ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「赤江珠緒」の検索結果

「赤江珠緒」に関連する映画・DVD 44件中 21〜30件目

「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

トラック野郎

一番星号の現在の持ち主、アートトラック連盟・田島理事長によると、一番星号が資材置き場に10年も放置されていて、スクラップ場に転がっているような状況だったという。今年4月に引き取り、5月から復元作業を開始。デコレーション部分の修復のためそれぞれの部品を専門にしている大阪、埼玉、福島、滋賀の修理場へ復元の旅をしている。35年ぶりに菅原文太さんに乗ってほしかったと話す。

スタジオトーク。羽鳥慎一が、菅原文太さんが亡くなったのと関係なく、一番星号を見つけて修復しようと思った人がいたのは運命と話した。赤江珠緒が、一般的には24Vの電球や部品を使うが、一番星号はバッテリーではなく発電機で、すべて100Vの電球を使用、トラック・ファンによる菅原さんの追悼会でのお披露目を目指して復元が急がれていると説明。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

神宮希林 わたしの神様

東京・渋谷で先週土曜日に樹木希林が映画「神宮希林 わたしの神様」の舞台あいさつに登場した。この映画は初のお伊勢参りをする樹木希林をおったドキュメンタリーだ。お伊勢参りの感想を聞かれると行ってよかったと答え大勢の人が魅力を感じ集まる場所は何かがあると思い初めて行ったと明かす。伊勢神宮は年間参拝者数803万人だ。映画内では自宅が公開され内田裕也の部屋を掃除する姿も映されていた。希林は1961年に女優活動をスタートさせ73年に内田と結婚した。しかし81年に内田が勝手に離婚届を提出し無効の訴訟を起こし勝訴しており2011年には内田が交際相手の自宅のカギを勝ってに付け替えて住居侵入と強要未遂の容疑で逮捕されるなど問題も起きていた。希林は内田に出会わなければ心も体も潰れていたと話し縁だと振り返った。また夫婦円満な人はどんな人か見たいとも話している。結婚は弾みでたまたま出会った多生の縁なので責任を持つと語った。全身がんを告白している希林がお伊勢参りを通して思うことは悪いものの中に見えてくるものもあって全て表裏だと話す。更に財産はお金でなくて人だと思うのでその中に宝を見つける作業がこれからの夢だと述べた。

映画「神宮希林 わたしの神様」に出演の樹木希林について赤江珠緒は自然体を通り越して自然のようだとコメントした。長嶋一茂は希林の内田裕也との結婚観を受け結婚は悪く言うとアクシデントだと言われるがどちらも分かる気がすると話した。希林は悪いものの中にこそ見えてくるものがあると感じており病気や夫婦関係も同じだという。高木美保はこういう生き方をしている先輩はずっといてほしいと述べた。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

松本潤と羽鳥慎一が江の島の「イル・キャンティ・カフェ」で対談。10年後の自分へのメッセージを聞かれた松本潤は、「変りたい願望があったが、10年以上変わらないので、割り切るようになったら楽になった」と語った。

松本潤についてスタジオトーク。赤江珠緒は松本潤出演作品の「陽だまりの彼女」とかけて、「松本さんが陽だまりのようですね」、玉川徹は「10年間変わらないと言っていたが、これ以上上があるんですか?という感じ」とコメント。

松本潤出演映画「陽だまりの彼女」は、12日から公開される。原作の「陽だまりの彼女」を読んだという玉川徹は「ちょっとごめんなさい、泣きました」、羽鳥慎一も「ウルっときました」とコメント。

 (劇場公開日 2013年10月12日)
「陽だまりの彼女」

映画.com

(C)2013「陽だまりの彼女」製作委員会


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

松本潤と羽鳥慎一が江の島の「イル・キャンティ・カフェ」で対談。10年後の自分へのメッセージを聞かれた松本潤は、「変りたい願望があったが、10年以上変わらないので、割り切るようになったら楽になった」と語った。

松本潤についてスタジオトーク。赤江珠緒は松本潤出演作品の「陽だまりの彼女」とかけて、「松本さんが陽だまりのようですね」、玉川徹は「10年間変わらないと言っていたが、これ以上上があるんですか?という感じ」とコメント。

松本潤出演映画「陽だまりの彼女」は、12日から公開される。原作の「陽だまりの彼女」を読んだという玉川徹は「ちょっとごめんなさい、泣きました」、羽鳥慎一も「ウルっときました」とコメント。

