記載。認可の条件となる「安定した学校運営」が可能だとも説明していた。教育庁は学園が小学校設置に向けて提出した資料全ての信憑性を疑問ししており、裏付け資料を出させる方針。(東京新聞)

小学校の設置認可をめぐり、大阪府が審議のために作成した資料のうち、籠池理事長の経歴が事実と異なっていることがわかった。学園側から提出された資料をもとに府が作成した籠池氏の経歴では、1976年3月に関西大学法学部卒業、翌年4月に自治省入社、奈良県に出向したと書いてある。ところが、読売新聞が入手した関西大の卒業名簿などにうると、籠池氏は77年3月に商学部を卒業。奈良県幹部によると、同年4月に新卒で同県庁に採用された。総務省によると、76年11月発効の職員録に籠池氏の名前はなく、在籍した事実は確認できないという。(読売新聞)


万松寺

2016年6月、「魔鏡」の発注依頼が舞い込んだ。映し出すのは寺のシンボルである炎をまとったお稲荷の紋章。まずは銅、錫、亜鉛といった金属を窯で溶かし、鏡のもととなる合金を作る。鋳造と呼ばれる工程ではデザインした型に合金を流し込んだ。この時、窯の温度が1500℃より高すぎても低すぎてはいけず、絶妙な温度調整が求められる。わずかな手間が後の光沢感を左右するという。山本さんは予備を含めて5枚を鋳造した。

「魔鏡」の秘密は鏡を極限まで削ることで生み出される。魔鏡の裏面には模様が施されているため、金属の厚い部分、薄い部分ができる。厚い部分は刃で削れやすいが、薄い部分はやすりによる圧力でたわんでしまう。たわんだ部分は圧力がなくなれば元に戻るが、鏡の表面にはわずかな凹凸ができる。そして光を当てると凹凸があることで反射光に明暗な該当なしつく。極限にまで薄くすると壊れてしまうリスクもあり、山本さんは鏡を固定する左足の感触を重視し、やすりを押し引きする3本の指で表面全体を常に一定の力で削っている。この感覚を養うのに10年の月日を要した。山本さんは作業を止め、裏面を具に確認していると鏡の内部に素ができていた。鋳造した5枚のうち、質的に良さそうなものがあり、やすりで削っていった。山本さんは「先代ができていた技術を自分の代でできなくなるのは不本意」と吐露した。

9月、クライアントである万松寺の関係者が山本合金製作所を訪い、山本さんは進捗状況を報告。現時点で破れる直前まで薄くしていたなか、山本さんは「もう少し削ることで像は鮮明になる」と説明した。


魔鏡

鏡師の山本晃久さんはこの道18年で、1日の大半は1畳の作業場から動かない。作るのは銅などを磨いて鏡面を生み出す「和鏡」で、そのほとんどが手作業によるもの。「商品とは生涯向き合う」というのは山本家に代々伝わる教えで、和鏡は神聖なものとして多くの寺社に御神体として祀られている。そして、「魔鏡」は山本家でしか作ることはできず、裏面には松と鶴の模様が施され、表面が鏡となっている。暗闇でライトを当てると光は鏡に反射し、十字架のキリストが映し出された。遡ること400年前、幕府によるキリスト教迫害が行われていた中、隠れキリシタンにとって迫害から逃れながら信仰を続けるための手段だった。魔境の裏面の奥に施された細工を明らかにしたのは山本さんの祖父である真治さんで、無形文化財として表彰も受けた。

2016年6月、「魔鏡」の発注依頼が舞い込んだ。映し出すのは寺のシンボルである炎をまとったお稲荷の紋章。まずは銅、錫、亜鉛といった金属を窯で溶かし、鏡のもととなる合金を作る。鋳造と呼ばれる工程ではデザインした型に合金を流し込んだ。この時、窯の温度が1500℃より高すぎても低すぎてはいけず、絶妙な温度調整が求められる。わずかな手間が後の光沢感を左右するという。山本さんは予備を含めて5枚を鋳造した。

「魔鏡」の秘密は鏡を極限まで削ることで生み出される。魔鏡の裏面には模様が施されているため、金属の厚い部分、薄い部分ができる。厚い部分は刃で削れやすいが、薄い部分はやすりによる圧力でたわんでしまう。たわんだ部分は圧力がなくなれば元に戻るが、鏡の表面にはわずかな凹凸ができる。そして光を当てると凹凸があることで反射光に明暗な該当なしつく。極限にまで薄くすると壊れてしまうリスクもあり、山本さんは鏡を固定する左足の感触を重視し、やすりを押し引きする3本の指で表面全体を常に一定の力で削っている。この感覚を養うのに10年の月日を要した。山本さんは作業を止め、裏面を具に確認していると鏡の内部に素ができていた。鋳造した5枚のうち、質的に良さそうなものがあり、やすりで削っていった。山本さんは「先代ができていた技術を自分の代でできなくなるのは不本意」と吐露した。

山本さんが「魔鏡」を作る間、4代目の父・富士夫さんが別の工場で仏具をつくり、工場を支えている。大量生産の安価の仏具におされ、手作りの売上は芳しくなく、従業員は今は3人。過去には富士夫さんも「魔鏡」を手掛け、14年には首相からローマ法王に贈呈された。その後、晃久さんが技術を継承し、腕をふるっている。

9月、クライアントである万松寺の関係者が山本合金製作所を訪い、山本さんは進捗状況を報告。現時点で破れる直前まで薄くしていたなか、山本さんは「もう少し削ることで像は鮮明になる」と説明した。