ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「週刊文春」の検索結果

「週刊文春」に関連する情報 10341件中 1〜10件目

「週刊文春」に関連する観光・地域情報

ホテルニュージャパン

令和初となる国賓として来日したドナルド・トランプ大統領。じつは26年前にある驚きの理由で来日していた。それは東京にトランプタワーの建設を計画していた。その裏で悪人提供の呼ばれた1人の日本人が暗躍していた。解説してくれるのは元「週刊文春」の記者の大下英治さん。そんな大下さんが語る悪人はホテルニュージャパン元社長の横井英樹で、34名が亡くなった「ホテルニュージャパン火災」あh横井英樹が起こした人災と話す。

「ホテルニュージャパン火災」の要因について解説。「ホテルニュージャパン」は1960年に東京・赤坂に開業し当時は超一流ホテルとなており、79年に株買収により横井英樹が新社長に就任した。その3年後に火災が発生した。火元となったのは9階の部屋で寝タバコが原因。このときなぜか火災報知器はならなかった。当時、火災報知器は誤作動を繰り返しており消防当局により感知障害を指摘されていたが、横井が社長就任後安全点検を廃止、元電源を切るなど防災への大規模コストカットを行った。コストを削る一方で高級家具セットを購入するなど見栄えをよくする出費は惜しまなかった。

火災が発生してから10分後、異変に気づいたのは仮眠室に向かおうとしていた従業員。他の仲間を呼びに行き再び向かうと白煙が勢いを増していた。部屋にも火が燃え広がり始めていたが初期消火で対応できる状態だった。「消防法」により6本以上の消化器の設置が必要とされていたが適切に設置されておらず、持ってきた消化器は1本のみ。さらに防災コストをカットし防災訓練などを行っておらず消火栓などの使い方が分かっていなかった。さらにホテルでは通常可動している加湿装置を停止させており異常な乾燥状態となり火の回りを早くした。

さらに当時の映像からホテルにスプリンクラーが無いことが判明。当時の消防法でスプリンクラーの設置は義務化。消防署の検査を免れるため水の出ないスプリンクラーを見せかけのため設置。さらに直接指導を受けると表向きは工事をすると話すが、嘘の報告でコスト削減を優先させていた。さらに従業員から20分以上119番通報がなかった。これは横井への恐怖心があったと大下さんは説明。従業員に直接取材をしたことがある大下さんによると社長に怒られるのを恐れたと話していたというさらにそれを裏付ける横井の怒声が収録されたテープが公開された。

さらに当時の映像からホテルにスプリンクラーが無いことが判明。当時の消防法でスプリンクラーの設置は義務化。消防署の検査を免れるため水の出ないスプリンクラーを見せかけのため設置。さらに直接指導を受けると表向きは工事をすると話すが、嘘の報告でコスト削減を優先させていた。さらに従業員から20分以上119番通報がなかった。これは横井への恐怖心があったと大下さんは説明。従業員に直接取材をしたことがある大下さんによると社長に怒られるのを恐れたと話していたというさらにそれを裏付ける横井の怒声が収録されたテープが公開された。


週刊文春

令和初となる国賓として来日したドナルド・トランプ大統領。じつは26年前にある驚きの理由で来日していた。それは東京にトランプタワーの建設を計画していた。その裏で悪人提供の呼ばれた1人の日本人が暗躍していた。解説してくれるのは元「週刊文春」の記者の大下英治さん。そんな大下さんが語る悪人はホテルニュージャパン元社長の横井英樹で、34名が亡くなった「ホテルニュージャパン火災」あh横井英樹が起こした人災と話す。


週刊文春

小室さんの母親の金銭トラブルについては、眞子さま・小室圭さんの婚約内定までに皇室に対して説明があったかが疑問視されている。金銭トラブルについては2013年に小室さんと母親、元婚約者が話し合ったといい、小室さん側が音声を録音したという(週刊文春)。澤口珠子氏は、解決済みの問題についても話して共有しておいたほうがよい、その後のトラブルの解消にもつながると答えた。他にも、金銭トラブルの報道が始まった時にも対応に反省点が残るという。


週刊文春

文春が眞子さまとの結婚の話しが出ている男性の母の金銭トラブルに新情報を掲載。文春によると2013年秋に横浜市内のマンションの1室で話合いが持たれたという。眞子さまとの結婚の話しが出ている男性の母親から元婚約者の男性に手紙が渡されたという。その手紙には「409万3000円は私が貴殿から贈与を受けたものであって貸付を受けたものではない」と書かれていたという。その手紙を読んだ男性は「趣旨はわかったが納得するかどうかは別問題。私も生活に困っている。返す意思はないか」と話し、眞子さまとの結婚の話しが出ている男性はそこで「贈与と認識している」と返した。これに対して元婚約者男性は「弁護士と相談する」と返したという。(話し合いは5分ほどで終わったという)眞子さまとの結婚の話しが出ている男性の母親の借金問題についてよく知る人物A氏は「眞子さまとの結婚の話しが出ている男性はあの日の会話を密かに録音しており、借金ではなく贈与であると認めている証拠を持っているのでは」とコメント。

眞子さまとの結婚の話しが出ている男性の母の金銭トラブルに新情報。今後、眞子さまとの結婚の話しが出ている男性に求められているのは、「眞子さまとの結婚の話しが出ている男性の母親と元婚約者が協議し和解すること」「秋篠宮家への説明と国民の理解を得ること」「留学先で資格取得など成果を出すこと」とされている。


