ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「赤石定典」の検索結果

「赤石定典」に関連する情報 195件中 1〜10件目

「赤石定典」に関連するグルメ情報

かすべの唐揚げ

かすべはヒレの身の部分だけ食べる。胴体とヒレに分けて解体した。丸田佳奈先生によると、かすべは低カロリー高タンパクで、コラーゲン豊富なため美肌効果が期待できるという。さらに大谷先生は、「かすべに多く含まれるパントテン酸がダイエットに効果的。体内に入ると脂質・糖質・たんぱく質のエネルギー代謝を助ける」などと話した。健一さんの母・幸子さんにかすべを調理してもらった。新鮮なものは刺身で食べ、唐揚げなどでも食べられている。管理栄養士の赤石定典先生によると、かすべはビタミンB群が豊富でエネルギー代謝を助ける他、疲労回復やストレス軽減も期待できる。


「赤石定典」に関連するグルメ情報

かすべの刺身

かすべはヒレの身の部分だけ食べる。胴体とヒレに分けて解体した。丸田佳奈先生によると、かすべは低カロリー高タンパクで、コラーゲン豊富なため美肌効果が期待できるという。さらに大谷先生は、「かすべに多く含まれるパントテン酸がダイエットに効果的。体内に入ると脂質・糖質・たんぱく質のエネルギー代謝を助ける」などと話した。健一さんの母・幸子さんにかすべを調理してもらった。新鮮なものは刺身で食べ、唐揚げなどでも食べられている。管理栄養士の赤石定典先生によると、かすべはビタミンB群が豊富でエネルギー代謝を助ける他、疲労回復やストレス軽減も期待できる。


パントテン酸

かすべはヒレの身の部分だけ食べる。胴体とヒレに分けて解体した。丸田佳奈先生によると、かすべは低カロリー高タンパクで、コラーゲン豊富なため美肌効果が期待できるという。さらに大谷先生は、「かすべに多く含まれるパントテン酸がダイエットに効果的。体内に入ると脂質・糖質・たんぱく質のエネルギー代謝を助ける」などと話した。健一さんの母・幸子さんにかすべを調理してもらった。新鮮なものは刺身で食べ、唐揚げなどでも食べられている。管理栄養士の赤石定典先生によると、かすべはビタミンB群が豊富でエネルギー代謝を助ける他、疲労回復やストレス軽減も期待できる。


コラーゲン

かすべはヒレの身の部分だけ食べる。胴体とヒレに分けて解体した。丸田佳奈先生によると、かすべは低カロリー高タンパクで、コラーゲン豊富なため美肌効果が期待できるという。さらに大谷先生は、「かすべに多く含まれるパントテン酸がダイエットに効果的。体内に入ると脂質・糖質・たんぱく質のエネルギー代謝を助ける」などと話した。健一さんの母・幸子さんにかすべを調理してもらった。新鮮なものは刺身で食べ、唐揚げなどでも食べられている。管理栄養士の赤石定典先生によると、かすべはビタミンB群が豊富でエネルギー代謝を助ける他、疲労回復やストレス軽減も期待できる。


たんぱく質

かすべはヒレの身の部分だけ食べる。胴体とヒレに分けて解体した。丸田佳奈先生によると、かすべは低カロリー高タンパクで、コラーゲン豊富なため美肌効果が期待できるという。さらに大谷先生は、「かすべに多く含まれるパントテン酸がダイエットに効果的。体内に入ると脂質・糖質・たんぱく質のエネルギー代謝を助ける」などと話した。健一さんの母・幸子さんにかすべを調理してもらった。新鮮なものは刺身で食べ、唐揚げなどでも食べられている。管理栄養士の赤石定典先生によると、かすべはビタミンB群が豊富でエネルギー代謝を助ける他、疲労回復やストレス軽減も期待できる。


「赤石定典」に関連するグルメ情報

ガンギエイ

美しくヤセられるという奇跡の食材を垣花正が調査。地元では「かすべ」と言われる最大1メートル以上の魚だという。その魚を求め、羽幌漁港を訪れた。翌日の午前4時、垣花は漁師の逢坂健一さんの船に乗せてもらい、漁に同行。かすべとはエイの一種であるガンギエイで、北海道近海でしか獲れず羽幌漁港付近に多く生息している。

