ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「鈴与」の検索結果

「鈴与」に関連する情報 146件中 1〜10件目

鈴与

豊洲に移転した業者の生田店主は「設備が前より良くなって期待しか無い」とし、安田代表取締役は「最初は売上がダウンすると思う。既に築地が遠い理由でお得意様が店をたたんだが、期待して頑張る」としていた。そして既にお店をたたんだ石橋さんは「カビが発生しそうで心配」などと話していた。


足立市場

築地市場について引越しもあれば最後の競りも行われ今週末忙しかった。三連休初日は最後の競り。築地でマグロの仲卸業「鈴与」を営む生田社長は普段の3倍の品物を扱うことになった。休む間もなく10時間動き通しだった。忙しい最後の日になったと話しているという。「鈴与」は1923年創業。離れるのは寂しいという。生田社長は世界一うまいものが集まる場所。それを一番いい時期に食べる事ができ、お客様に薦めて喜んでもらえる仕事のため辞める選択肢はないなどと話す。水産仲卸の「関富」の関戸社長は豊洲市場に加え、足立市場にも仕入れに通うことを検討しているという。(スポーツニッポン)


関富

築地市場について引越しもあれば最後の競りも行われ今週末忙しかった。三連休初日は最後の競り。築地でマグロの仲卸業「鈴与」を営む生田社長は普段の3倍の品物を扱うことになった。休む間もなく10時間動き通しだった。忙しい最後の日になったと話しているという。「鈴与」は1923年創業。離れるのは寂しいという。生田社長は世界一うまいものが集まる場所。それを一番いい時期に食べる事ができ、お客様に薦めて喜んでもらえる仕事のため辞める選択肢はないなどと話す。水産仲卸の「関富」の関戸社長は豊洲市場に加え、足立市場にも仕入れに通うことを検討しているという。(スポーツニッポン)


スポーツニッポン

築地市場について引越しもあれば最後の競りも行われ今週末忙しかった。三連休初日は最後の競り。築地でマグロの仲卸業「鈴与」を営む生田社長は普段の3倍の品物を扱うことになった。休む間もなく10時間動き通しだった。忙しい最後の日になったと話しているという。「鈴与」は1923年創業。離れるのは寂しいという。生田社長は世界一うまいものが集まる場所。それを一番いい時期に食べる事ができ、お客様に薦めて喜んでもらえる仕事のため辞める選択肢はないなどと話す。水産仲卸の「関富」の関戸社長は豊洲市場に加え、足立市場にも仕入れに通うことを検討しているという。(スポーツニッポン)

喫茶店として最後の営業日となった珈琲の店「愛養」では長い列が途切れることはなかった。約54年間名物のトーストを焼き続けた鈴木健蔵店長は築地とともに引退するという。「愛養」は1935年の築地開場とともに移転してきた店で鈴木健蔵店長は18歳の高校生だった。18席の狭い店内でタレントの中川翔子さんも自身のブログでファンを公言しているほどで行列が出来る店となっていた。豊洲では店名は残るが天ぷら屋さんになるという。その理由はオーナーが天ぷらが好きだからという。(スポーツニッポン)

1959年に開店した吉野家1号店は客席15席の店舗で客の出入りが多く、作業の効率化を追求してきた。ご飯は変わらず具だけが多い「アタマの大盛り」はこの店が発祥。歴代店長は約200人の注文を覚え、それぞれ好みに合わせて味を調整。独自の裏メニュー文化が発展した。2004〜06年にBSE問題で吉野家が牛丼の販売を休止した時も同店だけ国産牛肉を使い提供を継続。11日にオープンする「吉野家 豊洲市場店」は別店舗扱いながら1号店が築いた伝統は引き継がれる。(スポーツニッポン)

6日午後から豊洲への引越し作業が本格化。冷蔵庫や水槽を次々にトラックに積み込む姿が見られた。約900業者が移転する。都は期間中、2トントラック約4700台分の冷蔵庫や備品などの荷物が運ばれると予想。築地と豊洲を直線で結ぶ併用前の環状2号線を専用道路を約2600台のフォークリフトやターレが移動。(スポーツニッポン)


鈴与

築地市場について引越しもあれば最後の競りも行われ今週末忙しかった。三連休初日は最後の競り。築地でマグロの仲卸業「鈴与」を営む生田社長は普段の3倍の品物を扱うことになった。休む間もなく10時間動き通しだった。忙しい最後の日になったと話しているという。「鈴与」は1923年創業。離れるのは寂しいという。生田社長は世界一うまいものが集まる場所。それを一番いい時期に食べる事ができ、お客様に薦めて喜んでもらえる仕事のため辞める選択肢はないなどと話す。水産仲卸の「関富」の関戸社長は豊洲市場に加え、足立市場にも仕入れに通うことを検討しているという。(スポーツニッポン)


