ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「酢ダコ」の検索結果

「酢ダコ」に関連する情報 89件中 1〜10件目

「酢ダコ」に関連するグルメ情報

酢ダコ

初夏ネギは太いものを天ぷらに、細いものを炒めものに使う。細い初夏ネギを適当な大きさに切り、油をひいたフライパンで炒める。転がしながら均等に熱を加え、鴨肉を加える。塩コショウで味を整えたら孫たちの大好物だという「鴨ネギコロコロ」の完成。5cm幅の初夏ネギをさっと湯がき粗熱を取って皿にあげ、ミキサーに掛けた豆腐などを混ぜたものと合わせる。甘酢と梅酢で一晩漬けたネギのお新香は、辛味がまろやかになり甘く感じるとの事。初夏ネギの天ぷらを加えて昼食が完成。昔はネギの白和えにはカニカマなど赤いものを加え、紅白の縁起物としてお祝いに作っていた。製粉や精米だけでは商売がなりたたくなった事で、蕎麦屋を始めたとの事。明確に継ぐとはしていないが、仕入れは息子さんがやっている他、孫も店を手伝ってくれているという。


「酢ダコ」に関連するグルメ情報

数の子

鮮魚売り場で投げ売りが始まった。午後4時半、まず王手をかけたのは味数の子、2日で1000個の売り切り終了。酢ダコも半額で売り切り、約400キロをすべて売り切った。最後に残るは数の子、これも値下げして売った。午後5時、31日の販売目標約6トンを達成。2日間で合計13トンを達成し、平成最後の年末特売を終えた。社長は思っていたよりよかったと話した。


「酢ダコ」に関連するグルメ情報

酢ダコ

鮮魚売り場で投げ売りが始まった。午後4時半、まず王手をかけたのは味数の子、2日で1000個の売り切り終了。酢ダコも半額で売り切り、約400キロをすべて売り切った。最後に残るは数の子、これも値下げして売った。午後5時、31日の販売目標約6トンを達成。2日間で合計13トンを達成し、平成最後の年末特売を終えた。社長は思っていたよりよかったと話した。


「酢ダコ」に関連するグルメ情報

味数の子

鮮魚売り場で投げ売りが始まった。午後4時半、まず王手をかけたのは味数の子、2日で1000個の売り切り終了。酢ダコも半額で売り切り、約400キロをすべて売り切った。最後に残るは数の子、これも値下げして売った。午後5時、31日の販売目標約6トンを達成。2日間で合計13トンを達成し、平成最後の年末特売を終えた。社長は思っていたよりよかったと話した。


魚幸水産

鮮魚売り場で投げ売りが始まった。午後4時半、まず王手をかけたのは味数の子、2日で1000個の売り切り終了。酢ダコも半額で売り切り、約400キロをすべて売り切った。最後に残るは数の子、これも値下げして売った。午後5時、31日の販売目標約6トンを達成。2日間で合計13トンを達成し、平成最後の年末特売を終えた。社長は思っていたよりよかったと話した。


洪福寺松原商店街

鮮魚売り場で投げ売りが始まった。午後4時半、まず王手をかけたのは味数の子、2日で1000個の売り切り終了。酢ダコも半額で売り切り、約400キロをすべて売り切った。最後に残るは数の子、これも値下げして売った。午後5時、31日の販売目標約6トンを達成。2日間で合計13トンを達成し、平成最後の年末特売を終えた。社長は思っていたよりよかったと話した。


「酢ダコ」に関連するグルメ情報

カニ

12月31日の午前7時半、開店30分前に前日の整理券を手に入れた20組だけの特別イベントがスタートした。番号順に1人でマグロ売り場を独占出来るという。大量に購入した男性には更に社長からエビやいくらなどのお正月商品およそ1万円分のプレゼントが贈られた。男性はマグロを4万円分に他にもたらこなどを買って大満足でまた来年だと言って帰っていった。同じ頃、一般のマグロを求める列は300人を超えており鮮魚売り場も酢ダコをおよそ150キロ準備するなど総力戦の構えとなった。売上目標はおよそ6トンだという。午前8時に開店し客がなだれ込んだ。外川商店も店頭の目立つ場所にイチゴ182パックを配置しそれを目玉に早々に売り切る構えを見せた。前日にかなりの量が残った白菜は朝から半額の100円で販売し売りまくられた。お昼すぎには売り切れの兆しが見え、イチゴは308パックが完売となった。バナナも400房を売り切った。午後3時半には魚幸は全てのマグロをさばき終え3時55分にマグロ5トン、2日合わせておよそ10トンが販売終了した。午後4路を過ぎて外川商店はラストスパートとなった。白菜もみかんの箱売りも完売し残るはみかんのカゴ売りのみとなった。それも次々なくなり午後5時には目標を10箱上回る340箱を売って終了した。外川商店の2日間での売り上げはおよそ17トンとなり予定の商品をすべて売り切ったという。


