ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「該当なし」の検索結果

「該当なし」に関連する情報 1203204件中 21〜30件目

山本合金製作所

鏡師の山本晃久さんはこの道18年で、1日の大半は1畳の作業場から動かない。作るのは銅などを磨いて鏡面を生み出す「和鏡」で、そのほとんどが手作業によるもの。「商品とは生涯向き合う」というのは山本家に代々伝わる教えで、和鏡は神聖なものとして多くの寺社に御神体として祀られている。そして、「魔鏡」は山本家でしか作ることはできず、裏面には松と鶴の模様が施され、表面が鏡となっている。暗闇でライトを当てると光は鏡に反射し、十字架のキリストが映し出された。遡ること400年前、幕府によるキリスト教迫害が行われていた中、隠れキリシタンにとって迫害から逃れながら信仰を続けるための手段だった。魔境の裏面の奥に施された細工を明らかにしたのは山本さんの祖父である真治さんで、無形文化財として表彰も受けた。

2016年6月、「魔鏡」の発注依頼が舞い込んだ。映し出すのは寺のシンボルである炎をまとったお稲荷の紋章。まずは銅、錫、亜鉛といった金属を窯で溶かし、鏡のもととなる合金を作る。鋳造と呼ばれる工程ではデザインした型に合金を流し込んだ。この時、窯の温度が1500℃より高すぎても低すぎてはいけず、絶妙な温度調整が求められる。わずかな手間が後の光沢感を左右するという。山本さんは予備を含めて5枚を鋳造した。

「魔鏡」の秘密は鏡を極限まで削ることで生み出される。魔鏡の裏面には模様が施されているため、金属の厚い部分、薄い部分ができる。厚い部分は刃で削れやすいが、薄い部分はやすりによる圧力でたわんでしまう。たわんだ部分は圧力がなくなれば元に戻るが、鏡の表面にはわずかな凹凸ができる。そして光を当てると凹凸があることで反射光に明暗な該当なしつく。極限にまで薄くすると壊れてしまうリスクもあり、山本さんは鏡を固定する左足の感触を重視し、やすりを押し引きする3本の指で表面全体を常に一定の力で削っている。この感覚を養うのに10年の月日を要した。山本さんは作業を止め、裏面を具に確認していると鏡の内部に素ができていた。鋳造した5枚のうち、質的に良さそうなものがあり、やすりで削っていった。山本さんは「先代ができていた技術を自分の代でできなくなるのは不本意」と吐露した。

山本さんが「魔鏡」を作る間、4代目の父・富士夫さんが別の工場で仏具をつくり、工場を支えている。大量生産の安価の仏具におされ、手作りの売上は芳しくなく、従業員は今は3人。過去には富士夫さんも「魔鏡」を手掛け、14年には首相からローマ法王に贈呈された。その後、晃久さんが技術を継承し、腕をふるっている。

9月、クライアントである万松寺の関係者が山本合金製作所を訪い、山本さんは進捗状況を報告。現時点で破れる直前まで薄くしていたなか、山本さんは「もう少し削ることで像は鮮明になる」と説明した。


「該当なし」に関連する映画・DVD

今年の該当なし漢字は「金」だったが、他の人気者たちの今年の漢字を聞いていった。寺田心は「笑」と答えた。今年一年楽しいことばかりだからとのこと。今年一番楽しかったのは劇のスイミーをやった時のことで、オーディションに勝ち抜いたとのこと。

 (劇場公開日 2016年12月17日)
「幸せなひとりぼっち」

映画.com

(C)Tre Vanner Produktion AB. All rights reserved.


