ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「錦鯉」の検索結果

「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店 27件中 1〜10件目

「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

ジャパンビレッジ

NY・ブルックリンにあるインダストリー・シティ。もともと工場や倉庫だった建物を今、商業施設やオフィス用に再開発している。そのうちの1棟に鮮やかな錦鯉の壁画が。中には巨大なフードホールがあった。去年の11月下旬にオープンしたばかりの「ジャパンビレッジ」。NYで初めてとなる日本食だけのフードホール。現在10店舗が出店しているが、ニューヨーカーに人気な店を調査した。第3位は関西風のお好み焼き店「HACHI」。第2位は「sushi uesugi」。寿司職人としてNYで33年のキャリアをもつ中山さんがこの店で提供している海鮮丼には、タイやハマチなどが使用されており日本から輸入している。一番人気のメニューは行列ができている「お弁当屋さん」にある「大きなおにぎり」だった。NYに暮らして29年のウィリアムス・聖子さんが作っているおにぎりは、日本から取り寄せたコシヒカリを使用している。10種類ある具の中で一番人気は「エビ天おにぎり」。この「ジャパンビレッジ」のし掛け人は好田さん。50年以上暮らしたNYで「もっと日本の文化を発信したい」と思ったのだそう。好田さんはNYで3店舗ある日本食のスーパーマーケット「サンライズマート」のオーナーで、ジャパンビレッジに4店舗目を出店した。新たに立ち上げた鮮魚店では、日本から輸入した魚などを販売する力の入れよう。今月にはあらたに居酒屋や酒屋もオープンし、夏には現在の2倍の面積に拡張するとのこと。


「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

お弁当屋さん

NY・ブルックリンにあるインダストリー・シティ。もともと工場や倉庫だった建物を今、商業施設やオフィス用に再開発している。そのうちの1棟に鮮やかな錦鯉の壁画が。中には巨大なフードホールがあった。去年の11月下旬にオープンしたばかりの「ジャパンビレッジ」。NYで初めてとなる日本食だけのフードホール。現在10店舗が出店しているが、ニューヨーカーに人気な店を調査した。第3位は関西風のお好み焼き店「HACHI」。第2位は「sushi uesugi」。寿司職人としてNYで33年のキャリアをもつ中山さんがこの店で提供している海鮮丼には、タイやハマチなどが使用されており日本から輸入している。一番人気のメニューは行列ができている「お弁当屋さん」にある「大きなおにぎり」だった。NYに暮らして29年のウィリアムス・聖子さんが作っているおにぎりは、日本から取り寄せたコシヒカリを使用している。10種類ある具の中で一番人気は「エビ天おにぎり」。この「ジャパンビレッジ」のし掛け人は好田さん。50年以上暮らしたNYで「もっと日本の文化を発信したい」と思ったのだそう。好田さんはNYで3店舗ある日本食のスーパーマーケット「サンライズマート」のオーナーで、ジャパンビレッジに4店舗目を出店した。新たに立ち上げた鮮魚店では、日本から輸入した魚などを販売する力の入れよう。今月にはあらたに居酒屋や酒屋もオープンし、夏には現在の2倍の面積に拡張するとのこと。


「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

sushi uesugi

NY・ブルックリンにあるインダストリー・シティ。もともと工場や倉庫だった建物を今、商業施設やオフィス用に再開発している。そのうちの1棟に鮮やかな錦鯉の壁画が。中には巨大なフードホールがあった。去年の11月下旬にオープンしたばかりの「ジャパンビレッジ」。NYで初めてとなる日本食だけのフードホール。現在10店舗が出店しているが、ニューヨーカーに人気な店を調査した。第3位は関西風のお好み焼き店「HACHI」。第2位は「sushi uesugi」。寿司職人としてNYで33年のキャリアをもつ中山さんがこの店で提供している海鮮丼には、タイやハマチなどが使用されており日本から輸入している。一番人気のメニューは行列ができている「お弁当屋さん」にある「大きなおにぎり」だった。NYに暮らして29年のウィリアムス・聖子さんが作っているおにぎりは、日本から取り寄せたコシヒカリを使用している。10種類ある具の中で一番人気は「エビ天おにぎり」。この「ジャパンビレッジ」のし掛け人は好田さん。50年以上暮らしたNYで「もっと日本の文化を発信したい」と思ったのだそう。好田さんはNYで3店舗ある日本食のスーパーマーケット「サンライズマート」のオーナーで、ジャパンビレッジに4店舗目を出店した。新たに立ち上げた鮮魚店では、日本から輸入した魚などを販売する力の入れよう。今月にはあらたに居酒屋や酒屋もオープンし、夏には現在の2倍の面積に拡張するとのこと。


