ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「足湯喫茶 椿や」の検索結果

「足湯喫茶 椿や」に関連する情報 13件中 1〜10件目

「足湯喫茶 椿や」に関連するグルメ情報

トシノコーヒー

足湯喫茶 椿やに足を運んだトシたち。民芸品や和食器など懐かしい日本文化に現代の色彩センスを組み合わせた和雑貨は外国人観光客にも大人気となっている。一同は足湯に入りながらあんみつ(蔵サイダーセット)を食した。


「足湯喫茶 椿や」に関連するグルメ情報

あんみつ(蔵サイダーセット)

足湯喫茶 椿やに足を運んだトシたち。民芸品や和食器など懐かしい日本文化に現代の色彩センスを組み合わせた和雑貨は外国人観光客にも大人気となっている。一同は足湯に入りながらあんみつ(蔵サイダーセット)を食した。


「足湯喫茶 椿や」に関連するレストラン・飲食店

足湯喫茶 椿や

足湯喫茶 椿やに足を運んだトシたち。民芸品や和食器など懐かしい日本文化に現代の色彩センスを組み合わせた和雑貨は外国人観光客にも大人気となっている。一同は足湯に入りながらあんみつ(蔵サイダーセット)を食した。


「足湯喫茶 椿や」に関連するグルメ情報

(大)うな重

今回、旅行するのは、埼玉県川越市。「架空のWEBマガジン、「彩・撮り・とりっぷ」の、編集者に堀田茜、編集長に波岡一喜が扮して、波岡一喜の指令で、堀田茜が旅をする」、という設定で、ドラマ仕立てで、堀田茜が川越市を旅行した。途中で、カメラマンの大杉隼平と合流して、SNS映えする旅行写真の撮り方を教わった。紹介されたのは、和物の雑貨屋の「川越 椿の蔵」、足湯の施設「足湯喫茶 椿や」、川越堂の「さつまいもタルト」、水中花の店「KIYOU KAWASHIMA」、フランツクリエイターのカワシマタカヒロ、うなぎ屋「いちのや 川越本店」の「(大)うな重」。


川越 椿の蔵

今回、旅行するのは、埼玉県川越市。「架空のWEBマガジン、「彩・撮り・とりっぷ」の、編集者に堀田茜、編集長に波岡一喜が扮して、波岡一喜の指令で、堀田茜が旅をする」、という設定で、ドラマ仕立てで、堀田茜が川越市を旅行した。途中で、カメラマンの大杉隼平と合流して、SNS映えする旅行写真の撮り方を教わった。紹介されたのは、和物の雑貨屋の「川越 椿の蔵」、足湯の施設「足湯喫茶 椿や」、川越堂の「さつまいもタルト」、水中花の店「KIYOU KAWASHIMA」、フランツクリエイターのカワシマタカヒロ、うなぎ屋「いちのや 川越本店」の「(大)うな重」。


「足湯喫茶 椿や」に関連するレストラン・飲食店

今回、旅行するのは、埼玉県川越市。「架空のWEBマガジン、「彩・撮り・とりっぷ」の、編集者に堀田茜、編集長に波岡一喜が扮して、波岡一喜の指令で、堀田茜が旅をする」、という設定で、ドラマ仕立てで、堀田茜が川越市を旅行した。途中で、カメラマンの大杉隼平と合流して、SNS映えする旅行写真の撮り方を教わった。紹介されたのは、和物の雑貨屋の「川越 椿の蔵」、足湯の施設「足湯喫茶 椿や」、川越堂の「さつまいもタルト」、水中花の店「KIYOU KAWASHIMA」、フランツクリエイターのカワシマタカヒロ、うなぎ屋「いちのや 川越本店」の「(大)うな重」。

 (うなぎ、日本酒バー、居酒屋)

KIYOU KAWASHIMA

今回、旅行するのは、埼玉県川越市。「架空のWEBマガジン、「彩・撮り・とりっぷ」の、編集者に堀田茜、編集長に波岡一喜が扮して、波岡一喜の指令で、堀田茜が旅をする」、という設定で、ドラマ仕立てで、堀田茜が川越市を旅行した。途中で、カメラマンの大杉隼平と合流して、SNS映えする旅行写真の撮り方を教わった。紹介されたのは、和物の雑貨屋の「川越 椿の蔵」、足湯の施設「足湯喫茶 椿や」、川越堂の「さつまいもタルト」、水中花の店「KIYOU KAWASHIMA」、フランツクリエイターのカワシマタカヒロ、うなぎ屋「いちのや 川越本店」の「(大)うな重」。


川越堂

今回、旅行するのは、埼玉県川越市。「架空のWEBマガジン、「彩・撮り・とりっぷ」の、編集者に堀田茜、編集長に波岡一喜が扮して、波岡一喜の指令で、堀田茜が旅をする」、という設定で、ドラマ仕立てで、堀田茜が川越市を旅行した。途中で、カメラマンの大杉隼平と合流して、SNS映えする旅行写真の撮り方を教わった。紹介されたのは、和物の雑貨屋の「川越 椿の蔵」、足湯の施設「足湯喫茶 椿や」、川越堂の「さつまいもタルト」、水中花の店「KIYOU KAWASHIMA」、フランツクリエイターのカワシマタカヒロ、うなぎ屋「いちのや 川越本店」の「(大)うな重」。


「足湯喫茶 椿や」に関連するグルメ情報

さつまいもタルト

今回、旅行するのは、埼玉県川越市。「架空のWEBマガジン、「彩・撮り・とりっぷ」の、編集者に堀田茜、編集長に波岡一喜が扮して、波岡一喜の指令で、堀田茜が旅をする」、という設定で、ドラマ仕立てで、堀田茜が川越市を旅行した。途中で、カメラマンの大杉隼平と合流して、SNS映えする旅行写真の撮り方を教わった。紹介されたのは、和物の雑貨屋の「川越 椿の蔵」、足湯の施設「足湯喫茶 椿や」、川越堂の「さつまいもタルト」、水中花の店「KIYOU KAWASHIMA」、フランツクリエイターのカワシマタカヒロ、うなぎ屋「いちのや 川越本店」の「(大)うな重」。


「足湯喫茶 椿や」に関連するレストラン・飲食店

足湯喫茶 椿や

今回、旅行するのは、埼玉県川越市。「架空のWEBマガジン、「彩・撮り・とりっぷ」の、編集者に堀田茜、編集長に波岡一喜が扮して、波岡一喜の指令で、堀田茜が旅をする」、という設定で、ドラマ仕立てで、堀田茜が川越市を旅行した。途中で、カメラマンの大杉隼平と合流して、SNS映えする旅行写真の撮り方を教わった。紹介されたのは、和物の雑貨屋の「川越 椿の蔵」、足湯の施設「足湯喫茶 椿や」、川越堂の「さつまいもタルト」、水中花の店「KIYOU KAWASHIMA」、フランツクリエイターのカワシマタカヒロ、うなぎ屋「いちのや 川越本店」の「(大)うな重」。