ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「読売テレビ」の検索結果

「読売テレビ」に関連する情報 2430件中 1〜10件目

読売テレビ

ここで、石原裕次郎さんのお召し物を手掛けたテーラー・遠藤さんが裕次郎さんからプレゼントされたもののうち3点がスタジオに登場。3点はロレックスの高級腕時計、結婚式の時に使った「裕」という字の刻印入りのカフスボタン、裕次郎さんの顔の刻印入りのコインで、特にコインは10枚しか作られていないという。続いて、裕次郎さんの友人のカルーセル麻紀が”裕次郎ファッション”について言及。また、カルーセル麻紀だけが知る裕次郎さんの伝説的なエピソードも明かし、出演者は裕次郎さんの男気や心意気に感心していた。、一方、佐藤利明は「裕次郎さんは明るいお酒を好んだが、反面孤独な部分もあった。”自分で撮りたい映画を撮りたい”と5年かかって石原プロモーションを設立したが、それは孤独な戦いだったと思う。」とコメント。それを受け出演者は「今では考えられないほど規模も違う。人望もすごいが、その裏には努力があった。」「今ではこんな方出ない」と称賛していた。


読売テレビ

日本の対応について。今回、日本は韓国への半導体材料の輸出について見直しを行なった。半導体材料はスマートフォンなどの製品に使われる一方で、毒ガスの原料になるなど軍事転用が可能な素材である。日本はこれまで韓国を「ホワイト国」としてきたが、来月にも除名措置を行うとみられ、これに対し韓国が批判している。両者の主張は食い違い、韓国が「政治的目的のための経済的報復」と批判しWTOで正式議題とするのに対し、日本は「禁輸措置ではなく安全保障上の見直しであり協定違反ではない」と主張している。韓国をホワイト国に設定している国は多くなく、現在設定されているアメリカも日本からの働きかけの結果と古川。


読売テレビ

京都では山鉾巡行を控え、試し曳きをする曳き初めが行われた。四条通では前祭の山鉾巡行で先頭を飾る長刀鉾の曳き初めが行われた。これは3日間かけて組み上げられた鉾が実際に動くかどうかを試しに曳くもので、10トンを超える鉾が本番さながらに四条通を過ぎた。一般の人達も綱を引くことができるとあって、大勢の人が額に汗をにじませながら祭の雰囲気を楽しんでいた。前祭の山鉾巡行は前祭が17日、後祭が24日。


読売テレビ

おととい、和歌山市で警察官が盗難届がでていたナンバープレートをつけた車を発見。警察が職務質問をしようとすると男が車を急発進させて逃走。現場から10kmほど離れた大阪・岬町で逃走した車と特徴が一致する車が見つかった。 見つかった車は去年12月に横浜市で盗まれたもの。男は30歳くらいで身長170〜175cm。警察は男が盗難車に別の車のナンバープレートをつけて乗っていたとみて行方を探している。


読売テレビ

おととい午後7時ごろ、和歌山市次郎丸の店舗の駐車場で盗難届がでていたナンバープレートを付けた車を警察官が発見。男は職務質問を振り切り、車に乗り込んで捜査車両にぶつけるなどして逃走。警察官は男を取り押さえようとして車のドアガラスを割っており、3人が手を切るなどして軽傷。男のものとみられる車は大阪・岬町で見付かったが、車内には消火器のような粉がまかれており、男は証拠隠滅を図って逃走したものとみられる。男は30歳くらいで上下白の服で身長170〜175cm。警察が公務執行妨害の疑いで行方を追っている。


読売テレビ

きのう大阪・峠町で怪しい車が放置されていた。車が発見された場所から約7km離れた和歌山市で警察官の静止を振り切って逃走した車とみられる。駐車場でパトロール中の警察官が盗難届が出ているナンバープレートをつけたプレートを発見。警察官らが男を待っていると男は車内へ。車の前に警察車両をとめたものの、急発進して逃走。逃走の際に工具を使って窓ガラスを割ったが、そのガラスで3人が怪我を負った。

防犯カメラには逃走した車とみられるものが映っていた。警察車両も追いかけていたが見失った。そして通報を受けた警察官が乗り捨てられた車を発見。消化器の粉のようなもので証拠隠滅しようとしたとみられ、ナンバープレートは外されていた。男は30歳くらいで短髪。上下白の服で身長170〜175cm。警察が公務執行妨害の疑いで行方を追っている。


鹿児島読売テレビ本社前

南さつま市の大王川が幅20mにわたって決壊し、ガードレールを押し倒して川が氾濫している。また、南さつま市で最も大きな万之瀬川も氾濫危険水位に達していて、鹿児島市・霧島市などで避難指示が出ている。鹿児島市は設置した避難所の内半分で利用が始まっていて、避難行動を行っている人も増えている。


読売テレビ

国税庁は今日、相続税を計算する際の基準となる「路線価」を発表した。それによると、上昇率1位は8.3%の沖縄県で、5年連続の土地価格の上昇を見せている。また、那覇市の「国際通り」は県庁所在地別ランキングでも全国1位の伸び率に。専門家によると、外国人観光客を含む多くの観光客が訪れることでホテルや店舗の需要が高まり再開発が進んだ背景があるという。一方、全国最高額は今年も東京・銀座の鳩居堂前。34年連続最高額で、何とはがき1枚分で約67万5000円。近畿での最高額は梅田の阪急百貨店前で、前年に比べ27.4%上昇している。「路線価」の全国平均は前年に比べ1.3%プラスとなり、バブル崩壊後初めて4年連続で上昇。しかしその一方で26県が前年に続き下落し、この内栃木県など22県では下落幅は縮小しているが大都市圏や観光地と地方の二極化は続いている。


鹿児島読売テレビ

県の雨量計によると、鹿児島・日置市東市来では1時間の83mmの大雨を確認。いちき串木野市では2859世帯6051人に全員避難を呼びかける大雨警戒レベル4の避難指示が発表。鹿児島市や姶良市などでは大雨警戒レベル4の避難勧告が出されている。午前7時半ごろ、崖崩れで土砂が家屋に流れ込み、70代女性が一時埋まるも救助され意識あり。鹿児島市など14自治体に土砂災害警戒情報が発表。

西日本で大雨が続き、九州では災害級の大雨となっている。3日間の雨量は宮崎・えびので632.0mmで、鹿児島・薩摩川内市の八重山は453.5mで7月1位となっている。線状降水帯ができやすく、局地的に1時間50mmの大雨が降りやすい恐れがある。予想雨量はあす朝まで・多い所で九州南部で200mm、九州北部、四国、近畿は100mmと予想されている。引き続き土砂災害、河川の氾濫などに厳重警戒するよう呼びかけている。鹿児島・いちき串木野市では約4000人に大雨警戒レベル4の避難指示が出されているほか、鹿児島などの4県の100万人以上に警戒レベル4の避難勧告が出されている。


鹿児島読売テレビ

九州南部では大気の状態が不安定になっており、鹿児島県では大雨が降っているところがあり、3つの市や町に避難勧告が出されている。鹿児島市では明け方から断続的な大雨に襲われており、県の雨量計によればいちき串木野市では1時間に80mmを観測。現在鹿児島市のほぼ全域、姶良市の一部、さつま町の一部の約59万人に大雨警戒レベルのレベル4にあたる避難勧告が発表。土砂災害警戒情報も鹿児島市や薩摩川内市などで発表されている。このあと昼過ぎにかけて局地的に雷を伴った大雨が降る恐れがあり、気象台では土砂災害や浸水などに警戒を呼びかけている。