東京新聞

黒石市写真コンテストで一転受賞した件について、スタジオトーク。しかしその間には、撮影者に口止めしたり、父親に別の賞でどうかという打診があったりしたという。写真は8月の黒石よされで踊る姿を捉えたもので、150点の作品の中から、最高賞の市長賞に決めた。しかし、写真撮影から10日後に、スマートフォン内に残された遺書でいじめを明かし、少女は、列車に飛び込んだ。いじめに関しては、家族が学校に相談もしていたという。青森市教育委員会は、9月にいじめがあったことが濃厚だとの見解を示している。しかし、発表直前の今月13日、高樋市長が実行委員会に賞の再考を要請、協議の上、撮影者に賞の辞退を求めた。16日に実行委員会が経緯を説明したが、納得が得られなかったため、市長賞を「該当なし」とした。父親は、写真データの提供をうけ、「いじめられても笑顔だった姿をたくさんの人にみてほしい」と思い、写真と実名を公表した。しかし、視野実行委員会の対応を批判する電話やメールが殺到、騒動になった。高樋市長は、「氏名や写真を公にして良いのか」と懸念していたが、「氏名や顔写真が報道によって公開された」ことを理由に、再度受賞を決めた。父親は、撮影者には口外しないよう伝えており、父親には他の賞で勘弁してほしいと求めていたため、「説明と違う、不信感がある」と話した。改めて、「いじめさえなければ娘は命を落とすこともなく、賞を喜んでいたはずだ」、「いじめをなくしたいという娘の願いを叶えたい」と語った。(日刊スポーツ/産経新聞/東京新聞)


産経新聞

黒石市写真コンテストで一転受賞した件について、スタジオトーク。しかしその間には、撮影者に口止めしたり、父親に別の賞でどうかという打診があったりしたという。写真は8月の黒石よされで踊る姿を捉えたもので、150点の作品の中から、最高賞の市長賞に決めた。しかし、写真撮影から10日後に、スマートフォン内に残された遺書でいじめを明かし、少女は、列車に飛び込んだ。いじめに関しては、家族が学校に相談もしていたという。青森市教育委員会は、9月にいじめがあったことが濃厚だとの見解を示している。しかし、発表直前の今月13日、高樋市長が実行委員会に賞の再考を要請、協議の上、撮影者に賞の辞退を求めた。16日に実行委員会が経緯を説明したが、納得が得られなかったため、市長賞を「該当なし」とした。父親は、写真データの提供をうけ、「いじめられても笑顔だった姿をたくさんの人にみてほしい」と思い、写真と実名を公表した。しかし、視野実行委員会の対応を批判する電話やメールが殺到、騒動になった。高樋市長は、「氏名や写真を公にして良いのか」と懸念していたが、「氏名や顔写真が報道によって公開された」ことを理由に、再度受賞を決めた。父親は、撮影者には口外しないよう伝えており、父親には他の賞で勘弁してほしいと求めていたため、「説明と違う、不信感がある」と話した。改めて、「いじめさえなければ娘は命を落とすこともなく、賞を喜んでいたはずだ」、「いじめをなくしたいという娘の願いを叶えたい」と語った。(日刊スポーツ/産経新聞/東京新聞)


日刊スポーツ

黒石市写真コンテストで一転受賞した件について、スタジオトーク。しかしその間には、撮影者に口止めしたり、父親に別の賞でどうかという打診があったりしたという。写真は8月の黒石よされで踊る姿を捉えたもので、150点の作品の中から、最高賞の市長賞に決めた。しかし、写真撮影から10日後に、スマートフォン内に残された遺書でいじめを明かし、少女は、列車に飛び込んだ。いじめに関しては、家族が学校に相談もしていたという。青森市教育委員会は、9月にいじめがあったことが濃厚だとの見解を示している。しかし、発表直前の今月13日、高樋市長が実行委員会に賞の再考を要請、協議の上、撮影者に賞の辞退を求めた。16日に実行委員会が経緯を説明したが、納得が得られなかったため、市長賞を「該当なし」とした。父親は、写真データの提供をうけ、「いじめられても笑顔だった姿をたくさんの人にみてほしい」と思い、写真と実名を公表した。しかし、視野実行委員会の対応を批判する電話やメールが殺到、騒動になった。高樋市長は、「氏名や写真を公にして良いのか」と懸念していたが、「氏名や顔写真が報道によって公開された」ことを理由に、再度受賞を決めた。父親は、撮影者には口外しないよう伝えており、父親には他の賞で勘弁してほしいと求めていたため、「説明と違う、不信感がある」と話した。改めて、「いじめさえなければ娘は命を落とすこともなく、賞を喜んでいたはずだ」、「いじめをなくしたいという娘の願いを叶えたい」と語った。(日刊スポーツ/産経新聞/東京新聞)