 (劇場公開日 2013年10月12日)
「陽だまりの彼女」

映画.com

(C)2013「陽だまりの彼女」製作委員会


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

少年H

スペシャルゲストとして水谷豊と伊藤蘭の夫妻を紹介。明日の主演映画「少年H」公開初日をまえに、水谷は「やはりこの日が来てしまうんですね」と話し、伊藤は「たくさんの人に観ていただきたい」と話した。

「少年H」(監督:脚本家・演出家・監督/原作:芸術家・写真家・デザイナー)の本編とメーキングの映像を見ながらトーク。空襲のシーンでは実際に火が燃えるなかでの撮影で、伊藤蘭は、現場ではものすごい火の量で冷や汗をかいたと明かした。水谷豊が、神戸弁がうまくいかないと作品の世界を壊してしまうため、ここはなんとかと思ってやっていたと話し、兵庫出身の赤江珠緒が「バッチシです」と評した。

水谷豊が、実体験のない戦時中の役作りについて、戦争に関してはドキュメンタリーや本でイメージがあり、さらに妹尾河童に実際に会って雑談がてら当時の話を聴いたと話した。伊藤蘭は、とにかく子どもたちを守って生き延びなければならないという強い母親は、どんな状況にあってもブレないのではということを心に置いて演じたと語った。

夫婦共演について、水谷豊が、2人が夫婦であることが作品を邪魔していないことにとてもほっとしていると述べ、伊藤蘭は、俳優として仕事に向かうときの姿勢にはブレないものがあって変わらないことをあらためて感じたとコメント。久保田アナ、赤江珠緒が素敵過ぎると話した。さらに水谷が、かつてこういうことが日本にあったということと、人間は素晴らしいということが描かれていると説明。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

少年H

スペシャルゲストとして水谷豊と伊藤蘭の夫妻を紹介。明日の主演映画「少年H」公開初日をまえに、水谷は「やはりこの日が来てしまうんですね」と話し、伊藤は「たくさんの人に観ていただきたい」と話した。

「少年H」(監督:脚本家・演出家・監督/原作:芸術家・写真家・デザイナー)の本編とメーキングの映像を見ながらトーク。空襲のシーンでは実際に火が燃えるなかでの撮影で、伊藤蘭は、現場ではものすごい火の量で冷や汗をかいたと明かした。水谷豊が、神戸弁がうまくいかないと作品の世界を壊してしまうため、ここはなんとかと思ってやっていたと話し、兵庫出身の赤江珠緒が「バッチシです」と評した。

水谷豊が、実体験のない戦時中の役作りについて、戦争に関してはドキュメンタリーや本でイメージがあり、さらに妹尾河童に実際に会って雑談がてら当時の話を聴いたと話した。伊藤蘭は、とにかく子どもたちを守って生き延びなければならないという強い母親は、どんな状況にあってもブレないのではということを心に置いて演じたと語った。

夫婦共演について、水谷豊が、2人が夫婦であることが作品を邪魔していないことにとてもほっとしていると述べ、伊藤蘭は、俳優として仕事に向かうときの姿勢にはブレないものがあって変わらないことをあらためて感じたとコメント。久保田アナ、赤江珠緒が素敵過ぎると話した。さらに水谷が、かつてこういうことが日本にあったということと、人間は素晴らしいということが描かれていると説明。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

少年H

スペシャルゲストとして水谷豊と伊藤蘭の夫妻を紹介。明日の主演映画「少年H」公開初日をまえに、水谷は「やはりこの日が来てしまうんですね」と話し、伊藤は「たくさんの人に観ていただきたい」と話した。

「少年H」(監督:脚本家・演出家・監督/原作:芸術家・写真家・デザイナー)の本編とメーキングの映像を見ながらトーク。空襲のシーンでは実際に火が燃えるなかでの撮影で、伊藤蘭は、現場ではものすごい火の量で冷や汗をかいたと明かした。水谷豊が、神戸弁がうまくいかないと作品の世界を壊してしまうため、ここはなんとかと思ってやっていたと話し、兵庫出身の赤江珠緒が「バッチシです」と評した。

水谷豊が、実体験のない戦時中の役作りについて、戦争に関してはドキュメンタリーや本でイメージがあり、さらに妹尾河童に実際に会って雑談がてら当時の話を聴いたと話した。伊藤蘭は、とにかく子どもたちを守って生き延びなければならないという強い母親は、どんな状況にあってもブレないのではということを心に置いて演じたと語った。

