ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「講談社」の検索結果

「講談社」に関連するレストラン・飲食店 54件中 1〜10件目

「講談社」に関連するレストラン・飲食店

SPERANZA

出版社への持ち込み原稿を描いている漫画家志望の晴野さんに、加藤シゲアキがアドバイスした。晴野さんが完成させた漫画を、小山が読んだ。晴野さんが講談社の週刊少年マガジン編集の井上さんに漫画を見せ、名刺をもらうことができた。晴野さんに名刺を渡した理由を、井上さんが語った。


「講談社」に関連するレストラン・飲食店

夏は図鑑が最も売れる季節だという。書店には躍動感にこだわった写真に特化した「講談社の動く図鑑MOVE 昆虫」や写真だけでなくDVD付きの図鑑も数多くあった。調べるためのものだけでなくユニークな切り口で読者を楽しませる楽しむ図鑑が増えている。大人の図鑑カフェ「fumikura」では大人のため眺めて楽しい図鑑や写真集が1300冊も揃えられている。「サラリーマン生態図鑑」ではサラリーマンを生き物に見立てその生態を面白おかしく描いている。

 (カフェ、ダイニングバー)

「講談社」に関連するレストラン・飲食店

コロンバン 銀座店

コロンバンは1924年に創業。創業者は門倉國輝。パリのコロンバン本店で修行を積み、1931年に銀座店をオープン。店内の天井画は藤田嗣治が描いた。川端康成、菊池寛ら多くの著名人に愛されたという。コロンバンで変わらず人気なのがプレミアムアップルパイ。「知られざる天皇明仁」橋本明(講談社)によると、高校生だった天皇陛下がコロンバンに入りアップルパイを食べたという。またコロンバン本社には門倉國輝のレシピ集が残っている。記載されているロワイヤルボンボンは7人の職人しか作れない特別な菓子。またコロンバンには時代をさきどる新商品も。


「講談社」に関連するレストラン・飲食店

コロンバン本店

コロンバンは1924年に創業。創業者は門倉國輝。パリのコロンバン本店で修行を積み、1931年に銀座店をオープン。店内の天井画は藤田嗣治が描いた。川端康成、菊池寛ら多くの著名人に愛されたという。コロンバンで変わらず人気なのがプレミアムアップルパイ。「知られざる天皇明仁」橋本明(講談社)によると、高校生だった天皇陛下がコロンバンに入りアップルパイを食べたという。またコロンバン本社には門倉國輝のレシピ集が残っている。記載されているロワイヤルボンボンは7人の職人しか作れない特別な菓子。またコロンバンには時代をさきどる新商品も。


「講談社」に関連するレストラン・飲食店

コロンバン

東京・原宿と言えば若者の街。しかしとあるカフェには多くの年配の方の姿があった。その店はコロンバン。創業94年の老舗洋菓子店で皇室御用達。日本式「ショートケーキ」を考案した。サバランはラム酒のほろ苦さが広がる大人のケーキ。そしてコロンバンと言えばトリコロールの缶。中身はクッキー詰め合わせで贈答品の定番。グランスタでも人気。コロンバンの今売れているヒット商品は原宿焼きショコラ。

コロンバンは1924年に創業。創業者は門倉國輝。パリのコロンバン本店で修行を積み、1931年に銀座店をオープン。店内の天井画は藤田嗣治が描いた。川端康成、菊池寛ら多くの著名人に愛されたという。コロンバンで変わらず人気なのがプレミアムアップルパイ。「知られざる天皇明仁」橋本明(講談社)によると、高校生だった天皇陛下がコロンバンに入りアップルパイを食べたという。またコロンバン本社には門倉國輝のレシピ集が残っている。記載されているロワイヤルボンボンは7人の職人しか作れない特別な菓子。またコロンバンには時代をさきどる新商品も。

続々と新商品を生み出すコロンバン。最近の人気は原宿はちみつプリン。はちみつはコロンバン本社の屋上でとられている。社長の小澤俊文の日課は店に足を運ぶこと。客の顔を見て商品をチェックする。甘いものは苦手だったという彼は新たな挑戦に動き出している。名古屋工場で米粉菓子を開発中。1月中旬、グルテンフリークッキーが完成。今夜は職人のやる気を引き出す老舗改革に迫る。

コロンバンの小澤俊文社長はショートケーキは日本人に合うお菓子を考えて作った、上から見ると日の丸になる、日本人が作った意気込みを示したと思うと話した。また創業者は子供の頃から洋菓子が好きで秋山徳蔵と兄弟のように親しかったなどと説明した。さらに創業者はもともとは裕福な家庭だったが父が事業に失敗した、お菓子屋の使命はおいしいものを作ること、そのことを子供のころから感じていたと思う、激動の時代の社会に組織を対応させなければならないと語った。

