ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「野田真輝」の検索結果

「野田真輝」に関連する情報 3件中 1〜3件目

脳梗塞

野田聖子が出産したのは50歳の時。41歳から不妊治療を続け14回の体外受精をしたが全て失敗。2010年、アメリカで卵子提供を受け妊娠した。だが食道閉鎖症などが見つかり生後1年で9回もの手術をした。2年3か月の長い入院生活の後、ようやく家族と暮らせるようになった。今は1年前から幼稚園に通っている。5歳になった野田真輝くんは生まれてすぐの脳梗塞により右半身にはマヒが残っている。さらに気管を切開し医療器具を付けているためうまく言葉を出すことができない。親子との会話はオリジナルのジェスチャーで行っている。自宅では入浴や体調管理をしている看護師さんが息子の世話をし、フレンチブルドッグのひめこちゃんを溺愛していた。10種類以上の食材で作った流動食が真輝くんの食事で胃に直接摂取している。寝室には人工呼吸器がありそんな生活に真輝くん自身もストレスになる事もある。3年前、総務会長として党の人事や法案を審議するなど激務と育児に負われほとんど寝ずに仕事をしていた。今では育児にも慣れ真輝くんもすくすくと成長している。


食道閉鎖症

野田聖子が出産したのは50歳の時。41歳から不妊治療を続け14回の体外受精をしたが全て失敗。2010年、アメリカで卵子提供を受け妊娠した。だが食道閉鎖症などが見つかり生後1年で9回もの手術をした。2年3か月の長い入院生活の後、ようやく家族と暮らせるようになった。今は1年前から幼稚園に通っている。5歳になった野田真輝くんは生まれてすぐの脳梗塞により右半身にはマヒが残っている。さらに気管を切開し医療器具を付けているためうまく言葉を出すことができない。親子との会話はオリジナルのジェスチャーで行っている。自宅では入浴や体調管理をしている看護師さんが息子の世話をし、フレンチブルドッグのひめこちゃんを溺愛していた。10種類以上の食材で作った流動食が真輝くんの食事で胃に直接摂取している。寝室には人工呼吸器がありそんな生活に真輝くん自身もストレスになる事もある。3年前、総務会長として党の人事や法案を審議するなど激務と育児に負われほとんど寝ずに仕事をしていた。今では育児にも慣れ真輝くんもすくすくと成長している。


本願寺岐阜別院

野田真輝の心臓手術が4日後に迫り、野田聖子は祖父の墓前がある本願寺岐阜別院を訪れた。そこで野田聖子は、野田真輝が一時危険な状態になったことを明かし、野田聖子は前回みたいなことが起きて何が起きるかわからないと話した。野田真輝は生後9ヶ月の時に呼吸停止のピンチに陥ったが、3分後に蘇生していて病院に駆けつけた野田聖子は自分のために生きて欲しいと願ったことを話した。

9月11日、野田真輝は調子が良く心臓手術は予定通り行われることになった。脳梗塞の後遺症により右手足は動かせなかったが回復している一方、血中の血液量は低く危険な手術が予想された。手術前に野田聖子は、通常の子供の心臓手術に比べてリスクは10倍ぐらい高くなるという医師の見解を話し、5人に1人は亡くなることで大変だと話した。

最後の心臓手術当日、野田真輝は周囲の雰囲気を警戒し始めた。病院では前例がないケースで、手術前に鳴き出した息子を野田聖子が怪した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (3)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (3)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。