夫婦共演について、水谷豊が、2人が夫婦であることが作品を邪魔していないことにとてもほっとしていると述べ、伊藤蘭は、俳優として仕事に向かうときの姿勢にはブレないものがあって変わらないことをあらためて感じたとコメント。久保田アナ、赤江珠緒が素敵過ぎると話した。さらに水谷が、かつてこういうことが日本にあったということと、人間は素晴らしいということが描かれていると説明。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

少年H

スペシャルゲストとして水谷豊と伊藤蘭の夫妻を紹介。明日の主演映画「少年H」公開初日をまえに、水谷は「やはりこの日が来てしまうんですね」と話し、伊藤は「たくさんの人に観ていただきたい」と話した。

「少年H」(監督:脚本家・演出家・監督/原作:芸術家・写真家・デザイナー)の本編とメーキングの映像を見ながらトーク。空襲のシーンでは実際に火が燃えるなかでの撮影で、伊藤蘭は、現場ではものすごい火の量で冷や汗をかいたと明かした。水谷豊が、神戸弁がうまくいかないと作品の世界を壊してしまうため、ここはなんとかと思ってやっていたと話し、兵庫出身の赤江珠緒が「バッチシです」と評した。

水谷豊が、実体験のない戦時中の役作りについて、戦争に関してはドキュメンタリーや本でイメージがあり、さらに妹尾河童に実際に会って雑談がてら当時の話を聴いたと話した。伊藤蘭は、とにかく子どもたちを守って生き延びなければならないという強い母親は、どんな状況にあってもブレないのではということを心に置いて演じたと語った。

夫婦共演について、水谷豊が、2人が夫婦であることが作品を邪魔していないことにとてもほっとしていると述べ、伊藤蘭は、俳優として仕事に向かうときの姿勢にはブレないものがあって変わらないことをあらためて感じたとコメント。久保田アナ、赤江珠緒が素敵過ぎると話した。さらに水谷が、かつてこういうことが日本にあったということと、人間は素晴らしいということが描かれていると説明。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

先祖になる

その他一般人の話題でトーク。赤江珠緒が、今年も一度、佐藤さんに会っているが、明るくてユーモアがあって、いつも笑顔で迎えてくれる、最初に会ったときには、震災から1週間後ぐらいの物資がない中でも取材陣にコーヒーを入れてくれたと話した。さらに、佐藤さんを追った「先祖になる」で、日本はこういう人たちが作ってきた国なんだなと思い出させてもらったとコメント。

映画「先祖になる」からの映像を背景にトーク。その他一般人について、吉永みち子が、家を守る、土地を守るというのが一次産業に従事する人たちの思いで、都会の論理で復興を進めようとすると、東北の人たちの気持ちをどこかで置き去りにしてしまうのでは、土地や建物を拠り所にするのは男性の特徴で女性はもっと現実を見るのではと述べた。

吉永みち子が、自らが種になって町を復興していこうというこうした動きは上からの復興ではなく内からの復興であり、佐藤さんの家の屋根を見るだけで人はほっとする、自分たちが築いてきたものの記憶が呼び覚まされる、底力に寄り添う支援が必要と話した。赤江珠緒は、昨年まではあったタクシーの助成金などが今年は打ち切られた、復興予算にも細かい問題点がまだあると発言。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

先祖になる

その他一般人の話題でトーク。赤江珠緒が、今年も一度、佐藤さんに会っているが、明るくてユーモアがあって、いつも笑顔で迎えてくれる、最初に会ったときには、震災から1週間後ぐらいの物資がない中でも取材陣にコーヒーを入れてくれたと話した。さらに、佐藤さんを追った「先祖になる」で、日本はこういう人たちが作ってきた国なんだなと思い出させてもらったとコメント。

映画「先祖になる」からの映像を背景にトーク。その他一般人について、吉永みち子が、家を守る、土地を守るというのが一次産業に従事する人たちの思いで、都会の論理で復興を進めようとすると、東北の人たちの気持ちをどこかで置き去りにしてしまうのでは、土地や建物を拠り所にするのは男性の特徴で女性はもっと現実を見るのではと述べた。

吉永みち子が、自らが種になって町を復興していこうというこうした動きは上からの復興ではなく内からの復興であり、佐藤さんの家の屋根を見るだけで人はほっとする、自分たちが築いてきたものの記憶が呼び覚まされる、底力に寄り添う支援が必要と話した。赤江珠緒は、昨年まではあったタクシーの助成金などが今年は打ち切られた、復興予算にも細かい問題点がまだあると発言。