ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「豚」の検索結果

「豚」に関連する情報 138733件中 1〜10件目

「豚」に関連するグルメ情報

豚肉

東京・大手町の「Bistro MULCHEE」にある期間限定のトマトメニューは、まるごと一個を使ったオーブン焼きの「トマトのファルシ」。ファルシはフランスの家庭料理として親しまれる詰め物料理。甘みのあるトマトを使用し、牛や羊などの4種類の肉を混ぜ、カレー粉などで香り付け、それをトマトに詰め仕上げにチーズを乗せオーブンで30分焼き上げれば完成。味は味わい深い肉と、トマトの甘みと酸味で後味はさっぱりしているとのこと。メニューは6月末まで販売とのこと。


「豚」に関連するグルメ情報

豚のしょうが焼き定食

続いては東京・新宿区市谷、この町で36年愛されている定食店が「家庭料理 はなむら」。定食は約30種類で肉料理が評判。一番人気は「鶏の唐揚げ定食」640円。もも肉を使った醤油味で、風味豊かでしっかりとした味わい。また塩味も人気とのこと。店主の佐藤定美さんと妻の美智子さんが夫婦で営んでいる。店主は元々精肉店働いており、自分の目で選ぶのがポイントとのこと。醤油味は定美さん、塩味は美智子さんが担当している。塩味には甘みを出すためのものを入れているが、秘密とのこと。塩味は店を手伝っていた息子が考案したものという。


「豚」に関連するグルメ情報

煮卵と酢豚のお弁当

生活クラブの会員の主婦が立ち上げた弁当宅配が今シニアに大人気となっている。弁当を作っている製造会社は一人ひとりに合わせた弁当が作られ、アレルギーや好き嫌いなどにも対応してくれる。


「豚」に関連するグルメ情報

ラーメン

東京・大田区の大森駅から歩いて3分ほど1952年創業の「中華 喜楽」。1番人気のチャーハンは焦がし醤油の風味が食欲をそそる。ラーメンはスープに揚げネギを加えて香ばしさをプラスしている。スープの出しに使うのは豚の背骨と鶏の脚と胴ガラだ。揚げネギはオランダ産のラードを使い高温で20分ほど揚げる。揚げネギと生醤油に出汁を注げば香ばしい風味とコクのあるスープの出来上がりだ。コシのある中太麺と合う。喜楽は1952年に店主・宮川さんの父親が創業し、宮川さんが料理の修行を初めたのが25歳を過ぎてからだという。そして30歳の時に結婚し、その3年後に店を継いだという。2人の息子は別の仕事に就いてるため自分たちの代で終わりだというが元気なうちは続けていきたいという。


「豚」に関連するグルメ情報

餃子

東京・大田区の大森駅から歩いて3分ほど1952年創業の「中華 喜楽」。1番人気のチャーハンは焦がし醤油の風味が食欲をそそる。ラーメンはスープに揚げネギを加えて香ばしさをプラスしている。スープの出しに使うのは豚の背骨と鶏の脚と胴ガラだ。揚げネギはオランダ産のラードを使い高温で20分ほど揚げる。揚げネギと生醤油に出汁を注げば香ばしい風味とコクのあるスープの出来上がりだ。コシのある中太麺と合う。喜楽は1952年に店主・宮川さんの父親が創業し、宮川さんが料理の修行を初めたのが25歳を過ぎてからだという。そして30歳の時に結婚し、その3年後に店を継いだという。2人の息子は別の仕事に就いてるため自分たちの代で終わりだというが元気なうちは続けていきたいという。


「豚」に関連するグルメ情報

チャーハン

東京・大田区の大森駅から歩いて3分ほど1952年創業の「中華 喜楽」。1番人気のチャーハンは焦がし醤油の風味が食欲をそそる。ラーメンはスープに揚げネギを加えて香ばしさをプラスしている。スープの出しに使うのは豚の背骨と鶏の脚と胴ガラだ。揚げネギはオランダ産のラードを使い高温で20分ほど揚げる。揚げネギと生醤油に出汁を注げば香ばしい風味とコクのあるスープの出来上がりだ。コシのある中太麺と合う。喜楽は1952年に店主・宮川さんの父親が創業し、宮川さんが料理の修行を初めたのが25歳を過ぎてからだという。そして30歳の時に結婚し、その3年後に店を継いだという。2人の息子は別の仕事に就いてるため自分たちの代で終わりだというが元気なうちは続けていきたいという。


「豚」に関連するレストラン・飲食店

東京・大田区の大森駅から歩いて3分ほど1952年創業の「中華 喜楽」。1番人気のチャーハンは焦がし醤油の風味が食欲をそそる。ラーメンはスープに揚げネギを加えて香ばしさをプラスしている。スープの出しに使うのは豚の背骨と鶏の脚と胴ガラだ。揚げネギはオランダ産のラードを使い高温で20分ほど揚げる。揚げネギと生醤油に出汁を注げば香ばしい風味とコクのあるスープの出来上がりだ。コシのある中太麺と合う。喜楽は1952年に店主・宮川さんの父親が創業し、宮川さんが料理の修行を初めたのが25歳を過ぎてからだという。そして30歳の時に結婚し、その3年後に店を継いだという。2人の息子は別の仕事に就いてるため自分たちの代で終わりだというが元気なうちは続けていきたいという。

 (中華料理、中華麺(その他))

大森駅

東京・大田区の大森駅から歩いて3分ほど1952年創業の「中華 喜楽」。1番人気のチャーハンは焦がし醤油の風味が食欲をそそる。ラーメンはスープに揚げネギを加えて香ばしさをプラスしている。スープの出しに使うのは豚の背骨と鶏の脚と胴ガラだ。揚げネギはオランダ産のラードを使い高温で20分ほど揚げる。揚げネギと生醤油に出汁を注げば香ばしい風味とコクのあるスープの出来上がりだ。コシのある中太麺と合う。喜楽は1952年に店主・宮川さんの父親が創業し、宮川さんが料理の修行を初めたのが25歳を過ぎてからだという。そして30歳の時に結婚し、その3年後に店を継いだという。2人の息子は別の仕事に就いてるため自分たちの代で終わりだというが元気なうちは続けていきたいという。


「豚」に関連するグルメ情報

蒸し豚野菜

生から惣菜についてスタジオ解説。「生から惣菜」とは生の食材を容器ごと電子レンジで調理する惣菜。加熱時間は約6分ほどでできたて野菜がシャキシャキでプロの味が楽しめる。バリエーションも豊富である。ホラン千秋さんはかなり重宝していると話した。主婦は自分で仕上げるので罪悪感が無いと話しているという。その中で生から惣菜を可能にしているのが容器や電子レンジの進化があるためだという。


「豚」に関連するグルメ情報

おとめ豚のポン酢ジュレ温しゃぶ

生から惣菜についてスタジオ解説。「生から惣菜」とは生の食材を容器ごと電子レンジで調理する惣菜。加熱時間は約6分ほどでできたて野菜がシャキシャキでプロの味が楽しめる。バリエーションも豊富である。ホラン千秋さんはかなり重宝していると話した。主婦は自分で仕上げるので罪悪感が無いと話しているという。その中で生から惣菜を可能にしているのが容器や電子レンジの進化があるためだという。