ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「辛坊治郎」の検索結果

「辛坊治郎」に関連する情報 519件中 1〜10件目

よしもとブサイクランキング

山里亮太さんと蒼井優さんが結婚した。山里亮太さんは以前、辛坊治郎さんと共演しており、一緒に番組をやられてもらった時の辛坊治郎さんについて結構ゲスであると印象を語った。


辛坊治郎らが挨拶を行い、山中教授を紹介した。iPS細胞について「命や生命感が変わるかもしれない」と辛坊が話すと山中教授は「それに向けて頑張っている」と答えた。


京都大学iPS細胞研究所

辛坊治郎らが挨拶を行い、山中教授を紹介した。iPS細胞について「命や生命感が変わるかもしれない」と辛坊が話すと山中教授は「それに向けて頑張っている」と答えた。


ラガーディア

飛行機事故の似た例としてハドソン川の奇跡を取り上げた辛坊治郎は「ハドソン川の奇跡はまさにそうでニューヨークのラガーディアから飛び立った飛行機が両方のエンジンに鳥吸い込んで両エンジン停止。その時のパイロットは川に降りた」と話した。


ソメイヨシノ

きょう福岡、横浜で桜の開花が発表された。靖国神社の標本木には人だかりができている。きのうは惜しくも開花発表ならず。きょう午前10時頃、気象庁の職員が確認し平年より5日早く去年より4日遅い開花を発表した。

東京で桜の開花が発表された。辛坊治郎はソメイヨシノは環境次第で咲く時期がピタッと決まる、いつ咲くかが重要などとコメントした。また全国の桜の開花&満開予想、きょうの最高気温など気象情報を伝えた。西日本で今年初の夏日を観測している。週末は寒の戻りの予報。


新宿御苑

オープニングトークを展開。本日3月9日は日産前会長被告の65歳の誕生日。辛坊治郎さんは容疑者について一挙手一投足、無罪を勝ち取るための戦略みたいなものが隠されていると思うなどとコメントした。さらに本日は震災から8年を迎えようとしている福島について。そして昨日辞任をした大阪府知事と市長について伝えていく。


「辛坊治郎」に関連するグルメ情報

フルーツトマト

茨城県農園ドロップファームのフルーツトマトを用意した。糖度が2倍だという。スタジオで辛坊治郎さんらが試食した。「ぜんぜん違う。いくらでも食べられる。」という。リコピンも豊富で美容にもいいという。農業就業人数について、全体の46%が女性だというが代表者の位置づけである農業委員会では女性はわずか11%だという(農水省)。三輪記子さんは「みなさんが主体的に楽しんでいるのが印象的だった。」とコメントした。田崎史郎さんは「5年前から農水省が直接農業女子たちにメールなどを送っている。直接結びついている。」とコメントした。


リコピン

先月都内で開かれた女性の就労をテーマにした講演会。農業での起業を目指す女性たちが集まっていた。農業法人を経営する三浦綾佳さん。茨城県水戸市の中心部から車で20分程の山間に三浦さんの経営する農場ドロップファームがある。生産するのは鮮やかなミニトマト。このトマトはただのトマトではなく甘さをはかると糖度が一般のトマトの2倍でリコピンも多く美容トマトとして銀座三越でも取り扱われる商品である。美味しさの秘密は独特の生産方法だった。アイメックという特殊なフィルムを用いる方法だった。トマトの状態は最新のセンサーなどでデータ化されスマートフォンなどで把握ができる。三浦さんは結婚と出産をきっかけに農業で仕事と家庭の両立をしようと考えたという。女性が働きやすいように考えた三浦さんはフレックス制度を導入している。従業員たちは働きやすいという。顧客と直接つながり自分たちで流通なども行う6次産業化という新時代の農業の形。そこでも女性ならではの強みがある。どうすれば商品の魅力を伝える事ができるかを考えることが働く楽しさにつながるという。農水省の農業女子プロジェクトのメンバーでもある三浦さん。SNSを活用した農業の魅力発信を国もサポートしている。

茨城県農園ドロップファームのフルーツトマトを用意した。糖度が2倍だという。スタジオで辛坊治郎さんらが試食した。「ぜんぜん違う。いくらでも食べられる。」という。リコピンも豊富で美容にもいいという。農業就業人数について、全体の46%が女性だというが代表者の位置づけである農業委員会では女性はわずか11%だという(農水省)。三輪記子さんは「みなさんが主体的に楽しんでいるのが印象的だった。」とコメントした。田崎史郎さんは「5年前から農水省が直接農業女子たちにメールなどを送っている。直接結びついている。」とコメントした。


ドロップファーム

先月都内で開かれた女性の就労をテーマにした講演会。農業での起業を目指す女性たちが集まっていた。農業法人を経営する三浦綾佳さん。茨城県水戸市の中心部から車で20分程の山間に三浦さんの経営する農場ドロップファームがある。生産するのは鮮やかなミニトマト。このトマトはただのトマトではなく甘さをはかると糖度が一般のトマトの2倍でリコピンも多く美容トマトとして銀座三越でも取り扱われる商品である。美味しさの秘密は独特の生産方法だった。アイメックという特殊なフィルムを用いる方法だった。トマトの状態は最新のセンサーなどでデータ化されスマートフォンなどで把握ができる。三浦さんは結婚と出産をきっかけに農業で仕事と家庭の両立をしようと考えたという。女性が働きやすいように考えた三浦さんはフレックス制度を導入している。従業員たちは働きやすいという。顧客と直接つながり自分たちで流通なども行う6次産業化という新時代の農業の形。そこでも女性ならではの強みがある。どうすれば商品の魅力を伝える事ができるかを考えることが働く楽しさにつながるという。農水省の農業女子プロジェクトのメンバーでもある三浦さん。SNSを活用した農業の魅力発信を国もサポートしている。

茨城県農園ドロップファームのフルーツトマトを用意した。糖度が2倍だという。スタジオで辛坊治郎さんらが試食した。「ぜんぜん違う。いくらでも食べられる。」という。リコピンも豊富で美容にもいいという。農業就業人数について、全体の46%が女性だというが代表者の位置づけである農業委員会では女性はわずか11%だという(農水省)。三輪記子さんは「みなさんが主体的に楽しんでいるのが印象的だった。」とコメントした。田崎史郎さんは「5年前から農水省が直接農業女子たちにメールなどを送っている。直接結びついている。」とコメントした。


白血病

辛坊治郎らが挨拶した。今週は競泳界のエース池江璃花子選手が白血病を公表したことが本当にショックだと話した。