豊洲市場

昨日の午前4時、夜明け前に移転先の豊洲市場に向けて出発した小型運搬車の「ターレ」。開通前の環状2号線を通って豊洲市場へ向かった。おととい、83年の歴史に幕をおろした築地市場。約900の業者がおとといから24時間態勢で引っ越し作業を進めている。

引越し作業は豊洲開場前日のあさってまでに約2600台のターレやフォークリフトが築地から豊洲へ移動予定である。また、引越し先の豊洲市場では仲卸の業者などが届いた荷物の搬入作業に追われていた。一方、「場所が狭い。今までやっていた店舗と比べ約半分になる。お客様が来てくれるのか。」と言った声も。これまで積み重ねて来た築地ブランドは継承されるのだろうか?間もなく豊洲で新たな食の歴史が始まる。

築地市場について引越しもあれば最後の競りも行われ今週末忙しかった。三連休初日は最後の競り。築地でマグロの仲卸業「鈴与」を営む生田社長は普段の3倍の品物を扱うことになった。休む間もなく10時間動き通しだった。忙しい最後の日になったと話しているという。「鈴与」は1923年創業。離れるのは寂しいという。生田社長は世界一うまいものが集まる場所。それを一番いい時期に食べる事ができ、お客様に薦めて喜んでもらえる仕事のため辞める選択肢はないなどと話す。水産仲卸の「関富」の関戸社長は豊洲市場に加え、足立市場にも仕入れに通うことを検討しているという。(スポーツニッポン)

6日午後から豊洲への引越し作業が本格化。冷蔵庫や水槽を次々にトラックに積み込む姿が見られた。約900業者が移転する。都は期間中、2トントラック約4700台分の冷蔵庫や備品などの荷物が運ばれると予想。築地と豊洲を直線で結ぶ併用前の環状2号線を専用道路を約2600台のフォークリフトやターレが移動。(スポーツニッポン)


築地市場

昨日の午前4時、夜明け前に移転先の豊洲市場に向けて出発した小型運搬車の「ターレ」。開通前の環状2号線を通って豊洲市場へ向かった。おととい、83年の歴史に幕をおろした築地市場。約900の業者がおとといから24時間態勢で引っ越し作業を進めている。

引越し作業は豊洲開場前日のあさってまでに約2600台のターレやフォークリフトが築地から豊洲へ移動予定である。また、引越し先の豊洲市場では仲卸の業者などが届いた荷物の搬入作業に追われていた。一方、「場所が狭い。今までやっていた店舗と比べ約半分になる。お客様が来てくれるのか。」と言った声も。これまで積み重ねて来た築地ブランドは継承されるのだろうか?間もなく豊洲で新たな食の歴史が始まる。

築地市場について引越しもあれば最後の競りも行われ今週末忙しかった。三連休初日は最後の競り。築地でマグロの仲卸業「鈴与」を営む生田社長は普段の3倍の品物を扱うことになった。休む間もなく10時間動き通しだった。忙しい最後の日になったと話しているという。「鈴与」は1923年創業。離れるのは寂しいという。生田社長は世界一うまいものが集まる場所。それを一番いい時期に食べる事ができ、お客様に薦めて喜んでもらえる仕事のため辞める選択肢はないなどと話す。水産仲卸の「関富」の関戸社長は豊洲市場に加え、足立市場にも仕入れに通うことを検討しているという。(スポーツニッポン)


鈴与

清水エスパルスのクラブの歴史を紹介。1967年、静岡県旧清水市に誕生した小学生選抜チーム「清水FC」が前身。サッカー王国清水の土壌ができた。1991年、唯一の市民クラブとしてJリーグに加盟。清水エスパルスが誕生した。本場ブラジルからサンバ隊を招いて習得したサンバスタイルの伝統的な応援は現在も継承されている。結成5年でナビスコカップ優勝。しかし、1997年11月、倒産危機が表面化し、支援企業も撤退を表明した。チーム解散の危機にサポーター・市民は署名運動や募金を行い、地域の経済界が救済を決断。地元企業数社の出資で新会社が運営を引き継ぐことになった。


東海大学第一高等学校

澤穂希さんの同級生は鈴与清水FCラブリーレディースに所属していた榊原千華さんを紹介。久しぶりにサッカーをする母親に厳しい評価をする息子だったが、澤穂希さんのエピソードVTRをみてもらうと「スゲェ」など見る目が少し変わったなど話す。19歳で引退後サッカーについて余り語ってこなかったが、澤さんがワールドカップで優勝をしたのを見て、自分も頑張っただなと感じるようになったなど話す。


読売ベレーザ

澤穂希さんの同級生は鈴与清水FCラブリーレディースに所属していた榊原千華さんを紹介。久しぶりにサッカーをする母親に厳しい評価をする息子だったが、澤穂希さんのエピソードVTRをみてもらうと「スゲェ」など見る目が少し変わったなど話す。19歳で引退後サッカーについて余り語ってこなかったが、澤さんがワールドカップで優勝をしたのを見て、自分も頑張っただなと感じるようになったなど話す。