ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「逆流性食道炎」の検索結果

「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報 50件中 1〜10件目

「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

ハチミツ

逆流性食道炎や口内炎、胃炎など、様々な炎症を和らげる食材がある。訪れたのは和歌山・熊野。「ゴーラ」と呼ばれるその食材は、日本ミツバチのハチミツだった。日本ミツバチは1年半かけて巣を作り100種類以上の蜜を集めるため、西洋ミツバチにはない風味と香りが際立っている。熊野在住の鈴木明子さんが、料理の美味しさをアップさせるハチミツの使い方を教えてくれた。


「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

唐辛子

激辛料理好きの森崎ウィン。味覚を検査すると、「お年寄りレベル」と診断されてしまった。味覚が70代の老人レベルになっているという。大谷義夫医師によると、味覚の衰えは味の濃い食事や偏食が原因。また森田豊医師によると、高齢者が塩味を感知する能力は若年層と比べ12分の1で、若い頃の12倍の塩を使わないと味を感じられなく鳴る。森崎の問題は味覚だけでなく、逆流性食道炎の可能性も判明した。激辛料理などで胃酸が過剰に分泌され逆流し、食堂に炎症を起こす。大竹真一郎医師は、「辛いものを食べると痛みの神経が刺激され、気持ちよくなる物質が脳から出る。激辛料理を続けてたら食道が傷つき、食道がんを起こす可能性がある」などと話した。唐辛子のとり過ぎにより、胃がんの発症率も1.7倍になるという。加えて大谷医師は、胃酸が気管に入って誤嚥性肺炎を引き起こす可能性も指摘した。相次ぐ医師からの指摘に、渡部建は「この盛り上がりはクロちゃん以来」と話した。


「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

ご飯

ファーストサマーウイカの1日に密着。午前6時、ドラマの撮影に向かった。プレッシャーからか朝食の量は少なく、本番5分前にはえずき始めた。緊張から来るえずきは、若い女性が陥りやすい心因性嘔吐症が疑われるという。これを繰り返すと逆流性食道炎などを引き起こし、余命にも大きく関わってくる。プレッシャーから解放されて向かった場所はカラオケ。1人カラオケで発散した。夕食は自炊で、献立は塩にんにく唐揚げ・サラダ・ご飯。栄養バランスは良かったものの、食事中に大量の塩をかけて味を濃くしていた。さらに甘い炭酸飲料も大好きで、水を飲むこともほとんどなかった。塩分と糖分の摂り過ぎだったファーストサマーウイカは、医師団から余命41年と診断された。丸田医師は、「塩と砂糖の過剰摂取は大問題。砂糖依存、いわゆるシュガージャンキーになっている」などと話した。砂糖は体内で分解される時にカルシウムを消費するため、摂り過ぎると骨粗鬆症を引き起こす危険性がある。


「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

サラダ

ファーストサマーウイカの1日に密着。午前6時、ドラマの撮影に向かった。プレッシャーからか朝食の量は少なく、本番5分前にはえずき始めた。緊張から来るえずきは、若い女性が陥りやすい心因性嘔吐症が疑われるという。これを繰り返すと逆流性食道炎などを引き起こし、余命にも大きく関わってくる。プレッシャーから解放されて向かった場所はカラオケ。1人カラオケで発散した。夕食は自炊で、献立は塩にんにく唐揚げ・サラダ・ご飯。栄養バランスは良かったものの、食事中に大量の塩をかけて味を濃くしていた。さらに甘い炭酸飲料も大好きで、水を飲むこともほとんどなかった。塩分と糖分の摂り過ぎだったファーストサマーウイカは、医師団から余命41年と診断された。丸田医師は、「塩と砂糖の過剰摂取は大問題。砂糖依存、いわゆるシュガージャンキーになっている」などと話した。砂糖は体内で分解される時にカルシウムを消費するため、摂り過ぎると骨粗鬆症を引き起こす危険性がある。


「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

塩にんにく唐揚げ

ファーストサマーウイカの1日に密着。午前6時、ドラマの撮影に向かった。プレッシャーからか朝食の量は少なく、本番5分前にはえずき始めた。緊張から来るえずきは、若い女性が陥りやすい心因性嘔吐症が疑われるという。これを繰り返すと逆流性食道炎などを引き起こし、余命にも大きく関わってくる。プレッシャーから解放されて向かった場所はカラオケ。1人カラオケで発散した。夕食は自炊で、献立は塩にんにく唐揚げ・サラダ・ご飯。栄養バランスは良かったものの、食事中に大量の塩をかけて味を濃くしていた。さらに甘い炭酸飲料も大好きで、水を飲むこともほとんどなかった。塩分と糖分の摂り過ぎだったファーストサマーウイカは、医師団から余命41年と診断された。丸田医師は、「塩と砂糖の過剰摂取は大問題。砂糖依存、いわゆるシュガージャンキーになっている」などと話した。砂糖は体内で分解される時にカルシウムを消費するため、摂り過ぎると骨粗鬆症を引き起こす危険性がある。


