ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「金の目」の検索結果

「金の目」に関連する情報 134件中 21〜30件目

「金の目」に関連するレストラン・飲食店

ラムしゃぶ 金の目 六本木店

密着6日目、この日も小林レイミとの食事。クロちゃんは小林レイミにプレゼントを渡す。サダハル・アオキのボンボンショコラをプレゼントと渡す。さらに青いバラを渡し、花言葉は「夢をかなえる」と語る。写真を撮ろうと近づくがクロちゃんにはキスされず。小林レイミは途中でトイレに行ったと見せかけて、別席にいる同姓同名の黒川明人さんにキスをしていた。一方で、クロちゃんは小林レイミがいない間に間接キスをおこなった。その後、キスされていないけどとダイレクトメッセージが届いた。


「金の目」に関連するレストラン・飲食店

彦麿呂のダイエットを密着取材。料理を作るのも好きだという彦麿呂は脂質や糖質を控えめにして調理。朝食は根菜の煮物など。この日は昼食抜き。午後は犬の散歩。夕食はラムしゃぶ金の目 新宿店で3皿完食。また肥満治療を行っている病院に通院している。他にも治療を3ヶ月受けて体重は10kg以上痩せている。

 (しゃぶしゃぶ、かに)

L-カルニチン

彦麿呂のダイエットを密着取材。料理を作るのも好きだという彦麿呂は脂質や糖質を控えめにして調理。朝食は根菜の煮物など。この日は昼食抜き。午後は犬の散歩。夕食はラムしゃぶ金の目 新宿店で3皿完食。また肥満治療を行っている病院に通院している。他にも治療を3ヶ月受けて体重は10kg以上痩せている。


「金の目」に関連するグルメ情報

ラム肉

彦麿呂のダイエットを密着取材。料理を作るのも好きだという彦麿呂は脂質や糖質を控えめにして調理。朝食は根菜の煮物など。この日は昼食抜き。午後は犬の散歩。夕食はラムしゃぶ金の目 新宿店で3皿完食。また肥満治療を行っている病院に通院している。他にも治療を3ヶ月受けて体重は10kg以上痩せている。


「金の目」に関連するレストラン・飲食店

渡辺さんの食事を覗くと、彦摩呂さんとラム肉のしゃぶしゃぶなどを夕食として食べていた。さらに自宅ではぶら下がり健康機でトレーニングをしていた。渡辺さんの体を検査すると問題はなく健康体だという。またリバウンドの心配も少ないという。

 (しゃぶしゃぶ、かに)

「金の目」に関連するグルメ情報

寺島なす

「ふるさと納税」は地方に寄付する人が多いため、東京23区の寄付額は少なく、税収の減少が目立っている。東京23区で唯一、寄付額が減収額を上回ったのが墨田区で、新しい形のふるさと納税を取材した。東向島駅前のガード下では、プランターで寺島なすという地域のナスを栽培している。寺島なすは江戸時代に墨田区で盛んに栽培されていた江戸野菜の一つ。試食した狩野アナは「甘くて後味が青りんごみたい」とコメント。駅前の通りには寺島なすをイメージしたキャラクターがいたり、商店街の青果店にも寺島なすが並んでいたが八王子のものだという。墨田区では関東大震災後に宅地化が進み、現在は農地がない。そこで民間団体による畑を作るプロジェクトが進められていて、土地は区内の寺が無償で貸し出しする。雑草や砂利の撤去など整備費用は約1500万円かかる。その資金集めのために新たなふるさと納税の仕組みを活用したという。通常 ふるさと納税で集まった寄付金は子育てなど自治体の事業に使われるが、墨田区の支援事業では集めた寄付金は区を通じて”助成金”として全て民間団体に渡る仕組みだという。今回支援事業に選ばれたのは、寺島なすの取り組みや区の振興につながると認定された7つの団体。去年11月にオープンした「すみだ北斎美術館」の運営費用はふるさと納税によるもので、3年で6億2800万円寄付が集まった。「寺島なす」の事業の活動資金の目標額は100万円で、1ヵ月で目標の約8割が集まっている。牛久さんは、農園を作った際にはバーベキューなど交流できる場にしたいと話していたという。


すみだ北斎美術館

「ふるさと納税」は地方に寄付する人が多いため、東京23区の寄付額は少なく、税収の減少が目立っている。東京23区で唯一、寄付額が減収額を上回ったのが墨田区で、新しい形のふるさと納税を取材した。東向島駅前のガード下では、プランターで寺島なすという地域のナスを栽培している。寺島なすは江戸時代に墨田区で盛んに栽培されていた江戸野菜の一つ。試食した狩野アナは「甘くて後味が青りんごみたい」とコメント。駅前の通りには寺島なすをイメージしたキャラクターがいたり、商店街の青果店にも寺島なすが並んでいたが八王子のものだという。墨田区では関東大震災後に宅地化が進み、現在は農地がない。そこで民間団体による畑を作るプロジェクトが進められていて、土地は区内の寺が無償で貸し出しする。雑草や砂利の撤去など整備費用は約1500万円かかる。その資金集めのために新たなふるさと納税の仕組みを活用したという。通常 ふるさと納税で集まった寄付金は子育てなど自治体の事業に使われるが、墨田区の支援事業では集めた寄付金は区を通じて”助成金”として全て民間団体に渡る仕組みだという。今回支援事業に選ばれたのは、寺島なすの取り組みや区の振興につながると認定された7つの団体。去年11月にオープンした「すみだ北斎美術館」の運営費用はふるさと納税によるもので、3年で6億2800万円寄付が集まった。「寺島なす」の事業の活動資金の目標額は100万円で、1ヵ月で目標の約8割が集まっている。牛久さんは、農園を作った際にはバーベキューなど交流できる場にしたいと話していたという。


