ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「金の目」の検索結果

「金の目」に関連する情報 134件中 31〜40件目

ギルドハウス十日町

河合勇太朗さんが共同生活をしている築100年以上の古民家は「ギルドハウス十日町」は、ゲームやアニメが好きな家主が地域の手伝いなどをみんなでしようと考案された。ここは多くの人が集まる交流の場となっている。現在は14人で共同生活中、男女比は半々。

土田が、河合さんの案内で「ギルドハウス十日町」の中に入った。中ではオーストラリア出身のニーソンさんが縄渡りをしていた。2年間で5200人もの人が訪れており、口コミや紹介で世界各国から人が集まっているという。中には廊下の場所で生活する人もいる。漫画家を目指す佐藤秀一さんは、この場所での暮らしを題材にした漫画を書いている。部屋にはカメムシが多くいた。

河合勇太朗さんは、町の助っ人役として家の掃除や田植え、温泉の清掃などを行っている。収入は月5万円程だという。このギルドハウスは様々な人が交流できるようギルドマスターにより提供されており、お金は出せる人が出すボランティア施設。

ギルドマスターの西村治久さんに話を伺った。西村さんは東京で会社員をしていたが、39歳で会社を辞め全国を旅した。その後、結婚を機に新居を探していた時にたまたま訪れた新潟でこの物件に出会った。基本料金の目安は月2万5000円ほどだが、もらっていない人もおり、その人たちには家事や地域の手伝いをしてもらっている。


「金の目」に関連するイベント情報

FNSチャリティ

FNSチャリティの寄付金贈呈式が行われた。昨年度の募金額は約4500万円で、トーゴ共和国へ寄付される。日本ユニセフ理事に募金の目録を手渡した。今年度はボリビアへの支援を呼びかけている。


日本銀行

日本銀行は金融緩和の総括をまとめ、新たな緩和の枠組みを導入した。新たな枠組みは供給する資金の目標を量から金利へ移すもので、短期金利は現在のマイナス金利で操作して長期金利は国債を買い入れて0%程度で調整する。マイナス金利の副作用に配慮した形だが、黒田東彦総裁は必要であれば追加緩和を行う方針を示しその手段も金利操作を中心としていく考えを明らかにしている。


日本銀行

日本銀行は金融緩和への総括をまとめて、新たな緩和の枠組みを導入したと伝えた。新たな枠組みは供給する資金の目標を量から金利へ移すものだと伝えた。短期金利はマイナス金利で操作して、長期金利は国債を買い入れて0%程度で調整すると伝えた。マイナス金利の副作用に配慮した形だと伝えた。


りそな銀行 虎ノ門支店

新制度の「iDeCo」は来年から対象が大幅に拡大される「個人型の確定拠出年金」で、毎月決まった掛け金を積み立て、加入者が投資先を選択し運用している。これまでは自営業者・会社員など一部が加入できたが、来年からは主婦・公務員なども加入できるようになるとのこと。政府は少子高齢化で公的年金の目減りは確実で、自己責任で積立運用する方向に誘導する狙いとのこと。「iDeCo」は預けた資金は60歳まで引き出せないなどのメリットもあるとのこと。


鳥取大学

鳥取大学医学部は世界最先端の研究をリードする医師らを育てる目的で文部科学省から昨年度約5200万円、今年度約4300万円もの医療人材育成補助金を受給していた。鳥取大学の関係者の証言や日本テレビが入手した内部資料によると、大学は昨年度補助金で8人の教職員を雇用していて、規定では大学院生らの教育に専念させる必要があったにもかかわらず、一部の教職員を医療機器の電源や医療用ドリル開発などに従事させ、大学院生向けの実習はほとんど行われなかったという。また関係者によると、補助金の目的外使用の疑いを指摘されたが改善されなかったという。鳥取大学は日本テレビの取材に対して、内部通報があったので調査委が設置され調査が進められているというが、今週の定期調査で補助金が適切に使われているか調べる方針。


フェイスブック

小倉智昭らがスタジオ解説。お金の目的かと思われた事件だったが、容疑者のフェイスブックでは年に数回各地のゴルフ場を回っている姿や国内外問わなない旅行の写真が投稿されていた。深澤真紀はフェイスブックを見たことを話し、ショルダーバッグを奪うために全治1年のケガを負わせる必要があったのかと目的がわからないと語った。


神奈川大学

物価上昇、賃上げの恩恵なしなど高齢者の取り巻く状況は厳しくなっている。さらに、相続税増税や年金の目減りなど、来年はさらに高齢者の負担が増えてしまう。現在、多くの高齢者が経済的な悩みを抱えている。そして、経済的に厳しいからこそ、給付金をすぐに使って景気の底上げになる可能性は低いと考えられる。専門家の江口教授は今後、生活保護制度の見直しが必要だという。


「金の目」に関連するレストラン・飲食店

阿藤さんは合計5000ヶ所以上をレポートし、「火の国らーめん てっぺん」など各地にサインを残していた。今回、阿藤さんが訪れた店の店主らが、阿藤さんとの思い出を語った。

 (しゃぶしゃぶ)

日本経済新聞

2001年10月26日の日本経済新聞に個人型 確定拠出年金 加入料2000円という記事を紹介した。確定拠出年金の特徴は「毎月支払う額を個人で決められる」「60歳までもらえない」「運用は自己責任で行う」というもの。当時は株価下落や低金利で企業が従業員の年金の掛け金を運用しても利益が上がらず、逆に損失を被る逆ザヤ状態にあった。また、現役世代が将来受け取れる公的年金の目減りも避けられない見通しになったこともあり、国が積極的に確定拠出年金を後押しした。確定拠出年金のメリットが紹介された。国は全ての現役世代に広げるための確定拠出年金法の改正案を提出、9月衆議院を通過させていた。しかし、安保法案の混乱により、参議院では継続審議となった。