ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「認知症」の検索結果

「認知症」に関連する情報 14664件中 1〜10件目

認知症

森山紀之医師は、「脂肪肝だけで横ばいならいいが、脂肪肝から肝硬変になることがある。肝硬変になるとその先は肝臓がんが待っていて、肝臓がんになると5年生存率は43%」などと話した。また上山博康医師は、「肝臓が悪くなると精神を安定させるセロトニンが不足し、うつ病や認知症につながる」などと述べた。これからhitomiはどうすればいいのか、秋津壽男医師は「子どもと一緒に飲んで恥ずかしくない飲み方をしてほしい」などと話した。


うつ病

森山紀之医師は、「脂肪肝だけで横ばいならいいが、脂肪肝から肝硬変になることがある。肝硬変になるとその先は肝臓がんが待っていて、肝臓がんになると5年生存率は43%」などと話した。また上山博康医師は、「肝臓が悪くなると精神を安定させるセロトニンが不足し、うつ病や認知症につながる」などと述べた。これからhitomiはどうすればいいのか、秋津壽男医師は「子どもと一緒に飲んで恥ずかしくない飲み方をしてほしい」などと話した。


肝臓がん

2029年に肝硬変を発症する危険性があると診断されたhitomi。糖質制限や適度な運動をしている健康意識が高い人でも、それで安心してしまい大事な部分が抜けている場合がある。hitomiの場合、それがほぼ毎日のお酒だった。肝臓にはアルコールを分解して無害な物質に作り変える働きがあるが、それと同時に体内の脂肪を分解してエネルギーに変える作業も行っている。しかし肝臓はアルコールを優先的に分解するため、大量に摂り続けると他のものが分解できず脂肪として肝臓に溜まっていく。脂肪肝の人が毎日3合以上のお酒を10年間飲み続けた場合、約30%の人が肝硬変になると言われている。肝硬変を発症した場合、約10%が肝臓がんを発症する。

森山紀之医師は、「脂肪肝だけで横ばいならいいが、脂肪肝から肝硬変になることがある。肝硬変になるとその先は肝臓がんが待っていて、肝臓がんになると5年生存率は43%」などと話した。また上山博康医師は、「肝臓が悪くなると精神を安定させるセロトニンが不足し、うつ病や認知症につながる」などと述べた。これからhitomiはどうすればいいのか、秋津壽男医師は「子どもと一緒に飲んで恥ずかしくない飲み方をしてほしい」などと話した。


脂肪肝

2029年に肝硬変を発症する危険性があると診断されたhitomi。糖質制限や適度な運動をしている健康意識が高い人でも、それで安心してしまい大事な部分が抜けている場合がある。hitomiの場合、それがほぼ毎日のお酒だった。肝臓にはアルコールを分解して無害な物質に作り変える働きがあるが、それと同時に体内の脂肪を分解してエネルギーに変える作業も行っている。しかし肝臓はアルコールを優先的に分解するため、大量に摂り続けると他のものが分解できず脂肪として肝臓に溜まっていく。脂肪肝の人が毎日3合以上のお酒を10年間飲み続けた場合、約30%の人が肝硬変になると言われている。肝硬変を発症した場合、約10%が肝臓がんを発症する。

森山紀之医師は、「脂肪肝だけで横ばいならいいが、脂肪肝から肝硬変になることがある。肝硬変になるとその先は肝臓がんが待っていて、肝臓がんになると5年生存率は43%」などと話した。また上山博康医師は、「肝臓が悪くなると精神を安定させるセロトニンが不足し、うつ病や認知症につながる」などと述べた。これからhitomiはどうすればいいのか、秋津壽男医師は「子どもと一緒に飲んで恥ずかしくない飲み方をしてほしい」などと話した。


肝硬変

2029年に肝硬変を発症する危険性があると診断されたhitomi。糖質制限や適度な運動をしている健康意識が高い人でも、それで安心してしまい大事な部分が抜けている場合がある。hitomiの場合、それがほぼ毎日のお酒だった。肝臓にはアルコールを分解して無害な物質に作り変える働きがあるが、それと同時に体内の脂肪を分解してエネルギーに変える作業も行っている。しかし肝臓はアルコールを優先的に分解するため、大量に摂り続けると他のものが分解できず脂肪として肝臓に溜まっていく。脂肪肝の人が毎日3合以上のお酒を10年間飲み続けた場合、約30%の人が肝硬変になると言われている。肝硬変を発症した場合、約10%が肝臓がんを発症する。