「該当なし」に関連するイベント情報

黒石市写真コンテスト

黒石市写真コンテストで一転受賞した件について、スタジオトーク。しかしその間には、撮影者に口止めしたり、父親に別の賞でどうかという打診があったりしたという。写真は8月の黒石よされで踊る姿を捉えたもので、150点の作品の中から、最高賞の市長賞に決めた。しかし、写真撮影から10日後に、スマートフォン内に残された遺書でいじめを明かし、少女は、列車に飛び込んだ。いじめに関しては、家族が学校に相談もしていたという。青森市教育委員会は、9月にいじめがあったことが濃厚だとの見解を示している。しかし、発表直前の今月13日、高樋市長が実行委員会に賞の再考を要請、協議の上、撮影者に賞の辞退を求めた。16日に実行委員会が経緯を説明したが、納得が得られなかったため、市長賞を「該当なし」とした。父親は、写真データの提供をうけ、「いじめられても笑顔だった姿をたくさんの人にみてほしい」と思い、写真と実名を公表した。しかし、視野実行委員会の対応を批判する電話やメールが殺到、騒動になった。高樋市長は、「氏名や写真を公にして良いのか」と懸念していたが、「氏名や顔写真が報道によって公開された」ことを理由に、再度受賞を決めた。父親は、撮影者には口外しないよう伝えており、父親には他の賞で勘弁してほしいと求めていたため、「説明と違う、不信感がある」と話した。改めて、「いじめさえなければ娘は命を落とすこともなく、賞を喜んでいたはずだ」、「いじめをなくしたいという娘の願いを叶えたい」と語った。(日刊スポーツ/産経新聞/東京新聞)


「該当なし」に関連するイベント情報

黒石よされ

満面の笑みを浮かべる少女の写真は、青森県黒石市の、黒石よされという祭りの際に一般男性が撮影した写真で、黒石市のコンテストに応募したもの。黒石よされ実行委員会によって、市長賞授与が決定。しかし、祭りの責任者や市長が、「祭りの写真としてふさわしくない」として、授賞決定を取り消した。少女の父親は、「一度喜んだところを突き落とされた気分になった」と話す。遺族は、いじめをなくしたい、命の尊さを知ってほしいとの思いから、写真と実名の報道に踏み切った。いじめを、「どれほど無駄なことなのか、残酷なことなのか、もう一度考えてほしい」という。きのう、主催者は、この作品に再び賞を授与する方針を明らかにした。高樋憲市長は、「人権に配慮するため、くじゅうの判断だった」と話した。しかし遺族は、市の対応に不信感を抱いている。

黒石市写真コンテストで一転受賞した件について、スタジオトーク。しかしその間には、撮影者に口止めしたり、父親に別の賞でどうかという打診があったりしたという。写真は8月の黒石よされで踊る姿を捉えたもので、150点の作品の中から、最高賞の市長賞に決めた。しかし、写真撮影から10日後に、スマートフォン内に残された遺書でいじめを明かし、少女は、列車に飛び込んだ。いじめに関しては、家族が学校に相談もしていたという。青森市教育委員会は、9月にいじめがあったことが濃厚だとの見解を示している。しかし、発表直前の今月13日、高樋市長が実行委員会に賞の再考を要請、協議の上、撮影者に賞の辞退を求めた。16日に実行委員会が経緯を説明したが、納得が得られなかったため、市長賞を「該当なし」とした。父親は、写真データの提供をうけ、「いじめられても笑顔だった姿をたくさんの人にみてほしい」と思い、写真と実名を公表した。しかし、視野実行委員会の対応を批判する電話やメールが殺到、騒動になった。高樋市長は、「氏名や写真を公にして良いのか」と懸念していたが、「氏名や顔写真が報道によって公開された」ことを理由に、再度受賞を決めた。父親は、撮影者には口外しないよう伝えており、父親には他の賞で勘弁してほしいと求めていたため、「説明と違う、不信感がある」と話した。改めて、「いじめさえなければ娘は命を落とすこともなく、賞を喜んでいたはずだ」、「いじめをなくしたいという娘の願いを叶えたい」と語った。(日刊スポーツ/産経新聞/東京新聞)


