ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「錦鯉」の検索結果

「錦鯉」に関連する情報 836件中 61〜70件目

ニシキゴイ

ニシキゴイブームを受けて、自民党では新たに「錦鯉文化産業振興議員連盟」が設立され、小泉進次郎議院らが在籍しているが、ニシキゴイなどの鑑賞用魚の輸出額は40億超えとなっていて、大田区で行われた品評会にもアメリカなど各国から外国人が現れ、2億300万円のニシキゴイもここでは育てられていたが、会社の従業員にかつて5億円を横領された神行氏も現在は1000匹のニシキゴイを生産していた。

神行さんはニシキゴイについて生まれたときから祖父が育てていたと話していて、コンテストに参加するようになってからは10年なのだといい、大田区での品評会でも様々な賞を獲得しているのだという。

”国魚へ”新議連発足!! ニシキゴイの世界。


神和商事

ニシキゴイブームを受けて、自民党では新たに「錦鯉文化産業振興議員連盟」が設立され、小泉進次郎議院らが在籍しているが、ニシキゴイなどの鑑賞用魚の輸出額は40億超えとなっていて、大田区で行われた品評会にもアメリカなど各国から外国人が現れ、2億300万円のニシキゴイもここでは育てられていたが、会社の従業員にかつて5億円を横領された神行氏も現在は1000匹のニシキゴイを生産していた。


「錦鯉」に関連するイベント情報

ニシキゴイの品評会

ニシキゴイブームを受けて、自民党では新たに「錦鯉文化産業振興議員連盟」が設立され、小泉進次郎議院らが在籍しているが、ニシキゴイなどの鑑賞用魚の輸出額は40億超えとなっていて、大田区で行われた品評会にもアメリカなど各国から外国人が現れ、2億300万円のニシキゴイもここでは育てられていたが、会社の従業員にかつて5億円を横領された神行氏も現在は1000匹のニシキゴイを生産していた。


自民党本部

ニシキゴイブームを受けて、自民党では新たに「錦鯉文化産業振興議員連盟」が設立され、小泉進次郎議院らが在籍しているが、ニシキゴイなどの鑑賞用魚の輸出額は40億超えとなっていて、大田区で行われた品評会にもアメリカなど各国から外国人が現れ、2億300万円のニシキゴイもここでは育てられていたが、会社の従業員にかつて5億円を横領された神行氏も現在は1000匹のニシキゴイを生産していた。


錦鯉

『最強寒波 東京都心雪 いつ?』・『弁護士が語った文書の真相』等、今日のラインナップを紹介した。


「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

小泉進次郎らがニシキゴイ文化の振興に向けて議員連盟を立ち上げ、ニシキゴイを視察していた。議員連盟はクールジャパン戦略の一環としてニシキゴイの魅力を国内外に発信していく。


ニシキゴイ

世界でニシキゴイが流行していて、広島県三原市でのセリには1億などの声が上がっていた。ニシキゴイなどの輸出額は年々増加していて、アジアだけでなくアメリカなどからも恋を愛する人が集まっていた。そして、ニシキゴイの色は100を超える品種があるが、紅白・大正三色・昭和三色の御三家が人気となっていた。大田区の品評会に向かってみると、ベルギーなど26の国と地域から選りすぐりのニシキゴイが集結していて、優勝したニシキゴイは2億円300万円という値段となっていた。

会場では元谷の花として活躍した谷野泰章さんもやってきていた。ニシキゴイを3000匹飼っているといい、ニシキゴイを鑑賞してもらうために春華園盆栽美術館などの施設に寄付を行っていて、自ら飼育状況を確認しているのだという。谷野さんは視察中調子の悪いコイがいないかを見ていると話していた。

海外に渡ったニシキゴイを調べてみると、約250万円で24匹を購入した男性は自宅の池に買われたニシキゴイを観察していた。ドイツではニシキゴイの専門店がオープンしていたが、オランダにはCTスキャンなどを行えるコイのための医者まで生まれていた。外国人たちに話を聞くと新潟県小千谷市で購入を行なっているという声が多く、各地から外国人はやってくるのだといい、本国にニシキゴイを持ち帰るだけでなく、飼育を委託することも出来るのだという。そして、撮影を続けていると紅白の鯉を探していたタイ人の男性もいたが、鮮やかな昭和三色のコイを購入していて値段は1000万円となってい、後日仲間たちとともに泳ぐ姿も送られていたのだった。