森山紀之医師は、「脂肪肝だけで横ばいならいいが、脂肪肝から肝硬変になることがある。肝硬変になるとその先は肝臓がんが待っていて、肝臓がんになると5年生存率は43%」などと話した。また上山博康医師は、「肝臓が悪くなると精神を安定させるセロトニンが不足し、うつ病や認知症につながる」などと述べた。これからhitomiはどうすればいいのか、秋津壽男医師は「子どもと一緒に飲んで恥ずかしくない飲み方をしてほしい」などと話した。


ビタミンB12

名医のセカンドオピニオン。急速に症状が進む認知症の正体。認知機能の低下と診断された高木さんが山本悌司先生の診察を受ける。爪楊枝、音叉などで病の原因を探る。足がふらつくこと、舌の異常などを確認し血液検査をした結果、高木さんは亜急性連合性脊髄変性症と診断された。それはビタミンB12が欠乏し脊髄の神経が正常に働かなくなる病。ビタミンB12は普通は問題なく摂取できるが免疫異常により欠乏していた。山本先生は約20種類の秘密兵器で神経の異常が頸髄で起きていることを確認、ビタミンB12欠乏と推測、病の正体を暴いた。高木さんはビタミンB12を注射し認知症が治った。


亜急性連合性脊髄変性症

名医のセカンドオピニオン。急速に症状が進む認知症の正体。認知機能の低下と診断された高木さんが山本悌司先生の診察を受ける。爪楊枝、音叉などで病の原因を探る。足がふらつくこと、舌の異常などを確認し血液検査をした結果、高木さんは亜急性連合性脊髄変性症と診断された。それはビタミンB12が欠乏し脊髄の神経が正常に働かなくなる病。ビタミンB12は普通は問題なく摂取できるが免疫異常により欠乏していた。山本先生は約20種類の秘密兵器で神経の異常が頸髄で起きていることを確認、ビタミンB12欠乏と推測、病の正体を暴いた。高木さんはビタミンB12を注射し認知症が治った。


認知症

名医のセカンドオピニオン。急速に症状が進む認知症の正体。認知機能の低下と診断された高木さんが山本悌司先生の診察を受ける。爪楊枝、音叉などで病の原因を探る。足がふらつくこと、舌の異常などを確認し血液検査をした結果、高木さんは亜急性連合性脊髄変性症と診断された。それはビタミンB12が欠乏し脊髄の神経が正常に働かなくなる病。ビタミンB12は普通は問題なく摂取できるが免疫異常により欠乏していた。山本先生は約20種類の秘密兵器で神経の異常が頸髄で起きていることを確認、ビタミンB12欠乏と推測、病の正体を暴いた。高木さんはビタミンB12を注射し認知症が治った。


血管性認知症

名医のセカンドオピニオン。急速に症状が進む認知症の正体。認知機能の低下と診断された高木さんは車を運転中に急カーブを曲がりきれず車を大破させた。姉は認知症に詳しい医師の情報を知り合いに聞いて回った。そして友人に教えてもらったのが総合南東北病院の山本先生だった。山本先生が高木さんを診察。認知機能がどの程度落ちているか調べ、認知機能の低下を起こす甲状腺を触診、問診を続け秘密道具で異常が起きている場所を特定していく。


アルツハイマー病

名医のセカンドオピニオン。急速に症状が進む認知症の正体。認知機能の低下と診断された高木さんは車を運転中に急カーブを曲がりきれず車を大破させた。姉は認知症に詳しい医師の情報を知り合いに聞いて回った。そして友人に教えてもらったのが総合南東北病院の山本先生だった。山本先生が高木さんを診察。認知機能がどの程度落ちているか調べ、認知機能の低下を起こす甲状腺を触診、問診を続け秘密道具で異常が起きている場所を特定していく。