「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

アボカド

ファーストサマーウイカの1日に密着。午前6時、ドラマの撮影に向かった。プレッシャーからか朝食の量は少なく、本番5分前にはえずき始めた。緊張から来るえずきは、若い女性が陥りやすい心因性嘔吐症が疑われるという。これを繰り返すと逆流性食道炎などを引き起こし、余命にも大きく関わってくる。プレッシャーから解放されて向かった場所はカラオケ。1人カラオケで発散した。夕食は自炊で、献立は塩にんにく唐揚げ・サラダ・ご飯。栄養バランスは良かったものの、食事中に大量の塩をかけて味を濃くしていた。さらに甘い炭酸飲料も大好きで、水を飲むこともほとんどなかった。塩分と糖分の摂り過ぎだったファーストサマーウイカは、医師団から余命41年と診断された。丸田医師は、「塩と砂糖の過剰摂取は大問題。砂糖依存、いわゆるシュガージャンキーになっている」などと話した。砂糖は体内で分解される時にカルシウムを消費するため、摂り過ぎると骨粗鬆症を引き起こす危険性がある。


「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

きゅうり

ファーストサマーウイカの1日に密着。午前6時、ドラマの撮影に向かった。プレッシャーからか朝食の量は少なく、本番5分前にはえずき始めた。緊張から来るえずきは、若い女性が陥りやすい心因性嘔吐症が疑われるという。これを繰り返すと逆流性食道炎などを引き起こし、余命にも大きく関わってくる。プレッシャーから解放されて向かった場所はカラオケ。1人カラオケで発散した。夕食は自炊で、献立は塩にんにく唐揚げ・サラダ・ご飯。栄養バランスは良かったものの、食事中に大量の塩をかけて味を濃くしていた。さらに甘い炭酸飲料も大好きで、水を飲むこともほとんどなかった。塩分と糖分の摂り過ぎだったファーストサマーウイカは、医師団から余命41年と診断された。丸田医師は、「塩と砂糖の過剰摂取は大問題。砂糖依存、いわゆるシュガージャンキーになっている」などと話した。砂糖は体内で分解される時にカルシウムを消費するため、摂り過ぎると骨粗鬆症を引き起こす危険性がある。


「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

大麦

水溶性食物繊維をとると酪酸が多く作られ、腸内細菌バランスの改善に役立つとのこと。松生先生が提示したのはキウイフルーツと大麦。山崎と吉成さんに1日の食事3個のキウイフルーツを加えた食事を、小湊さんは大麦27gをご飯混ぜた食事をぞれぞれ1週間食べてもらった。吉成さんは1週間に3回の便があり、逆流性食道炎の症状もでなかった。また小湊さんも便の量が増えた。


「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

キウイフルーツ

水溶性食物繊維をとると酪酸が多く作られ、腸内細菌バランスの改善に役立つとのこと。松生先生が提示したのはキウイフルーツと大麦。山崎と吉成さんに1日の食事3個のキウイフルーツを加えた食事を、小湊さんは大麦27gをご飯混ぜた食事をぞれぞれ1週間食べてもらった。吉成さんは1週間に3回の便があり、逆流性食道炎の症状もでなかった。また小湊さんも便の量が増えた。


「逆流性食道炎」に関連するグルメ情報

海藻サラダ

薬を飲み始めて1か月。夕食後に激痛を伴う激しい胸やけに襲われた。恵子さんは胃がんだった夫も胸やけだったことを思い出し消化器内科クリニックで相談、内視鏡検査などを行いがんではなく逆流性食道炎の痕跡が確認された。さらに強力に胃酸を抑える薬が処方されたが恵子さんの胃酸の量はそれを凌駕していた。そしてある真夜中、就寝中に激しい腹痛に襲われた。昼夜を問わず腹痛が起こるようになるなかで迎えた孫の入学式。帰りに寄ったレストランで海藻サラダを注文。激しい吐き気に襲われた。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。