ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「謝成發」の検索結果

「謝成發」に関連する情報 16件中 1〜10件目

「謝成發」に関連するグルメ情報

ヤウチャッカイ

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


媽祖廟

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


「謝成發」に関連するレストラン・飲食店

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。

 (中華粥、飲茶・点心、中華料理)

横浜中華街

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


媽祖廟

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


「謝成發」に関連するレストラン・飲食店

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。

 (中華粥、中華料理、飲茶・点心)

「謝成發」に関連するレストラン・飲食店

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。

 (中華粥、飲茶・点心、中華料理)

横浜中華街

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


「謝成發」に関連するレストラン・飲食店

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。

 (広東料理、中華料理、四川料理)

「謝成發」に関連するレストラン・飲食店

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。

 (中華粥、中華料理、飲茶・点心)

検索結果の絞り込み