ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「読売新聞社」の検索結果

「読売新聞社」に関連する情報 9940件中 1〜10件目

読売新聞

読売新聞社は世論調査を実施。中盤の情勢を探った。与党がいずれも優位と伝えている。(読売新聞)

参院選で与党が過半数を占める勢いで、与党が半分以上を取ることや改憲の勢力に対し3分の2が焦点であるところで、参議院の3分の2の議席を確保できる焦点と説明。(読売新聞)

選挙の得票率は与党と野党を全体で考えると与党が多い。その差は参議院での1人区で1人を選ぶことがポイントになる。各種の世論調査の結果では与党の方が優勢と伝えた。また争点の中では年金問題などが最多。さらに若い人の関心が低下していることについて触れた。(読売新聞)


産経新聞

野球の神様、ベーブ・ルースのユニホームがオークションに出品され、スポーツ関連グッズとして最高の6億円の値がついた。ベーブ・ルースが1920年代後半に使ったヤンキースのユニホームで、ルースが活躍した28〜29年に着た可能性が高く、首元に「Ruth」の刺繍が入っている。過去のスポーツ関連の最高額も2012年に約4.8億円で落札されたベーブ・ルースのユニホームだった。また1934年に日米野球を主催した読売新聞社がベーブ・ルースに贈った銅製トロフィーも約980万円で落札された。またベーブ・ルースがケガをした少年に「本塁打を打つ」と約束したサインボールは約2550万円などで落札されている。


ゲッティ

野球の神様、ベーブ・ルースのユニホームがオークションに出品され、スポーツ関連グッズとして最高の6億円の値がついた。ベーブ・ルースが1920年代後半に使ったヤンキースのユニホームで、ルースが活躍した28〜29年に着た可能性が高く、首元に「Ruth」の刺繍が入っている。過去のスポーツ関連の最高額も2012年に約4.8億円で落札されたベーブ・ルースのユニホームだった。また1934年に日米野球を主催した読売新聞社がベーブ・ルースに贈った銅製トロフィーも約980万円で落札された。またベーブ・ルースがケガをした少年に「本塁打を打つ」と約束したサインボールは約2550万円などで落札されている。


デイリースポーツ

野球の神様、ベーブ・ルースのユニホームがオークションに出品され、スポーツ関連グッズとして最高の6億円の値がついた。ベーブ・ルースが1920年代後半に使ったヤンキースのユニホームで、ルースが活躍した28〜29年に着た可能性が高く、首元に「Ruth」の刺繍が入っている。過去のスポーツ関連の最高額も2012年に約4.8億円で落札されたベーブ・ルースのユニホームだった。また1934年に日米野球を主催した読売新聞社がベーブ・ルースに贈った銅製トロフィーも約980万円で落札された。またベーブ・ルースがケガをした少年に「本塁打を打つ」と約束したサインボールは約2550万円などで落札されている。


日刊スポーツ

野球の神様、ベーブ・ルースのユニホームがオークションに出品され、スポーツ関連グッズとして最高の6億円の値がついた。ベーブ・ルースが1920年代後半に使ったヤンキースのユニホームで、ルースが活躍した28〜29年に着た可能性が高く、首元に「Ruth」の刺繍が入っている。過去のスポーツ関連の最高額も2012年に約4.8億円で落札されたベーブ・ルースのユニホームだった。また1934年に日米野球を主催した読売新聞社がベーブ・ルースに贈った銅製トロフィーも約980万円で落札された。またベーブ・ルースがケガをした少年に「本塁打を打つ」と約束したサインボールは約2550万円などで落札されている。


毎日新聞

野球の神様、ベーブ・ルースのユニホームがオークションに出品され、スポーツ関連グッズとして最高の6億円の値がついた。ベーブ・ルースが1920年代後半に使ったヤンキースのユニホームで、ルースが活躍した28〜29年に着た可能性が高く、首元に「Ruth」の刺繍が入っている。過去のスポーツ関連の最高額も2012年に約4.8億円で落札されたベーブ・ルースのユニホームだった。また1934年に日米野球を主催した読売新聞社がベーブ・ルースに贈った銅製トロフィーも約980万円で落札された。またベーブ・ルースがケガをした少年に「本塁打を打つ」と約束したサインボールは約2550万円などで落札されている。


共同通信社

野球の神様、ベーブ・ルースのユニホームがオークションに出品され、スポーツ関連グッズとして最高の6億円の値がついた。ベーブ・ルースが1920年代後半に使ったヤンキースのユニホームで、ルースが活躍した28〜29年に着た可能性が高く、首元に「Ruth」の刺繍が入っている。過去のスポーツ関連の最高額も2012年に約4.8億円で落札されたベーブ・ルースのユニホームだった。また1934年に日米野球を主催した読売新聞社がベーブ・ルースに贈った銅製トロフィーも約980万円で落札された。またベーブ・ルースがケガをした少年に「本塁打を打つ」と約束したサインボールは約2550万円などで落札されている。


読売新聞社

野球の神様、ベーブ・ルースのユニホームがオークションに出品され、スポーツ関連グッズとして最高の6億円の値がついた。ベーブ・ルースが1920年代後半に使ったヤンキースのユニホームで、ルースが活躍した28〜29年に着た可能性が高く、首元に「Ruth」の刺繍が入っている。過去のスポーツ関連の最高額も2012年に約4.8億円で落札されたベーブ・ルースのユニホームだった。また1934年に日米野球を主催した読売新聞社がベーブ・ルースに贈った銅製トロフィーも約980万円で落札された。またベーブ・ルースがケガをした少年に「本塁打を打つ」と約束したサインボールは約2550万円などで落札されている。


読売新聞

野球の神様、ベーブ・ルースのユニホームがオークションに出品され、スポーツ関連グッズとして最高の6億円の値がついた。ベーブ・ルースが1920年代後半に使ったヤンキースのユニホームで、ルースが活躍した28〜29年に着た可能性が高く、首元に「Ruth」の刺繍が入っている。過去のスポーツ関連の最高額も2012年に約4.8億円で落札されたベーブ・ルースのユニホームだった。また1934年に日米野球を主催した読売新聞社がベーブ・ルースに贈った銅製トロフィーも約980万円で落札された。またベーブ・ルースがケガをした少年に「本塁打を打つ」と約束したサインボールは約2550万円などで落札されている。


「読売新聞社」に関連するイベント情報

読売新聞社杯全日本選抜競輪

令和元年のおめでたい話題。競輪界にも令和婚カップルが登場。近藤隆司選手と妻・優香さんを取材するのは、バラエティタレントとしても活躍する朝日奈央。近藤選手は35歳だが、優香さんは10歳下の25歳。2人の出会いはマッチングアプリということで、ラブラブで幸せな夫婦生活に朝日は圧倒されていた。アスリートの妻として優香さんには覚悟が必要だったとのことで、「10歳違うけどちゃんとしてる」と思われることを目指していると話した。料理経験はこれまでなかったが、日々インターネットなどで見て勉強しているようだった。また、自宅の一室がトレーニングルームとなっており、近藤選手は鍛えた体を披露した。続いて、トレーニングのメニューの一つ、下半身を腹筋で持ち上げる”近ちゃんメトロノーム”を紹介した。近藤選手は、筋肉自慢の選手として佐藤慎太郎選手の名前を挙げた。