ニシキゴイの魅力をクイズ形式で伝える。品評会で優勝した鯉の実物大模型を紹介。体長は101戦地、体重25キロ。2億300万円で落札されたという。品評会でチェックするポイントは大きさや模様のバランス、白色の映え方だという。クイズ。錦鯉の通は体のある部分を見るがそれはどこか?正解は尾びれだという。尾びれに模様があると全体のバランスが悪くなるという。

クイズ。品評会のニシキゴイでオスとメスどちらが多いか?正解はメス。メスのほうが色白でポッチャリしているからだという。ニシキゴイの平均寿命は金魚15年に対しニシキゴイは30年だという。最高齢は226歳。鯉の鱗には木と同じように年輪ができるため年齢が判定できるのだという。ニシキゴイが長生きするのには秘密があり、その1つが「〇〇をしない」だがそれは何?正解はケンカをしない。縄張り意識が少なくケンカにならないため傷がつかず長生きするのだという。 

ドイツのニシキゴイは”筋肉モリモリ”だというが、ドイツではニシキゴイに何をするのか?正解はボディビルダー並のプロテインを飲ませるだった。ニシキゴイの世界で神様と呼ばれる歌手は誰?正解は前川清さん。前川さんは前川紅白という種類までつくるほどのニシキゴイ愛好家だという。飼う人が増えているということもあり、水槽の大きさに合わせて小さな場所でもニシキゴイは飼えるという。見て楽しむ人達が行くのが伊勢シーパラダイス。鯉の目にハート模様があり、見ると恋愛運がアップすると言われ女性に人気だという。


「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

世界でニシキゴイが流行していて、広島県三原市でのセリには1億などの声が上がっていた。ニシキゴイなどの輸出額は年々増加していて、アジアだけでなくアメリカなどからも恋を愛する人が集まっていた。そして、ニシキゴイの色は100を超える品種があるが、紅白・大正三色・昭和三色の御三家が人気となっていた。大田区の品評会に向かってみると、ベルギーなど26の国と地域から選りすぐりのニシキゴイが集結していて、優勝したニシキゴイは2億円300万円という値段となっていた。


「錦鯉」に関連するグルメ情報

錦鯉 KOI

ニシキゴイは人気のため「KOI」という単語で共通言語となっている。またヨーロッパでは贈答用として錦鯉という銘の錦鯉柄ボトルの日本酒が人気で、今映画で話題のフレディ・マーキュリーは日本庭園で錦鯉を飼っていたという。


ニシキゴイ

東京で今月1日、全日本総合錦鯉品評会が行われた。世界中から2000匹を超えるニシキゴイがエントリーし、風格や美しさを競ったという。ニシキゴイは現在海外で大人気となっている。250匹を買い付ける愛好家やオランダにはニシキゴイの専門医も登場しているという。また一匹1億円以上で購入する人物もいるという。ニシキゴイの人気の理由をリサーチした。

海外でニシキゴイが流行っており、先週日本でニシキゴイのW杯が行われた。全日本総合錦鯉品評会という催しで世界26の国と地域から2006匹のニシキゴイが参加し、出品者665人中半数以上は海外のオーナーだという。大会総合優勝を飾ったニシキゴイの映像が流れ、鱗の色、ツヤ、模様の美しさが評価されたという。名前はSレジェンドで現在9歳とのこと。また大きさが優勝の決め手で1メートル1センチ体重25キロあり標準的な鯉は30センチから40センチくらいだという。このニシキゴイは去年中国のオーナーがオークションで競り落とし、価格は2億300万円だったという。また日本で生まれ育ったのだと語られた。

ニシキゴイは人気のため「KOI」という単語で共通言語となっている。またヨーロッパでは贈答用として錦鯉という銘の錦鯉柄ボトルの日本酒が人気で、今映画で話題のフレディ・マーキュリーは日本庭園で錦鯉を飼っていたという。

レディー・ガガさんもけがをした際ニシキゴイを鑑賞して療養していたという。2000年頃からネット通販の拡大があり、それからニシキゴイの販売数は右肩上がりで増えているという。

特にニシキゴイの購入は香港、オランダ、ドイツに多く阪井養魚場の阪井さんは欧米などではガーデニングで池を作る家庭が多くまるでペットのように飼っているという。オランダにはニシキゴイ専門の医者もいてエコー検査をしたりレントゲンやCT検査を行ない外科手術もするという。

東南アジアの富裕層では美しく育てるのが流行っているという。日本では今ニシキゴイを国魚にしようという動きが出ているという。

麻生氏、二階氏、小泉進次郎氏ら有志が立ち上がり7日に錦鯉文化産業行進議員連盟という組織を設立しようと動きが出ているという。一方で国魚が売買されているというのは違和感があるという意見が延べられた。