ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「銚子漁港」の検索結果

「銚子漁港」に関連する情報 877件中 1〜10件目

銚子漁港

さかな料理 礁に足を運んだ澤部たち。料理を待っている最中、澤部はSNSはやらないと話すと、やしろ優は全部やっているなどと話した。その後刺身の盛り合わせを食べた筧はこれはうまいと絶賛した。銚子では8月3日、4日に銚子みなとまつりが行われる。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

磯がき(焼き)

さかな料理 礁に足を運んだ澤部たち。ここでは銚子漁港で水揚げされた魚介を楽しむことができる。牡蠣というと冬のイメージがあるが、銚子の磯牡蠣は夏が旬だという。


銚子漁港

さかな料理 礁に足を運んだ澤部たち。ここでは銚子漁港で水揚げされた魚介を楽しむことができる。牡蠣というと冬のイメージがあるが、銚子の磯牡蠣は夏が旬だという。


「銚子漁港」に関連するレストラン・飲食店

さかな料理 礁に足を運んだ澤部たち。ここでは銚子漁港で水揚げされた魚介を楽しむことができる。牡蠣というと冬のイメージがあるが、銚子の磯牡蠣は夏が旬だという。

 (魚介料理・海鮮料理)

マイワシ

マイワシ水揚げ量日本一の銚子漁港では、1日に2000トンを出荷。梅雨のシーズンのイワシは餌が豊富で、「入梅イワシ」と言われ、1年で最も脂が乗る時期。


銚子漁港

マイワシ水揚げ量日本一の銚子漁港では、1日に2000トンを出荷。梅雨のシーズンのイワシは餌が豊富で、「入梅イワシ」と言われ、1年で最も脂が乗る時期。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

入梅イワシ

漬け丼やパスタに使われる、今が旬のイワシ。梅雨のシーズンのイワシは「入梅イワシ」と言われ、1年で最も脂が乗る時期。

マイワシ水揚げ量日本一の銚子漁港では、1日に2000トンを出荷。梅雨のシーズンのイワシは餌が豊富で、「入梅イワシ」と言われ、1年で最も脂が乗る時期。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

イワシ

漬け丼やパスタに使われる、今が旬のイワシ。梅雨のシーズンのイワシは「入梅イワシ」と言われ、1年で最も脂が乗る時期。

マイワシ水揚げ量日本一の銚子漁港では、1日に2000トンを出荷。梅雨のシーズンのイワシは餌が豊富で、「入梅イワシ」と言われ、1年で最も脂が乗る時期。

銚子駅から徒歩1分の「お食事茶屋 膳」では、刺し身や天ぷら、漬け丼などで入梅イワシを食べられる。入梅イワシを切ると、白く脂が入っている。「お食事茶屋 膳」には、県外からイワシを食べに来るお客さんの姿もあった。

市ヶ谷駅から徒歩2分の「エル チリンギート」。看板にある魚のマークについて、店主によれば、南スペインの都市・マラガで食べられる料理「エスペト」をイメージしているという。銚子産イワシを炭火で串焼きにした「イワシのエスペト(炭火串焼き)」は、調理中も香りが楽しめる。他にも冷菜やフリットなど、多彩なイワシ料理が味わえる。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

ミズダコ

最初に案内してもらったのは銚子漁港。全国から漁船が集まる日本最大級の港で年間水揚げ量8年連続日本一を誇る。魚市場にはキンメダイやヒラメなど豊富な魚が並び入札を間近で見学できる。漁港の見学は午前中がベスト。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

ヒラメ

最初に案内してもらったのは銚子漁港。全国から漁船が集まる日本最大級の港で年間水揚げ量8年連続日本一を誇る。魚市場にはキンメダイやヒラメなど豊富な魚が並び入札を間近で見学できる。漁港の見学は午前中がベスト。