東京・浅草の創業100年を超える喫茶店を訪れた小澤俊文は全国の老舗に足を運ぶ。店が長く愛される秘密を探るため名物料理を食べる。そして店の人に話を聞いて老舗を守るヒントを探る。小澤俊文は1976年に三和銀行に入社、2004年にコロンバンに出向、。当時コロンバンは倒産の危機に陥っていた。


「講談社」に関連するレストラン・飲食店

今日のリーダーの栞はヤッホーブルーイングの井手直行社長。ヤッホーブルーイングはクラフトビールで成長した会社だといい主力の「よなよなエール」がリニューアルしたという。そこで東京・千代田区にある「YONA YONA BEER WORKS」で井手社長を取材したがこのビールのことをブルワリーを訪ね勉強したとしていて、こうした成功は「ブレイクスルー・カンパニー 小さな会社が大きく伸びる法則」を参考にしたとしていた。井手社長はこの本のことを「運命の出会いの一冊」としていて、講談社出版、著者キースR・マクファーランドのこの書籍はベンチャーが飛躍するノウハウなどが説明されているという。書籍には「掛け金を上げる」とあり、こうしたことから井手社長はこのビールのアピールのためのファンイベントをしているが年々大規模にしていた。大きい広告していないことから賭けにもなるとしていたがファンがツイッターなどで取り上げることで宣伝になるとしていて、ベンチャーは壁にあたる場面があると思うが成長するために常に読み続けたいと話していた。

 (ビアホール・ビアレストラン、バル・バール、居酒屋)

「講談社」に関連するレストラン・飲食店

CMの前から引き続き、番組レギュラーの指原莉乃、リリー・フランキー、ゲストの杉作J太郎、ANIの4人で、原宿の「BOOKS BUNNY」で、写真集について話し合う。「亀井絵里写真集 亀井絵里」(ワニブックス)、ANIが風景などを撮影した写真集「ブリング ザ ノイズ」(リトルモア)、篠山紀信が撮った写真集の「激写 篠山紀信 全撮影 135人の女ともだち」、梅佳代が撮った写真集「ウメップ」(リトルモア)、指原莉乃の写真集「スキャンダル中毒」(講談社)、西条美咲の写真集「主演女優賞 西条美咲写真集」(スコラマガジン)などの写真集が紹介されて、一同がそれらについて話し合った。

 (カフェ、洋菓子(その他)、バー)

「講談社」に関連するレストラン・飲食店

高田純次が“洋食 大吉”を訪問。国産黒毛和牛のメスだけを使い、片面をサッと焼いた「和牛肉のうす切り焼」は作家・池波正太郎が愛した一品で、自身のエッセイ「新しいもの古いもの」(講談社)の中で料理を賞賛している。先代の川島健資さんは1年前に他界し、その味は2代目の伸之さんに引き継がれている。

 (洋食、シチュー、コロッケ・フライ)

「講談社」に関連するレストラン・飲食店

まる恵カフェ

静岡・大沢地区の縁側カフェは毎回12〜13軒で開催。静岡名物のお茶と手作りのお茶請けが味わえる。値段はセットで300円。全てのカフェでこの値段となっている。1軒のカフェで出されるお茶請けは3品。各家庭の茶畑で採れたお茶も飲み放題。大六カフェでは「キクイモとニンジンの漬物」「芋がらとしいたけの煮物」「ヨモギきんつば」の3品。金不カフェでは「筍とふきの煮物」「八つ頭(里芋)のから揚げ」「よもぎ大福」の3品を出している。どのカフェもボリューム満点。まる恵カフェではドラム缶窯で焼いた手作りピザを提供。大沢地区は静岡でも有数のお茶の産地。数年前からお茶の売り上げが減少し、それを改善するために2013年に縁側カフェを始める。大人気イベントとなったこのカフェに一日400人以上訪れることも。


「講談社」に関連するレストラン・飲食店

金不カフェ

静岡・大沢地区の縁側カフェは毎回12〜13軒で開催。静岡名物のお茶と手作りのお茶請けが味わえる。値段はセットで300円。全てのカフェでこの値段となっている。1軒のカフェで出されるお茶請けは3品。各家庭の茶畑で採れたお茶も飲み放題。大六カフェでは「キクイモとニンジンの漬物」「芋がらとしいたけの煮物」「ヨモギきんつば」の3品。金不カフェでは「筍とふきの煮物」「八つ頭(里芋)のから揚げ」「よもぎ大福」の3品を出している。どのカフェもボリューム満点。まる恵カフェではドラム缶窯で焼いた手作りピザを提供。大沢地区は静岡でも有数のお茶の産地。数年前からお茶の売り上げが減少し、それを改善するために2013年に縁側カフェを始める。大人気イベントとなったこのカフェに一日400人以上訪れることも。