「酢ダコ」に関連するグルメ情報

たらこ

12月31日の午前7時半、開店30分前に前日の整理券を手に入れた20組だけの特別イベントがスタートした。番号順に1人でマグロ売り場を独占出来るという。大量に購入した男性には更に社長からエビやいくらなどのお正月商品およそ1万円分のプレゼントが贈られた。男性はマグロを4万円分に他にもたらこなどを買って大満足でまた来年だと言って帰っていった。同じ頃、一般のマグロを求める列は300人を超えており鮮魚売り場も酢ダコをおよそ150キロ準備するなど総力戦の構えとなった。売上目標はおよそ6トンだという。午前8時に開店し客がなだれ込んだ。外川商店も店頭の目立つ場所にイチゴ182パックを配置しそれを目玉に早々に売り切る構えを見せた。前日にかなりの量が残った白菜は朝から半額の100円で販売し売りまくられた。お昼すぎには売り切れの兆しが見え、イチゴは308パックが完売となった。バナナも400房を売り切った。午後3時半には魚幸は全てのマグロをさばき終え3時55分にマグロ5トン、2日合わせておよそ10トンが販売終了した。午後4路を過ぎて外川商店はラストスパートとなった。白菜もみかんの箱売りも完売し残るはみかんのカゴ売りのみとなった。それも次々なくなり午後5時には目標を10箱上回る340箱を売って終了した。外川商店の2日間での売り上げはおよそ17トンとなり予定の商品をすべて売り切ったという。


「酢ダコ」に関連するグルメ情報

いくら

12月31日の午前7時半、開店30分前に前日の整理券を手に入れた20組だけの特別イベントがスタートした。番号順に1人でマグロ売り場を独占出来るという。大量に購入した男性には更に社長からエビやいくらなどのお正月商品およそ1万円分のプレゼントが贈られた。男性はマグロを4万円分に他にもたらこなどを買って大満足でまた来年だと言って帰っていった。同じ頃、一般のマグロを求める列は300人を超えており鮮魚売り場も酢ダコをおよそ150キロ準備するなど総力戦の構えとなった。売上目標はおよそ6トンだという。午前8時に開店し客がなだれ込んだ。外川商店も店頭の目立つ場所にイチゴ182パックを配置しそれを目玉に早々に売り切る構えを見せた。前日にかなりの量が残った白菜は朝から半額の100円で販売し売りまくられた。お昼すぎには売り切れの兆しが見え、イチゴは308パックが完売となった。バナナも400房を売り切った。午後3時半には魚幸は全てのマグロをさばき終え3時55分にマグロ5トン、2日合わせておよそ10トンが販売終了した。午後4路を過ぎて外川商店はラストスパートとなった。白菜もみかんの箱売りも完売し残るはみかんのカゴ売りのみとなった。それも次々なくなり午後5時には目標を10箱上回る340箱を売って終了した。外川商店の2日間での売り上げはおよそ17トンとなり予定の商品をすべて売り切ったという。


「酢ダコ」に関連するグルメ情報

大トロ

12月31日の午前7時半、開店30分前に前日の整理券を手に入れた20組だけの特別イベントがスタートした。番号順に1人でマグロ売り場を独占出来るという。大量に購入した男性には更に社長からエビやいくらなどのお正月商品およそ1万円分のプレゼントが贈られた。男性はマグロを4万円分に他にもたらこなどを買って大満足でまた来年だと言って帰っていった。同じ頃、一般のマグロを求める列は300人を超えており鮮魚売り場も酢ダコをおよそ150キロ準備するなど総力戦の構えとなった。売上目標はおよそ6トンだという。午前8時に開店し客がなだれ込んだ。外川商店も店頭の目立つ場所にイチゴ182パックを配置しそれを目玉に早々に売り切る構えを見せた。前日にかなりの量が残った白菜は朝から半額の100円で販売し売りまくられた。お昼すぎには売り切れの兆しが見え、イチゴは308パックが完売となった。バナナも400房を売り切った。午後3時半には魚幸は全てのマグロをさばき終え3時55分にマグロ5トン、2日合わせておよそ10トンが販売終了した。午後4路を過ぎて外川商店はラストスパートとなった。白菜もみかんの箱売りも完売し残るはみかんのカゴ売りのみとなった。それも次々なくなり午後5時には目標を10箱上回る340箱を売って終了した。外川商店の2日間での売り上げはおよそ17トンとなり予定の商品をすべて売り切ったという。


検索結果の絞り込み