毎日新聞

スタジオの小倉が「黒石よされの楽しさが伝わる良い写真じゃないか」と憤った。少女は手踊りが大好きで、全国大会に出場するレベル。その美しい姿に、偶然通りかかった男性が思わず撮影。撮影から10日後、少女は“いじめ”が原因で自殺した。今月12日、写真が「黒石市長賞」に内定。主催者側は少女が亡くなっていることを既に把握しており、家族へ確認の連絡もしている。ところが同日、内定取り消し決定。さらに翌日家族へ伝えた。撮影者にも「辞退しろ」と命じている。その後家族は電話で説明を求めたり、直接話したりするも納得できる回答なし。おととい主催者側は「決定が覆ることない」と断言した。市長いわく「故人を持ち上げるのは趣旨になじまない」とのこと。担当者まで「他出展者に迷惑」など述べている。父親は「辞退要請などまるでいじめそのもの」と激怒。そのうえで今回公開した理由を、「いじめはこの笑顔も奪う」と述べている。スタジオのデーブも「二重の悲劇ですよ」と批判した。深澤は「いじめの現実を伝える重要な写真である」と分析。なお現在、市長賞は「該当なし」。


「該当なし」に関連するイベント情報

黒石よされ写真コンテスト

スタジオの小倉が「黒石よされの楽しさが伝わる良い写真じゃないか」と憤った。少女は手踊りが大好きで、全国大会に出場するレベル。その美しい姿に、偶然通りかかった男性が思わず撮影。撮影から10日後、少女は“いじめ”が原因で自殺した。今月12日、写真が「黒石市長賞」に内定。主催者側は少女が亡くなっていることを既に把握しており、家族へ確認の連絡もしている。ところが同日、内定取り消し決定。さらに翌日家族へ伝えた。撮影者にも「辞退しろ」と命じている。その後家族は電話で説明を求めたり、直接話したりするも納得できる回答なし。おととい主催者側は「決定が覆ることない」と断言した。市長いわく「故人を持ち上げるのは趣旨になじまない」とのこと。担当者まで「他出展者に迷惑」など述べている。父親は「辞退要請などまるでいじめそのもの」と激怒。そのうえで今回公開した理由を、「いじめはこの笑顔も奪う」と述べている。スタジオのデーブも「二重の悲劇ですよ」と批判した。深澤は「いじめの現実を伝える重要な写真である」と分析。なお現在、市長賞は「該当なし」。


「該当なし」に関連するイベント情報

黒石よされ祭り

スタジオの小倉が「黒石よされの楽しさが伝わる良い写真じゃないか」と憤った。少女は手踊りが大好きで、全国大会に出場するレベル。その美しい姿に、偶然通りかかった男性が思わず撮影。撮影から10日後、少女は“いじめ”が原因で自殺した。今月12日、写真が「黒石市長賞」に内定。主催者側は少女が亡くなっていることを既に把握しており、家族へ確認の連絡もしている。ところが同日、内定取り消し決定。さらに翌日家族へ伝えた。撮影者にも「辞退しろ」と命じている。その後家族は電話で説明を求めたり、直接話したりするも納得できる回答なし。おととい主催者側は「決定が覆ることない」と断言した。市長いわく「故人を持ち上げるのは趣旨になじまない」とのこと。担当者まで「他出展者に迷惑」など述べている。父親は「辞退要請などまるでいじめそのもの」と激怒。そのうえで今回公開した理由を、「いじめはこの笑顔も奪う」と述べている。スタジオのデーブも「二重の悲劇ですよ」と批判した。深澤は「いじめの現実を伝える重要な写真である」と分析。なお現在、市長賞は「該当なし」。