ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「講談社」の検索結果

「講談社」に関連するグルメ情報 157件中 1〜10件目

「講談社」に関連するグルメ情報

ズワイガニ

親族が逮捕され、娘が検察に事情聴取されて、起用した文在寅大統領も支持率が過去最低になっている。国内では反対集会が相次いでいて、市民団体が罷免を訴えている。それにもかかわらず法相を罷免しない理由を李さんは法相を断罪することはこれまでの行いの正当性を否定することになるとしている。講談社の近藤さんは文大統領は法相の問題でまだ勝機はあると考えていて、韓国の大法院長は大統領が指名していて、当然裁判官も政権寄りとなってくるので、法相が起訴されても無罪判決が下されて、逆に胸を張る日が来るのではないかと予想している。韓国では左派と右派で完全に分かれていて、大統領の支持率が低下にしているのに野党の支持率が上がらないのは、韓国国民は与党は嫌いだけど野党はもっと嫌いという色眼鏡で見ているからだそう。


「講談社」に関連するグルメ情報

酢飯

料理の超キホン検定。第1問は「ビジュアル版 調理以前の料理の常識」(渡邊香春子著)講談社から酢飯に関する問題。酢飯を作る基本工程を見せ、3つの工程でクイズを出題。問題1「ご飯に合わせ酢をかけるタイミングは?」。正解はすぐ。冷めたご飯だとべちゃべちゃになる。問題2「1〜2分蒸らす時は?」。正解はふたをする。冷めないようにふたをして蒸らす。問題3「うちわで扇ぐ時の方向は?」。正解は左右。左右に扇ぐと熱が逃げる。


「講談社」に関連するグルメ情報

ロワイヤルボンボン

コロンバンは1924年に創業。創業者は門倉國輝。パリのコロンバン本店で修行を積み、1931年に銀座店をオープン。店内の天井画は藤田嗣治が描いた。川端康成、菊池寛ら多くの著名人に愛されたという。コロンバンで変わらず人気なのがプレミアムアップルパイ。「知られざる天皇明仁」橋本明(講談社)によると、高校生だった天皇陛下がコロンバンに入りアップルパイを食べたという。またコロンバン本社には門倉國輝のレシピ集が残っている。記載されているロワイヤルボンボンは7人の職人しか作れない特別な菓子。またコロンバンには時代をさきどる新商品も。


「講談社」に関連するグルメ情報

プレミアムアップルパイ

コロンバンは1924年に創業。創業者は門倉國輝。パリのコロンバン本店で修行を積み、1931年に銀座店をオープン。店内の天井画は藤田嗣治が描いた。川端康成、菊池寛ら多くの著名人に愛されたという。コロンバンで変わらず人気なのがプレミアムアップルパイ。「知られざる天皇明仁」橋本明(講談社)によると、高校生だった天皇陛下がコロンバンに入りアップルパイを食べたという。またコロンバン本社には門倉國輝のレシピ集が残っている。記載されているロワイヤルボンボンは7人の職人しか作れない特別な菓子。またコロンバンには時代をさきどる新商品も。


「講談社」に関連するグルメ情報

おはぎ

来月51歳の誕生日を迎える三浦知良選手が横浜FCと契約更新を発表した。三浦選手が大好きなものとは?どらやき・大福・だんご・おはぎの4択で正解はおはぎ。自称 全国おはぎ協会会長を名乗り、初エッセイのタイトルも「おはぎ」(講談社)とつけるなど大のおはぎ好きである。


「講談社」に関連するグルメ情報

よなよなエール

今日のリーダーの栞はヤッホーブルーイングの井手直行社長。ヤッホーブルーイングはクラフトビールで成長した会社だといい主力の「よなよなエール」がリニューアルしたという。そこで東京・千代田区にある「YONA YONA BEER WORKS」で井手社長を取材したがこのビールのことをブルワリーを訪ね勉強したとしていて、こうした成功は「ブレイクスルー・カンパニー 小さな会社が大きく伸びる法則」を参考にしたとしていた。井手社長はこの本のことを「運命の出会いの一冊」としていて、講談社出版、著者キースR・マクファーランドのこの書籍はベンチャーが飛躍するノウハウなどが説明されているという。書籍には「掛け金を上げる」とあり、こうしたことから井手社長はこのビールのアピールのためのファンイベントをしているが年々大規模にしていた。大きい広告していないことから賭けにもなるとしていたがファンがツイッターなどで取り上げることで宣伝になるとしていて、ベンチャーは壁にあたる場面があると思うが成長するために常に読み続けたいと話していた。


