ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「錦鯉」の検索結果

「錦鯉」に関連する情報 834件中 51〜60件目

大日養鯉場

今、ニシキゴイは世界的なブームとなっている。新潟県小千谷市はニシキゴイ発祥の地とされていて、大日養鯉場には外国人の姿が見られた。タイからやって来た会社社長は1000万円程する3色のニシキゴイを購入した。今日、自民党で『錦鯉文化産業振興議員連盟』が新たに発足した。ニシキゴイを国魚に指定する事を目指しているという。浜田靖一会長は「海外に進出を目指していく事は重要だと思っている。」等と述べた。麻生副総理や二階幹事長らが発起人として名を連ねている。土屋観賞魚販売の土屋社長は「国が関わることによって色々な規制がこの業界について回るとその方が重荷になると思う。」等とコメントした。


ニシキゴイ

今日、自民党で『錦鯉文化産業振興議員連盟』が新たに発足した。メンバーには小泉進次郎厚労部会長らが名を連ねている。ニシキゴイは泳ぐ宝石と呼ばれている。週末、東京で全日本総合錦鯉品評会が行われた。会場には2006匹のニシキゴイが集結し、色合いや体形を競った。世界一に選ばれたのが体長1・1メートル、体重25キロの紅白模様のニシキゴイだ。その取引額は2億を超えた。今、ニシキゴイは世界的なブームとなっている。ニシキゴイを愛する外国人達が目指す場所は新潟県小千谷市だ。小千谷市にある大日養鯉場には外国人が多く集まっていた。タイで数十匹のニシキゴイを飼育しているという男性は三色のニシキゴイを選んだ。


大日養鯉場

今日、自民党で『錦鯉文化産業振興議員連盟』が新たに発足した。メンバーには小泉進次郎厚労部会長らが名を連ねている。ニシキゴイは泳ぐ宝石と呼ばれている。週末、東京で全日本総合錦鯉品評会が行われた。会場には2006匹のニシキゴイが集結し、色合いや体形を競った。世界一に選ばれたのが体長1・1メートル、体重25キロの紅白模様のニシキゴイだ。その取引額は2億を超えた。今、ニシキゴイは世界的なブームとなっている。ニシキゴイを愛する外国人達が目指す場所は新潟県小千谷市だ。小千谷市にある大日養鯉場には外国人が多く集まっていた。タイで数十匹のニシキゴイを飼育しているという男性は三色のニシキゴイを選んだ。


「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

今日、自民党で『錦鯉文化産業振興議員連盟』が新たに発足した。メンバーには小泉進次郎厚労部会長らが名を連ねている。ニシキゴイは泳ぐ宝石と呼ばれている。週末、東京で全日本総合錦鯉品評会が行われた。会場には2006匹のニシキゴイが集結し、色合いや体形を競った。世界一に選ばれたのが体長1・1メートル、体重25キロの紅白模様のニシキゴイだ。その取引額は2億を超えた。今、ニシキゴイは世界的なブームとなっている。ニシキゴイを愛する外国人達が目指す場所は新潟県小千谷市だ。小千谷市にある大日養鯉場には外国人が多く集まっていた。タイで数十匹のニシキゴイを飼育しているという男性は三色のニシキゴイを選んだ。


神和商事

去年10月に行われた全日本総合錦鯉品評会でメスのニシキゴイが2億300万円で落札された。体の大きさや白色の映えた模様全体のバランスが評価されたという。ニシキゴイは急激に成長させると模様のバランスが崩れてしまう。エサを上げすぎず少しずつ成長させていくのが美しく育てるポイントだという。


「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

去年10月に行われた全日本総合錦鯉品評会でメスのニシキゴイが2億300万円で落札された。体の大きさや白色の映えた模様全体のバランスが評価されたという。ニシキゴイは急激に成長させると模様のバランスが崩れてしまう。エサを上げすぎず少しずつ成長させていくのが美しく育てるポイントだという。


ニシキゴイ

きょう午前11時ごろ、自民党内に新たな議連「錦鯉文化産業振興議員連盟」が設立された。発起人は麻生氏、二階氏、岸田氏ら27人で、会長を元防衛相の浜田靖一氏が務める。ニシキゴイを国魚として位置づけ、世界中に魅力を発信することを目的に設立された。東京オリンピック・パラリンピックを見据え、輸出戦略の強化を図る狙いがあるという。

ニシキゴイ界で有名な神和商事神行武彦社長が育てるニシキゴイが紹介された。神行社長は50年以上に渡ってニシキゴイを飼育しており、現在は1000匹以上を飼育している。今年の品評会では「国魚賞」「牡丹賞」を受賞した。飼育するにあたり徹底した水の温度調整・エサの量の調整を心がけているという。

去年10月に行われた全日本総合錦鯉品評会でメスのニシキゴイが2億300万円で落札された。体の大きさや白色の映えた模様全体のバランスが評価されたという。ニシキゴイは急激に成長させると模様のバランスが崩れてしまう。エサを上げすぎず少しずつ成長させていくのが美しく育てるポイントだという。


成田養魚園

きょう午前11時ごろ、自民党内に新たな議連「錦鯉文化産業振興議員連盟」が設立された。発起人は麻生氏、二階氏、岸田氏ら27人で、会長を元防衛相の浜田靖一氏が務める。ニシキゴイを国魚として位置づけ、世界中に魅力を発信することを目的に設立された。東京オリンピック・パラリンピックを見据え、輸出戦略の強化を図る狙いがあるという。


ニシキゴイ

ニシキゴイブームを受けて、自民党では新たに「錦鯉文化産業振興議員連盟」が設立され、小泉進次郎議院らが在籍しているが、ニシキゴイなどの鑑賞用魚の輸出額は40億超えとなっていて、大田区で行われた品評会にもアメリカなど各国から外国人が現れ、2億300万円のニシキゴイもここでは育てられていたが、会社の従業員にかつて5億円を横領された神行氏も現在は1000匹のニシキゴイを生産していた。

神行さんはニシキゴイについて生まれたときから祖父が育てていたと話していて、コンテストに参加するようになってからは10年なのだといい、大田区での品評会でも様々な賞を獲得しているのだという。

”国魚へ”新議連発足!! ニシキゴイの世界。


神和商事

ニシキゴイブームを受けて、自民党では新たに「錦鯉文化産業振興議員連盟」が設立され、小泉進次郎議院らが在籍しているが、ニシキゴイなどの鑑賞用魚の輸出額は40億超えとなっていて、大田区で行われた品評会にもアメリカなど各国から外国人が現れ、2億300万円のニシキゴイもここでは育てられていたが、会社の従業員にかつて5億円を横領された神行氏も現在は1000匹のニシキゴイを生産していた。