ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「諏訪東京理科大学」の検索結果

「諏訪東京理科大学」に関連する雑学・豆知識 8件中 1〜8件目

「諏訪東京理科大学」に関連する雑学・豆知識

指チェンジ

脳トレ達人の諏訪東京理科大学教授が教えていた、夏ぼけ頭をスッキリさせる脳トレ体操。
レギュラーの男性キャスターは、うまいことできず
「本当にダメだな、わざとじゃないんだよ…。なんでこんなダメなんだろ」
と困っていたが、先生によればこのような体を動かすのと脳を使うのを連動させるものが最も衰えやすいので、このトレーニングは有効なのだという。

(1)手の甲を前に向け、胸の前でグーの形にする。
(2)まず両手の親指を立て、引っ込めたあと、今度は小指を立てる。その後、小指を引っ込め、再び親指を立てる。この動作をテンポよく行う。
(3)(2)がスムーズにできるようになったら、今度は左手は小指を立て、右手は親指を立てる。その後、指を両方引っ込め、左手は親指を、右手は小指を立てる。この動作をテンポよく行う。


「諏訪東京理科大学」に関連する雑学・豆知識

ずらしタッチ

脳トレ達人の諏訪東京理科大学教授が教えていた、夏ぼけ頭をスッキリさせる脳トレ体操。
説明を受けただけで、出演者たちが大混乱で、
「ちょっとこれどうやったらいいんですかね、頭を使って体を使うのか、自然に動くのか…パニック状態です」
と、女性アナウンサーは困惑していた。
ただ、先生によればこのような状況の方が脳の活性化にはつながるのだという。

(1)両手を腰、肩、頭、また腰と順番に当てる。
(2)今度は右手を先に腰、肩、頭、腰と順番に当て、左手は右手よりも一つ遅らせて同じ順番でタッチしていく。
(3)一連の動作をテンポよく行う。


「諏訪東京理科大学」に関連する雑学・豆知識

もじもじズラし

脳トレビクストレーナーの方の指導を受けて、出演者たちが行なっていた記憶力を鍛えることの出来る脳トレビクス。
脳トレ達人の諏訪東京理科大学教授によれば、外側前頭前野と海馬のつながりを刺激するため、効果があるのだという。

<やり方>
(1)その場で、足踏みをする。
(2)画面に表示された文字を50音で1つずつ後ろにずらして読み上げる。
【例】いす→うせ


「諏訪東京理科大学」に関連する雑学・豆知識

色イロ反射

脳トレビクストレーナーの方の指導を受けて、出演者たちが行なっていた脳トレビクス。
脳トレ達人の諏訪東京理科大学教授によれば、人間は先ず文字を読むように出来ているが、それを抑える命令を出して文字の色を言うことで、キレるとか我慢するといった事にもつながるのだという。

<やり方>
(1)その場で足踏みをする。
(2)画面に文字が出てくるので、その文字の色を答える。
※文字は「あか」が青色で書かれていたりするので、間違えないように読み上げる。


「諏訪東京理科大学」に関連する雑学・豆知識

ひとりオーケストラ

脳トレビクストレーナーの方の指導を受けて、出演者たちが行なっていた脳トレビクス。
出演者たちは全く出来ず、両手が一緒に動いたりしてしまっていたが、脳トレ達人の諏訪東京理科大学教授によれば、そのような状態が最も脳が活性化しているのだという。

<やり方>
(1)その場で、足踏みをする。
(2)両手の人差し指を伸ばし、2拍子のリズムで上下に動かす。
(3)右手だけ3拍子に変えて三角に動かす。


「諏訪東京理科大学」に関連する雑学・豆知識

耳鼻つまみ

脳トレ達人の諏訪東京理科大学教授がスタジオに登場するときにやっていた脳トレビクス。
体を動かしながら脳も活性化できる体操なのだという。
単純な動きだが出演者たちは
「あれ?ぜんぜん出来ない」
「鼻が変なところにある!!」
とかなり戸惑っていた。
この動きは出来る出来ないではなく、多少複雑で難しい動きをすることで、脳を活性化させるのが目的とのこと。

<やり方>
(1)右手で鼻、左手で右耳をつまむ。
(2)手を組み替えて左手で鼻、右手で左耳をつまむ。
※以上の動きを、チェンジの言葉で繰り返す。


「諏訪東京理科大学」に関連する雑学・豆知識

体内時計のリセット法 日中の過ごし方

快眠セラピストの三橋美穂先生が教えてくれた日中の眠気対策。

ソファーなどに座り脚を高くして、血流が全身に巡りやすくなるような姿勢で午後3時までに約20分の昼寝をとる。また、三橋先生は「目を閉じて刺客の情報を遮断するだけで、寝入らなくても脳はすごく休まります」と目を数分間閉じるだけでも効果があることを教えてくれ、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授の実験でも目を閉じるだけで、脳がリラックス状態になることが証明された。その例として、デスクの上で2、3分目を閉じるだけでも脳を休めることが出来るという。


「諏訪東京理科大学」に関連する雑学・豆知識

脳を起こす生活術

長野県茅野市にある諏訪東京理科大学で、脳をスッキリ目覚めさせる方法を篠原菊紀教授に聞いた。

(1)脳も含めて体全体を活性化させるような物質があり、体内で分泌を高める事が必要で、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンなどの脳を覚醒させるホルモンは、朝の光を浴びる事で分泌量が増す。
(2)起き上がる前に布団の中で手や足を開く、握るを繰り返す事で脳の前頭葉を活性化、体全体にスイッチが入る。
(3)歯磨きを1本1本丁寧にすることで脳の運動野の活動量が増加する。
(4)朝食をしっかり噛んで食べる事で、前頭葉や海馬が刺激され目覚めやすくなる。