「講談社」に関連するグルメ情報

シラス

「江戸おかず 12カ月のレシピ」(講談社)などの著書を出している料理研究家 車浮代さんが煎り酒の作り方を教えた。鍋に梅干し、日本酒、塩を入れ、弱火で半分の量になるまで煮詰める。そこにかつお節を加えて5〜6分煮て完成。煎り酒はしょうゆの6分の1という少ない塩分でもかつお節のうまみを感じられる。オリーブオイルとも相性がよく煎り酒でドレッシングができる。このドレッシングをおパスタとキャベツと混ぜ、シラス・卵黄・大葉をトッピングして、しらすとキャベツの和風パスタの完成だ。


「講談社」に関連するグルメ情報

大葉

「江戸おかず 12カ月のレシピ」(講談社)などの著書を出している料理研究家 車浮代さんが煎り酒の作り方を教えた。鍋に梅干し、日本酒、塩を入れ、弱火で半分の量になるまで煮詰める。そこにかつお節を加えて5〜6分煮て完成。煎り酒はしょうゆの6分の1という少ない塩分でもかつお節のうまみを感じられる。オリーブオイルとも相性がよく煎り酒でドレッシングができる。このドレッシングをおパスタとキャベツと混ぜ、シラス・卵黄・大葉をトッピングして、しらすとキャベツの和風パスタの完成だ。

人気の江戸時代の調味料 煮貫を紹介した(映像 国立国会図書館所蔵の江戸絵画)。煮貫とは味噌仕立ての麺つゆのことで、銀座・三河屋でも「煮ぬき汁」として販売している。八丁みそを水で溶いたものを弱火にかけ、沸騰する直前にかつお節に加え混ぜないで5〜6分煮る。煮たものをざるでこして砂糖を加えて完成。水で薄めた煮貫とツナ缶を混ぜ合わせ、冷やしたうどんにかける。みょうが、しょうが、ねぎ、大葉、大根おろし、白ごまなどをお好みでトッピングして、煮貫ぶっかけツナ薬味うどんの完成。また豚肉とキャベツに煮貫炒めも紹介した。スタジオでは煎り酒マリネを試食した。自作した場合は煮沸消毒した容器に入れ、冷蔵庫に保存する。保存期限は1週間とのこと。


「講談社」に関連するグルメ情報

卵黄

「江戸おかず 12カ月のレシピ」(講談社)などの著書を出している料理研究家 車浮代さんが煎り酒の作り方を教えた。鍋に梅干し、日本酒、塩を入れ、弱火で半分の量になるまで煮詰める。そこにかつお節を加えて5〜6分煮て完成。煎り酒はしょうゆの6分の1という少ない塩分でもかつお節のうまみを感じられる。オリーブオイルとも相性がよく煎り酒でドレッシングができる。このドレッシングをおパスタとキャベツと混ぜ、シラス・卵黄・大葉をトッピングして、しらすとキャベツの和風パスタの完成だ。


「講談社」に関連するグルメ情報

パスタ

「江戸おかず 12カ月のレシピ」(講談社)などの著書を出している料理研究家 車浮代さんが煎り酒の作り方を教えた。鍋に梅干し、日本酒、塩を入れ、弱火で半分の量になるまで煮詰める。そこにかつお節を加えて5〜6分煮て完成。煎り酒はしょうゆの6分の1という少ない塩分でもかつお節のうまみを感じられる。オリーブオイルとも相性がよく煎り酒でドレッシングができる。このドレッシングをおパスタとキャベツと混ぜ、シラス・卵黄・大葉をトッピングして、しらすとキャベツの和風パスタの完成だ。