「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

HACHI

NY・ブルックリンにあるインダストリー・シティ。もともと工場や倉庫だった建物を今、商業施設やオフィス用に再開発している。そのうちの1棟に鮮やかな錦鯉の壁画が。中には巨大なフードホールがあった。去年の11月下旬にオープンしたばかりの「ジャパンビレッジ」。NYで初めてとなる日本食だけのフードホール。現在10店舗が出店しているが、ニューヨーカーに人気な店を調査した。第3位は関西風のお好み焼き店「HACHI」。第2位は「sushi uesugi」。寿司職人としてNYで33年のキャリアをもつ中山さんがこの店で提供している海鮮丼には、タイやハマチなどが使用されており日本から輸入している。一番人気のメニューは行列ができている「お弁当屋さん」にある「大きなおにぎり」だった。NYに暮らして29年のウィリアムス・聖子さんが作っているおにぎりは、日本から取り寄せたコシヒカリを使用している。10種類ある具の中で一番人気は「エビ天おにぎり」。この「ジャパンビレッジ」のし掛け人は好田さん。50年以上暮らしたNYで「もっと日本の文化を発信したい」と思ったのだそう。好田さんはNYで3店舗ある日本食のスーパーマーケット「サンライズマート」のオーナーで、ジャパンビレッジに4店舗目を出店した。新たに立ち上げた鮮魚店では、日本から輸入した魚などを販売する力の入れよう。今月にはあらたに居酒屋や酒屋もオープンし、夏には現在の2倍の面積に拡張するとのこと。


「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

すしざんまい

錦鯉を国魚として指定するこを目指して、自民党の有志議員が「錦鯉文化産業振興議員連盟」を立ち上げた。東京五輪・パラリンピックなどカッコいい日本文化を意味する「クールジャパン」のコンテンツとして世界に発信するのが目的。海外セレブにも大人気で、輸出はこの15年間で約3倍に拡大。輸出先はアジア各国や欧米諸国など40カ国以上に及ぶ。オランダではニシキゴイの健康診断に力を入れており、ドイツではマッチョなニシキゴイが人気でエサにプロテインを配合している。世界一のニシキゴイは全日本総合錦鯉品評会に選出したもので、2億300万円で取引された。ニシキゴイのブランド化が進む古都で、他国が原産地であるかのような虚偽情報も流され、ニシキゴイが日本発祥であることを明確にするためにも「国魚」の指定が必要。(日刊スポーツ)


「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

東京・吉祥寺にある未来日本酒店で色んな人が手にとったのは錦鯉柄の酒。作ったのは今代司酒造。この酒は海外の著名なデザイン賞を受賞、現場の職員にも誇りとやる気を与えた。葉葺正幸は1973年、新潟生まれ。地元企業に就職。27歳の時に社内ベンチャーでおむすび販売の新規事業に乗り出すことになり、葉葺に白羽の矢が立った。葉葺は東京に狙いを定め、銀座十石を譲り受け経営。しかし経営がうまくいかなかったが、ある日1通の手紙が届いた。

 (日本酒バー、バル・バール、居酒屋)

「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

目黒区にある和食がメインの居酒屋さんTAO。質の良い食材に拘った料理が客に好評。オーナシェフの岩井さんは野菜アートの達人で包丁やナイフで削って表現する。大根をちぎるように切り墨をぬり、庭園の池にあるものを作っていて。色をつけたい所に刺していくと表面の墨を洗い流すと刺した部分が濃くなり大根で岩を表現。池の水にも一工夫、ぜりー状にして 水泡を作り、そこに一つ一つ飾っていけば丸い器に庭園の池が完成。制作時間は約6時間、池には山ワサビで作った錦鯉が、ゼリーで表現した水泡で鯉の泳ぎに臨場感を加えた。水面から顔を出すカエルはきゅうりで作った。岩井さんは「一言でいうなら涼」と話した。包丁やナイフを使って野菜に命を吹き込む達人技だった。

 (居酒屋、和食(その他)、すき焼き)

「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

新潟を訪問中のアンナちゃん、お世話になっている間野さんからウェルカムサプライズが。先日訪れた「錦鯉の里」では錦鯉オーナー制度と言って小千谷で購入した錦鯉を管理費無料で預かってくれる。間野さんが錦鯉をプレゼントしてくれるといい、アンナちゃんは紅白を選んだ。アンナちゃんは間野さん一家にお礼の手紙と絵をプレゼントし、「また絶対ニッポンに来ます」と話した。

 (懐石・会席料理、割烹・小料理)

「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

石神秀幸らが謎ラーメンを調査。一行は新宿区のラーメン 凪 西口店分店でラーメン 凪 西口店分店を食べた。コオロギはスープ一杯につき50〜70匹入っている。2種類の食用乾燥コオロギを煮出し塩ダレと合わせて麺と絡め、生きた2種類のコオロギを油で揚げてトッピングし完成。味は美味しいなど言い味わった。石神は店が時代の先を言っているとコメント。

 (居酒屋、和食(その他)、鍋(その他))

「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

石神秀幸らが謎ラーメンを調査。一行は新宿区のラーメン 凪 西口店分店で虫酸が走るというラーメンを食べる。

 (居酒屋、和食(その他)、鍋(その他))