ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「金の化学研究センター」の検索結果

「金の化学研究センター」に関連する情報 6件中 1〜6件目

首都大学東京 金の化学研究センター

今日は、村山徹さんを取材する。村山徹さんは37歳で、「首都大学東京 金の化学研究センター」の特任教授。アンモニアを、金触媒を使って無臭化する研究をしている。村山徹さんの研究では、アンモニアを、窒素と水に分解している。その為には、今までは、150度以上もの高温が必要だったが、村山徹さんの研究では、室温で反応するので、省エネになる。トイレや病院などの、悪臭対策として期待されている。


首都大学東京

今日は、村山徹さんを取材する。村山徹さんは37歳で、「首都大学東京 金の化学研究センター」の特任教授。アンモニアを、金触媒を使って無臭化する研究をしている。村山徹さんの研究では、アンモニアを、窒素と水に分解している。その為には、今までは、150度以上もの高温が必要だったが、村山徹さんの研究では、室温で反応するので、省エネになる。トイレや病院などの、悪臭対策として期待されている。


金の化学研究センター

首都大学東京の金の化学研究センターでは金の触媒作用について研究を行っている。金は化学反応を起こさない物質と考えられてきたが、センター長を務める春田正毅教授は1982年、金を20万分の1ミリ以下のナノ粒子にすると優れた触媒作用を発揮することを発見。この論文は世界中の研究者によって引用され、飲料水やディーゼルエンジンの排気ガスの浄化などに応用されている。2012年にはトムソン・ロイター引用栄誉賞も受賞。

金の化学研究センターでは用途に合わせ様々な金触媒を作っている。例えば一酸化炭素を無害化する触媒。触媒機能が高い白金でも100℃以上でようやく無害化が進行するが、金触媒はマイナス70℃や常温でも一酸化炭素を無害化でき、熱をかけるエネルギーを大幅に減らすことができる。環境にも優しい触媒といえる。金と薬を結びつける「金のナノメディシン」といった研究もスタートしている。


首都大学東京

首都大学東京の金の化学研究センターでは金の触媒作用について研究を行っている。金は化学反応を起こさない物質と考えられてきたが、センター長を務める春田正毅教授は1982年、金を20万分の1ミリ以下のナノ粒子にすると優れた触媒作用を発揮することを発見。この論文は世界中の研究者によって引用され、飲料水やディーゼルエンジンの排気ガスの浄化などに応用されている。2012年にはトムソン・ロイター引用栄誉賞も受賞。


金の化学研究センター

今日は金に特化した日本で唯一の研究施設、首都大学東京の金の化学研究センターを取り上げる。


首都大学東京

今日は金に特化した日本で唯一の研究施設、首都大学東京の金の化学研究センターを取り上げる。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (6)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (6)