ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「野村修也」の検索結果

「野村修也」に関連する情報 1704件中 1〜10件目

「野村修也」に関連するレストラン・飲食店

家庭内での新型コロナウイルスの感染が広がっている。50代女性と10代女性、20代男性2人が同居する家庭では父親から全員感染し、都では家庭内ではマスクをしないために換気の徹底をしてほしいと呼び掛けた。感染拡大の中、客足が戻ってきたのが歌舞伎座で五ヶ月ぶりに再開した。片岡愛之助出演の歌舞伎で、演者意外はマスク。観客からの声掛けは禁止に。都は酒などを提供する飲食店では明日から午後10時までの時短営業を要請。緊急事態宣言解除後にようやく客足が戻り始めた飲食店だがきくやの店主はこれ以上は金銭面で出来ないと語った。

野村修也は居酒屋の店主は20万円の補助では足りないと話していたが、東京都の貯金が今減っていると答え、96%を第一波に使ってしまったと述べた。二木芳人は時短営業に効果はあるのか?という質問にある程度はあると思うが、もう少しメリハリを付けたほうが良いと答えた。

 (居酒屋、もつ焼き、豚料理)

「野村修也」に関連するイベント情報

第91期ヒューリック杯棋聖戦

スタジオでは藤井聡太新棋聖について解説された。2020年度では14勝2敗となっている。勝負メシは味噌煮込みうどんであった。野村修也は、家康のように長期の藤井時代を作って欲しいと思うと語った。


産業経済新聞社

スタジオでは藤井聡太新棋聖について解説された。2020年度では14勝2敗となっている。勝負メシは味噌煮込みうどんであった。野村修也は、家康のように長期の藤井時代を作って欲しいと思うと語った。


ヒューリック

スタジオでは藤井聡太新棋聖について解説された。2020年度では14勝2敗となっている。勝負メシは味噌煮込みうどんであった。野村修也は、家康のように長期の藤井時代を作って欲しいと思うと語った。


関西将棋会館

スタジオでは藤井聡太新棋聖について解説された。2020年度では14勝2敗となっている。勝負メシは味噌煮込みうどんであった。野村修也は、家康のように長期の藤井時代を作って欲しいと思うと語った。


「野村修也」に関連するグルメ情報

味噌煮込みうどん

スタジオでは藤井聡太新棋聖について解説された。2020年度では14勝2敗となっている。勝負メシは味噌煮込みうどんであった。野村修也は、家康のように長期の藤井時代を作って欲しいと思うと語った。


日刊スポーツ

6日付けの日刊スポーツの記事を紹介。60歳以上で輝きのある生き方をしている人に贈られる「プラチナエイジ賞」をピンクレディーが受賞した。ピンクレディー世代の野村修也は高齢者をシルバーと呼ぶのは日本だけで、プラチナの方が良いですね。ふさわしい受賞だと思いますとコメント。


読売新聞

熊本県南部を中心に九州に甚大な被害をもたらした豪雨から1週間となった11日、新たに二人の死亡がわかり一連の豪雨の死者は65人になった。気象庁によると本州付近の前線の停滞は今後も続き14〜15日ころにかけては再び大雨に見舞われる恐れがあるという(読売新聞)。野村修也は、正常性バイアスという言葉があり、それが避難を遅らせてしまうと言われているが、京都大学の防災研究所の教授が避難スイッチを進めていると説明した。

目の前で妻が濁流にという記事を紹介。大分県日田市で自宅にいた72歳の妻は夫の目の前で濁流に流された。夫は伴侶を救出できなかったことを悔やみ続けている。筑後川の支流が溢れ、自宅が浸水し始めた。玄関の扉を必死に掴む妻の姿に、何をやっているの!と叫び終わらぬうちに、妻は濁流に消えたという(読売新聞)。浅尾美和は、今回被害にあわれた方の多くが高齢者の方で、避難の難しさが課題と感じるとし、高齢者の人が早く安全に避難できる仕組みみたいなものを早く考えないとと思うと述べた。


朝日新聞

朝日新聞の「河井夫妻、100人に2600万円か」という記事を紹介。河井克行衆院議員が計約2400万円、河井案里参院議員が計150万円を地元議員ら約100人に渡した疑いがあることが分かったと伝えている。警察当局は総額2600万円に上る公職選挙法違反・買収にあたると見て詰めの捜査をしているという。特捜部などは河井夫妻にも任意で複数回事情をきいているが、2人とも買収行為を否定しているという。野村修也は、元々はウグイス嬢に法定されている以上のお金を払っていたのではというところから始まっていたが、今問題となっているのは候補者本人が買収行為をしたと話が展開し、大きな問題になってきているといい、買収行為を多人数に行うと懲役6年という非常に重い罪になるので、大きな捜査の対象になると述べた。


第一生命経済研究所

明日発表となる緊急事態宣言の延長、失業者数が増加。 第一生命経済研究所の研究員によると緊急事態宣言が1カ月延長された場合、6日までの失業者数36.8万人から41.0万人増え77.8万人となるレポートをまとめた。総務省からは国内の完全失業者数は今年3月で176万人としているが、それに先程の77.8万人という数が加算されることになる。研究員は1カ月の延長で更なる経済活動への影響が強まることは確実だという。これについて野村修也は失業率が1%増えると自殺率が1000人から2000人増えるという話がある、新型コロナの死亡者を出さないと同じ様に、経済の原因で亡くなる人を増やさないような取り組みや経済政策も必要だとコメントした。