ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「錦鯉」の検索結果

「錦鯉」に関連するイベント情報 58件中 1〜10件目

「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

錦鯉を国魚として指定するこを目指して、自民党の有志議員が「錦鯉文化産業振興議員連盟」を立ち上げた。東京五輪・パラリンピックなどカッコいい日本文化を意味する「クールジャパン」のコンテンツとして世界に発信するのが目的。海外セレブにも大人気で、輸出はこの15年間で約3倍に拡大。輸出先はアジア各国や欧米諸国など40カ国以上に及ぶ。オランダではニシキゴイの健康診断に力を入れており、ドイツではマッチョなニシキゴイが人気でエサにプロテインを配合している。世界一のニシキゴイは全日本総合錦鯉品評会に選出したもので、2億300万円で取引された。ニシキゴイのブランド化が進む古都で、他国が原産地であるかのような虚偽情報も流され、ニシキゴイが日本発祥であることを明確にするためにも「国魚」の指定が必要。(日刊スポーツ)


「錦鯉」に関連するイベント情報

大阪万博

錦鯉を国魚として指定するこを目指して、自民党の有志議員が「錦鯉文化産業振興議員連盟」を立ち上げた。東京五輪・パラリンピックなどカッコいい日本文化を意味する「クールジャパン」のコンテンツとして世界に発信するのが目的。海外セレブにも大人気で、輸出はこの15年間で約3倍に拡大。輸出先はアジア各国や欧米諸国など40カ国以上に及ぶ。オランダではニシキゴイの健康診断に力を入れており、ドイツではマッチョなニシキゴイが人気でエサにプロテインを配合している。世界一のニシキゴイは全日本総合錦鯉品評会に選出したもので、2億300万円で取引された。ニシキゴイのブランド化が進む古都で、他国が原産地であるかのような虚偽情報も流され、ニシキゴイが日本発祥であることを明確にするためにも「国魚」の指定が必要。(日刊スポーツ)


「錦鯉」に関連するイベント情報

パラリンピック

錦鯉を国魚として指定するこを目指して、自民党の有志議員が「錦鯉文化産業振興議員連盟」を立ち上げた。東京五輪・パラリンピックなどカッコいい日本文化を意味する「クールジャパン」のコンテンツとして世界に発信するのが目的。海外セレブにも大人気で、輸出はこの15年間で約3倍に拡大。輸出先はアジア各国や欧米諸国など40カ国以上に及ぶ。オランダではニシキゴイの健康診断に力を入れており、ドイツではマッチョなニシキゴイが人気でエサにプロテインを配合している。世界一のニシキゴイは全日本総合錦鯉品評会に選出したもので、2億300万円で取引された。ニシキゴイのブランド化が進む古都で、他国が原産地であるかのような虚偽情報も流され、ニシキゴイが日本発祥であることを明確にするためにも「国魚」の指定が必要。(日刊スポーツ)


「錦鯉」に関連するイベント情報

東京五輪

錦鯉を国魚として指定するこを目指して、自民党の有志議員が「錦鯉文化産業振興議員連盟」を立ち上げた。東京五輪・パラリンピックなどカッコいい日本文化を意味する「クールジャパン」のコンテンツとして世界に発信するのが目的。海外セレブにも大人気で、輸出はこの15年間で約3倍に拡大。輸出先はアジア各国や欧米諸国など40カ国以上に及ぶ。オランダではニシキゴイの健康診断に力を入れており、ドイツではマッチョなニシキゴイが人気でエサにプロテインを配合している。世界一のニシキゴイは全日本総合錦鯉品評会に選出したもので、2億300万円で取引された。ニシキゴイのブランド化が進む古都で、他国が原産地であるかのような虚偽情報も流され、ニシキゴイが日本発祥であることを明確にするためにも「国魚」の指定が必要。(日刊スポーツ)


「錦鯉」に関連するイベント情報

関西万博

ニシキゴイを国の魚に指定することを目指し、自民党の有志議員が「錦鯉文化産業振興議連盟」を立ち上げた。クールジャパンのコンテンツの1つとして世界に発信していくのが目的。(日刊スポーツ)


「錦鯉」に関連するイベント情報

パラリンピック

ニシキゴイを国の魚に指定することを目指し、自民党の有志議員が「錦鯉文化産業振興議連盟」を立ち上げた。クールジャパンのコンテンツの1つとして世界に発信していくのが目的。(日刊スポーツ)


「錦鯉」に関連するイベント情報

東京オリンピック

ニシキゴイを国の魚に指定することを目指し、自民党の有志議員が「錦鯉文化産業振興議連盟」を立ち上げた。クールジャパンのコンテンツの1つとして世界に発信していくのが目的。(日刊スポーツ)


「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

国花は桜と菊、国鳥はキジ、国魚は指定されていない。自民党本部で、錦鯉文化産業振興議員連盟の会合が行われ、ニシキゴイの国魚指定目指すというもの。浜田靖一会長は産業として海外進出を目指すということは重要とした。小泉進次郎厚労部会長も参加した。大田区で全日本総合錦鯉品評会があり、26の国と地域から2006匹が集結。世界一に選ばれたのは体長1.1m体重25kgの紅白模様のニシキゴイだった。2億300万円で購入したのは台湾の業者だった。新潟県小千谷市の大日養鯉場で、タイ人の会社社長は1000万円程度で錦鯉を購入。輸出が7割、輸出額は10年前の1.6倍の36億7000万円となっている。


「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

今日、自民党で『錦鯉文化産業振興議員連盟』が新たに発足した。メンバーには小泉進次郎厚労部会長らが名を連ねている。ニシキゴイは泳ぐ宝石と呼ばれている。週末、東京で全日本総合錦鯉品評会が行われた。会場には2006匹のニシキゴイが集結し、色合いや体形を競った。世界一に選ばれたのが体長1・1メートル、体重25キロの紅白模様のニシキゴイだ。その取引額は2億を超えた。今、ニシキゴイは世界的なブームとなっている。ニシキゴイを愛する外国人達が目指す場所は新潟県小千谷市だ。小千谷市にある大日養鯉場には外国人が多く集まっていた。タイで数十匹のニシキゴイを飼育しているという男性は三色のニシキゴイを選んだ。


「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

去年10月に行われた全日本総合錦鯉品評会でメスのニシキゴイが2億300万円で落札された。体の大きさや白色の映えた模様全体のバランスが評価されたという。ニシキゴイは急激に成長させると模様のバランスが崩れてしまう。エサを上げすぎず少しずつ成長させていくのが美しく育てるポイントだという。