ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「金の目」の検索結果

「金の目」に関連するその他の情報 81件中 1〜10件目

厚労省 介護保険部会

厚労省の統計では賃金構造基本統計調査でも不適切調査が行われていた。根本匠厚労相は「再びこのような事案があったことは誠に遺憾」と述べた。中央最低賃金審議会ではこの統計をもとに最低賃金の目安を示している。中央最低賃金審議会の仁田道夫会長は「国の統計としてあってはならないこと」と指摘。政府は「数値に変更が生じるものではない」と説明。神奈川県鎌倉市で、統計委員会の初代委員長の竹内啓氏を取材。竹内氏は「随分方々で適当にしている、大変忸怩たるものがある」とし「統計は国の政策の基本材料でそこが間違えると政策が間違える」と指摘。「戦争中は国家の機密となり各省庁が隠し合って合理性が欠けた」と指摘。統計に従事する職員数は国家公務員定数削減で減少、2004年の6247人から1940人となっている。竹内氏は「各省庁で専門家が減り弱体化しつつある、各省庁と独立した強力な統計機関がないことはまずい」と指摘。


がん

がんを経験したファイナンシャルプランナーの黒田尚子氏はがんの治療にかかるお金の目安は100万円程度と考える必要があるとして、給付金など戻ってくるお金もあると説明した。


厚生労働省

厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は今年度の最低賃金の目安額を過去最大の上げ幅となる全国平均で26円引き上げ874円にすることを決めた。26円の引き上げは政府が上げ幅の目標値とする年率3%に達する額。都道府県の引き上げの目安は東京や大阪などで27円。沖縄などで23円の引き上げとなっている。


厚生労働省

厚生労働省の審議会は、今年度の最低賃金の目安を全国平均の時給で26円引き上げ、874円にすることを決めた。上昇率は3.1%で政府が掲げる年3%程度の引き上げ目標に沿うかたちとなった。大企業と比べ賃金が低い中小企業で働く人を中心に影響が出ることになる。


厚労省

厚労省は今年度の最低賃金の目安額は全国平均で26円引き上げ874円とすることを決めた。26円の引き上げは過去最大の上げ幅で、政府目標の年率3%に達する額。都道府県の引き上げの目安は東京や大阪などで27円、沖縄などで23円。


厚生労働省

最低賃金の目安を決める厚生労働省の審議会は今日、今年度示す最低賃金の引き上げ額について詰めの協議を行う。最低賃金はこれまで2年連続で3%引き上げられている。今年も3%の引き上げを軸に検討が進められており、実現すれば引き上げ額は時給で全国平均26円となり、最低賃金の額は時給874円となる。


遺品整理プログレス

遺品整理プログレスは遺品や不用品などの引き取りを中心に全国的に展開している。この日の依頼者は吉田則子さんで埼玉県で一人暮らしをしていた義理の母の遺品整理を行ってほしいというものだった。体力的にも精神的にも負担がかかる遺族に代わって行う遺品整理の料金の目安は2DKで12万円〜、3DKで16万円〜となっている。そして遺品整理され回収された品物は海外に送られ現地のリサイクルショップで販売される。神棚や仏壇などは僧侶を招いて合同供養を行う。遺品整理が終了し、中国で人気が出ている鉄瓶やレコード、ゲームソフトや着物などが買い取られ合計1万4000円となった。吉田さんは遺品整理が終え肩の荷が下りた様子だった。

続いての現場は東京・品川区の公営住宅。依頼者は島田亘さんで一人暮らしをしていた父親が亡くなったばかりで母親も5年前に亡くなっている。およそ10年暮らした家の中は父のものや母のものが溢れていた。今回遺品整理を依頼した理由について島田さんは「品物を見ていると全部自分で引き取りたくなってしまうから」と話した。


籠池佳茂 ツイッター

1回目の保釈請求は認められず。今回は2度目の請求。大阪地検は決定を不服として準抗告。大阪地裁は保釈の可否を改めて判断する。萩谷麻衣子弁護士は、きょうか明日にでも出る。保釈が取り消される可能性は低いとしている。保釈金は夫800万円、妻700万円。保釈金の目的は、逃亡や証拠隠滅を防ぐため。何もなければのちに還付される。保釈金は被告の資産や事件の重大性などを考慮して決定。萩谷麻衣子弁護士は、保釈請求時に金額はある程度準備できているのではとしている。刑事訴訟法によると、被告を勾留できるのは、罪を犯したと疑う相当な理由や、逃亡・証拠隠滅の恐れがある場合。息子はツイッターで、「勾留から7ヶ月目に入っている。未だ面会がかなわない。」などと発言し、枝野代表は、「今更証拠隠滅の恐れはない。」などとコメント。萩谷麻衣子は、「第1回公判のための整理がつくまでは、保釈がでない。私は不当に長いと思う。」などとコメント。


鳩居堂

銀座プレイスにやってきた。中にあるカフェのオープンテラスからは銀座を見渡すことができる。銀座の鳩居堂前は税金の目安となる土地の評価額の路線価が日本一高い場所として知られている。ハガキサイズで現在約60万円だという。1平米で表すと現在は4032万円でバブル期の1992年で3650万円だったという。


銀座プレイス

銀座プレイスにやってきた。中にあるカフェのオープンテラスからは銀座を見渡すことができる。銀座の鳩居堂前は税金の目安となる土地の評価額の路線価が日本一高い場所として知られている。ハガキサイズで現在約60万円だという。1平米で表すと現在は4032万円でバブル期の1992年で3650万円だったという。