かすべはヒレの身の部分だけ食べる。胴体とヒレに分けて解体した。丸田佳奈先生によると、かすべは低カロリー高タンパクで、コラーゲン豊富なため美肌効果が期待できるという。さらに大谷先生は、「かすべに多く含まれるパントテン酸がダイエットに効果的。体内に入ると脂質・糖質・たんぱく質のエネルギー代謝を助ける」などと話した。健一さんの母・幸子さんにかすべを調理してもらった。新鮮なものは刺身で食べ、唐揚げなどでも食べられている。管理栄養士の赤石定典先生によると、かすべはビタミンB群が豊富でエネルギー代謝を助ける他、疲労回復やストレス軽減も期待できる。


「赤石定典」に関連するグルメ情報

ニシン

東京慈恵会医科大学附属病院の栄養士・赤石定典氏によるとトリプトファンは赤身の肉などタンパク質に多く含まれるという。セロトニンは太陽の光を浴びることでも分泌され、よく噛んで食べることでも分泌が促進されるため朝食に食べることが大切。


「赤石定典」に関連するグルメ情報

カツオ

東京慈恵会医科大学附属病院の栄養士・赤石定典氏によるとトリプトファンは赤身の肉などタンパク質に多く含まれるという。セロトニンは太陽の光を浴びることでも分泌され、よく噛んで食べることでも分泌が促進されるため朝食に食べることが大切。


東京慈恵会医科大学附属病院

東京慈恵会医科大学附属病院の栄養士・赤石定典氏によるとトリプトファンは赤身の肉などタンパク質に多く含まれるという。セロトニンは太陽の光を浴びることでも分泌され、よく噛んで食べることでも分泌が促進されるため朝食に食べることが大切。


ビタミンD

管理栄養士の赤石定典先生によると、インフルエンザやガンの予防など、最新研究でビタミンが新たな健康パワーを秘めていることが続々と分かってきているという。若さや寿命に欠かせないというビタミン。ビタミンは体内で作れないため、食材などから補給する必要がある。ビタミンは全部で13種類。それぞれが健康に欠かせない大切な役割を担っている。赤石先生によると、ほとんどの日本人はビタミン不足。医師と管理栄養士が注目する3大ビタミン、B・C・Dを紹介する。

姫野医師によると、ビタミンは生きるために絶対必要な栄養素。6大栄養素にも数えられている。姫野医師は、「3大栄養素を体の中で上手く利用するためにはビタミン・ミネラルがないと動かない」などと話した。

ビタミンDについて解説。骨や筋肉を強くする栄養素で、近年は免疫力を高める効果も分かってきているという。ビタミンDを十分に摂っている人は摂っていない人と比べてインフルエンザのリスクが42%低下し、がんの発症リスクも最大で25%低下する。

ビタミンDは日光浴でも補給できる。夏なら1日約30分、冬なら1日約1時間でビタミンDを補給できる。上山医師によると、ビタミンは体内に長く留めておくことができないため、日常的に補給する必要がある。さらに中山医師によると、ビタミンD不足だと転びやすくなり骨折などの危険性が高まるという。体内のビタミン量は、血液検査で簡単に測ることができる。西村瑞樹と沢松奈生子の血中ビタミン量を測定すると、沢松のビタミンD量が不足していたことが分かった。赤石先生によると、ビタミンDを多く含む食材は魚介類・卵黄・キノコ類のみ。

日光浴で補給できるビタミンDだが、赤石先生によると美白がもてはやされている昨今、紫外線を通さない美容液を塗ったり日傘をさしたりで、日光に当たっていない人は多いという。そんな人に赤石先生がオススメするのは、ビタミンDたっぷりのある魚。その魚を求めて、敦士が平塚漁港にやってきた。漁師の府川佳男さんの船に乗り、漁に同行。府川さんが獲っていたビタミンDたっぷりの魚とはシラスだった。シラスは下降の仕方で数種類の商品に分かれるが、ビタミンDの漁もそれぞれ異なるという。

漁港の近くでシラスを加工販売している府川さんの店へ。ビタミンDには美肌効果もある。生・釜揚げ・ちりめんのどれが一番ビタミンDを摂れるのか。

生・釜揚げ・ちりめんのどれが一番ビタミンDを摂れるのか。最も多く摂れるのはちりめんじゃこだという。人間と同じように食材も太陽を浴びることでビタミンDがアップする。