ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「講談社」の検索結果

「講談社」に関連する本・コミック・雑誌 14132件中 51〜60件目

「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

「ドラマ25 サ道」を一夜づけ。原作はタナカカツキの「マンガ サ道」(講談社モーニングKC刊)。ドラマでは主人公・ナカタが各地の施設を訪問し、サウナ仲間と語り合いながら「サ道」を極めていく。主演は原田泰造。物語の中で重要になってくるのが「ととのう」。おたけによると、サウナは、「サウナ室→水風呂→休憩」が1セットになっており、休憩の時に体がポカポカしてくるという。これを3セットほど繰り返すと、最後の休憩の時に深いリラックス状態になるそう。これが「ととのう」。

「マンガ サ道〜マンガで読むサウナ道〜(1) (モーニングコミックス)」

Amazon.co.jp


「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

「ドラマ25 サ道」を一夜づけ。原作はタナカカツキの「マンガ サ道」(講談社モーニングKC刊)。ドラマでは主人公・ナカタが各地の施設を訪問し、サウナ仲間と語り合いながら「サ道」を極めていく。主演は原田泰造。物語の中で重要になってくるのが「ととのう」。おたけによると、サウナは、「サウナ室→水風呂→休憩」が1セットになっており、休憩の時に体がポカポカしてくるという。これを3セットほど繰り返すと、最後の休憩の時に深いリラックス状態になるそう。これが「ととのう」。ドラマの映像を振り返り、「サ道」流の水風呂の楽しみ方をチョイ見せした。次回の放送では、ナカタが聖地と呼び声が高い「サウナしきじ(静岡)」を訪問!天然水を使った水風呂が特徴だという。

「マンガ サ道〜マンガで読むサウナ道〜(1) (モーニングコミックス)」

Amazon.co.jp


「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

ミリオンジョー

今日は、番組レギュラーのテレビ東京のアナウンサーの、斉藤一也、前田真理子が、「ドラマパラビ」について紹介する。ゲストは、テレビ東京のドラマ室プロデューサーの松本拓。ドラマパラビとは、毎週水曜日の深夜1時35分から放送されている、テレビ東京のドラマシリーズ。「パラビ」での視聴も、意識している。「パラビ」とは、有料のインターネット配信サービス。過去には、「天 天和通りの快男児」「さすらい温泉 遠藤憲一」「癒やされたい男」などを放送してきた。そして、現在放送中なのが、「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」。大原櫻子の、初主演ドラマとなる。そして、10月から始まるのが、Kis-My-Ft2の北山宏光の主演ドラマ「ミリオンジョー」。原作は、講談社の漫画。これらのドラマについて、松本拓が解説した。また、Kis-My-Ft2の北山宏光が、VTRで登場して、意気込みを語った。


「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

原作 有川浩「旅猫リポート」(講談社文庫)

「旅猫リポート」

Amazon.co.jp


「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

幼児向け図鑑「はじめてのはたらくくるま」をめぐり今後出版社が増刷を中止する事態になった。陸上自衛隊の戦車や装甲車や海上自衛隊の潜水艦などと車と関係ない写真があり、30ページ中6ページが自衛隊に関するものが載っている。武器としての意味合いが強い乗り物を子供向けの本に乗せるのは不適切などと市民団体や読者から指摘を受け講談社ビーシーは今後増刷をしないことを決定した。担当編集者は「政治的意図があって掲載したわけではない。これまでに載っていない乗り物をなるべく沢山紹介したかった」とコメントしている。

「BCキッズ くわしい解説つき! はじめての はたらくくるま 英語つき」

Amazon.co.jp


「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

「ドラマ25 サ道」の紹介。原作はタナカカツキ「マンガ サ道」(講談社 モーニングKC刊)。キャストは芸能界きってのサウナ好きが集結。ドラマの1シーンが流れた。おたけは、水風呂は最初は冷たいが、徐々に身体の熱で薄い膜のような物ができる感覚になり気持ちよくなる、と語った。

「サ道 心と体が「ととのう」サウナの心得 (講談社+α文庫)」

Amazon.co.jp


「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

講談社は「からだにやさしい 旬の食材 野菜の本」に厚生労働省が健康被害をもたらすおそれのある、「コンフリー」を掲載していたとしておわびした。本にはコンフリーの特徴や栄養素、「ゆでて、おひたしに」などと調理法が書かれている。国内では健康被害は報告されていないが、海外では肝障害が報告されているということで、「コンフリーは現在流通していない」ということだが、「確認作業に不備があった」としており、2冊を回収・交換予定。

「からだにやさしい旬の食材 野菜の本」

Amazon.co.jp


「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

絵本「あめふりさんぽ」を朗読した。咲く:えがしらみちこ、講談社。

「あめふりさんぽ (講談社の創作絵本)」

Amazon.co.jp


「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

1日3分のBreath Ass MethodでVラインまで見せたくなるお腹を作る

かなでが土屋アンナの代わりに6月13日に発売される「1日3分のBreath Ass MethodでVラインまで見せたくなるお腹を作る」(講談社)を告知した。


「講談社」に関連する本・コミック・雑誌

シュート!

樹林伸先生原作の「金田一少年の事件簿」では、”ジッチャンの名にかけて!”などキャッチーなキラーワードを使ったことで、作品を印象づけた。また、発覚前の犯人を全身黒で表現する方法など、樹林先生がいち早く取り入れたもの。だが、「金田一」の原作者は”樹林伸”ではなく”天樹征丸”とある。樹林先生は自身のペンネームを7種類以上持っており、新人と組む時に先入観を与えないように、原作者として新しい名前を使うという意味があった。また、かつて樹林先生は講談社で編集者として働いていたこともあり、その頃新人漫画家の「GTO」「シュート!」をヒットに導いてきたのだった。これまでミリオンヒットは10本超え、16本がドラマ化された。今も連載4本を掛け持ちしている。ロケ前日も、3本のマンガ家・編集者が代わる代わる打ち合わせに訪れていた。他にも小説やゲームの原案などを手がけており、平均視聴率34.3%のドラマ「HERO」企画協力にも携わっていた。