週刊文春

今月27日から10日間の日程でポーランドとフィンランドを公式訪問される秋篠宮ご夫妻。皇嗣となって初めての外国訪問を前に先週、2人揃っての会見に臨まれた。そこで言及されたのは眞子さまの結婚についてで、秋篠宮さまは結婚の見通しについて「私は分かりません」と述べられた。一昨年12月、小室さんの母と元婚約者の金銭トラブルが報じられ、秋篠宮さまから「それ相応の対応をするべき」と異例の言葉を述べられた。未だ決着がつかない金銭トラブル。そんな中週刊誌は小室さんの母と元婚約者のやり取りの隠し録音を眞子さまに打ち明けたと報じた。

先週金曜の記者会見で秋篠宮さまは眞子さまの結婚の見通しについて、「娘から話を聞いておりませんので私は分かりません」などと述べられた。竹田は「結婚に関する話題は親子でも出てないと思われる」などとコメント。また秋篠宮さまはそれ相応の対応について「何かをしているのではと思いますけれど、具体的には存じません」と答えている。また佳子さまは姉の肩を持つような発言をしており、竹田は「家庭内で出せない話題になっている気がする」などと推察した。竹田は「家庭内がギクシャクするようなら手を引くべき」と男性へ意見した。婚約者は昨年に対応として文書を公表したが、逆効果となっており現在も進展はないとみられる。また紀子さまも秋篠宮さまと同じ答えであるとしている。

今年1月、男性が母親と元婚約者との金銭トラブルについて「解決済み」との認識を示す文書を公表。しかし両者の主張は食い違っている。2がつに元婚約者がフリー記者に代理人を依頼、先週金曜日に代理人は「400万円を返してほしいという気持ちは変わっていない、交渉に進展はなく相手からの連絡はない」と答えている。一昨日、代理人は「男性側の弁護士から話し合いの機会を求められている、現在も前向きに話し合いを持つ努力をしている」といい、2人の結婚については「金銭問題は男性の母親との間のものであり、直接の問題ではないと考えている、障害になっているのであれば大変心苦しく思う」と回答している。竹田は「問題は対応により株を上げるチャンスだったが、文書などの対応できな臭さなどを感じた人は多かったのでは」とコメント。


週刊文春

先週金曜日、秋篠宮ご夫妻がポーランド・フィンランド公式訪問を前に記者会見を行った。この会見では長女・眞子さまと小室圭さんの婚約延期問題についても現在の心境を述べられた。しかし秋篠宮殿下は眞子さまから話を聞いておらず現状を把握していないと述べられるに留まり、紀子妃殿下も同様であった。去年11月には「結婚したいという気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をするべき」と述べられていたが、その後の進展については耳に届いていないことを明らかにされた。小室佳代さんの金銭トラブルに端を発する一連の騒動では今年1月、小室圭さんは文書で元婚約者から支援について“貸与ではなく贈与であると主張している。そうした中、週刊文春は元婚約者の「贈与」発言の録音音声が存在していると報じた。


週刊文春

小室圭さんの母親の元婚約者の男性はこれまで金銭問題の解決を要求していたが、最近になって結婚の障害となっているのなら心苦しく思うとのコメントを発表した。近重幸哉氏は、男性の姿勢は当初から一貫していると述べた。週刊文春は、2013年に母親と男性の間で交渉があったとする記事を発表。男性側は体調の悪化や経済苦などを伝えたが、母親側は相手の提示した金額について贈与を受けたもので返済の義務はないとの認識を書面で伝え、交渉は平行線に終わったという。母親の側が音声を録音したとしている。近重幸哉氏が、両者の関係が以前から悪かったとみられると解説した。その他、男性側の代理人は現在も両者の交渉の再開を望んでいるなどと紹介した。


週刊文春

先週発売された週刊文春に報じられ隠し録音について紹介した。音声は2013年の秋頃に録音されたもので、マンションには男性と母親に元婚約者がいたとのこと。元婚約者によると母親から「409万3000円は貴殿から贈与をうけたもので貸し付けをうけたものではありません」という手紙を渡され、元婚約者は「納得するかは別問題です」などと反論しという。元婚約者が返す意思を問うと男性は「贈与と認識しています」と割って入ったとのこと。最後は元婚約者が弁護士と話すとして5分で会話を切り上げたという。借金問題を知っている人物は男性が密かに音声を録音していて「借金ではなく贈与である」と認めるというとも受け取る発言をしているので男性は自信をもって沈黙を保ってきたなどと証言している。男性は音声について眞子さまにも明らかにしたという。おととい元婚約者が代理人を通じて、男性側の代理人から話し合いを要請されていることを明らかにした。


週刊文春

今年1月、小室圭さんが「金銭トラブルは解決済み」などとした文書を発表。だが、これに元婚約者は反論していた。”それ相応の対応”をしていたかどうか、秋篠宮さまは”具体的なことなどについては存じません”とされていた。そんな中、小室さんの母親と元婚約者の間の金銭トラブルに関する「隠し録音」の存在が明らかになった。


週刊文春

婚約者は眞子さまに、隠し録音を打ち明けたという。借金ではなく贈与であるとX氏が話している言葉を録音したとのこと。婚約者の代理人弁護士は、なんともいえないという。