だいき青果

「ふるさと納税」は地方に寄付する人が多いため、東京23区の寄付額は少なく、税収の減少が目立っている。東京23区で唯一、寄付額が減収額を上回ったのが墨田区で、新しい形のふるさと納税を取材した。東向島駅前のガード下では、プランターで寺島なすという地域のナスを栽培している。寺島なすは江戸時代に墨田区で盛んに栽培されていた江戸野菜の一つ。試食した狩野アナは「甘くて後味が青りんごみたい」とコメント。駅前の通りには寺島なすをイメージしたキャラクターがいたり、商店街の青果店にも寺島なすが並んでいたが八王子のものだという。墨田区では関東大震災後に宅地化が進み、現在は農地がない。そこで民間団体による畑を作るプロジェクトが進められていて、土地は区内の寺が無償で貸し出しする。雑草や砂利の撤去など整備費用は約1500万円かかる。その資金集めのために新たなふるさと納税の仕組みを活用したという。通常 ふるさと納税で集まった寄付金は子育てなど自治体の事業に使われるが、墨田区の支援事業では集めた寄付金は区を通じて”助成金”として全て民間団体に渡る仕組みだという。今回支援事業に選ばれたのは、寺島なすの取り組みや区の振興につながると認定された7つの団体。去年11月にオープンした「すみだ北斎美術館」の運営費用はふるさと納税によるもので、3年で6億2800万円寄付が集まった。「寺島なす」の事業の活動資金の目標額は100万円で、1ヵ月で目標の約8割が集まっている。牛久さんは、農園を作った際にはバーベキューなど交流できる場にしたいと話していたという。


「金の目」に関連するグルメ情報

江戸野菜

「ふるさと納税」は地方に寄付する人が多いため、東京23区の寄付額は少なく、税収の減少が目立っている。東京23区で唯一、寄付額が減収額を上回ったのが墨田区で、新しい形のふるさと納税を取材した。東向島駅前のガード下では、プランターで寺島なすという地域のナスを栽培している。寺島なすは江戸時代に墨田区で盛んに栽培されていた江戸野菜の一つ。試食した狩野アナは「甘くて後味が青りんごみたい」とコメント。駅前の通りには寺島なすをイメージしたキャラクターがいたり、商店街の青果店にも寺島なすが並んでいたが八王子のものだという。墨田区では関東大震災後に宅地化が進み、現在は農地がない。そこで民間団体による畑を作るプロジェクトが進められていて、土地は区内の寺が無償で貸し出しする。雑草や砂利の撤去など整備費用は約1500万円かかる。その資金集めのために新たなふるさと納税の仕組みを活用したという。通常 ふるさと納税で集まった寄付金は子育てなど自治体の事業に使われるが、墨田区の支援事業では集めた寄付金は区を通じて”助成金”として全て民間団体に渡る仕組みだという。今回支援事業に選ばれたのは、寺島なすの取り組みや区の振興につながると認定された7つの団体。去年11月にオープンした「すみだ北斎美術館」の運営費用はふるさと納税によるもので、3年で6億2800万円寄付が集まった。「寺島なす」の事業の活動資金の目標額は100万円で、1ヵ月で目標の約8割が集まっている。牛久さんは、農園を作った際にはバーベキューなど交流できる場にしたいと話していたという。


東向島駅

「ふるさと納税」は地方に寄付する人が多いため、東京23区の寄付額は少なく、税収の減少が目立っている。東京23区で唯一、寄付額が減収額を上回ったのが墨田区で、新しい形のふるさと納税を取材した。東向島駅前のガード下では、プランターで寺島なすという地域のナスを栽培している。寺島なすは江戸時代に墨田区で盛んに栽培されていた江戸野菜の一つ。試食した狩野アナは「甘くて後味が青りんごみたい」とコメント。駅前の通りには寺島なすをイメージしたキャラクターがいたり、商店街の青果店にも寺島なすが並んでいたが八王子のものだという。墨田区では関東大震災後に宅地化が進み、現在は農地がない。そこで民間団体による畑を作るプロジェクトが進められていて、土地は区内の寺が無償で貸し出しする。雑草や砂利の撤去など整備費用は約1500万円かかる。その資金集めのために新たなふるさと納税の仕組みを活用したという。通常 ふるさと納税で集まった寄付金は子育てなど自治体の事業に使われるが、墨田区の支援事業では集めた寄付金は区を通じて”助成金”として全て民間団体に渡る仕組みだという。今回支援事業に選ばれたのは、寺島なすの取り組みや区の振興につながると認定された7つの団体。去年11月にオープンした「すみだ北斎美術館」の運営費用はふるさと納税によるもので、3年で6億2800万円寄付が集まった。「寺島なす」の事業の活動資金の目標額は100万円で、1ヵ月で目標の約8割が集まっている。牛久さんは、農園を作った際にはバーベキューなど交流できる場にしたいと話していたという。