ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「錦鯉」の検索結果

「錦鯉」に関連する情報 836件中 71〜80件目

「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

東京で今月1日、全日本総合錦鯉品評会が行われた。世界中から2000匹を超えるニシキゴイがエントリーし、風格や美しさを競ったという。ニシキゴイは現在海外で大人気となっている。250匹を買い付ける愛好家やオランダにはニシキゴイの専門医も登場しているという。また一匹1億円以上で購入する人物もいるという。ニシキゴイの人気の理由をリサーチした。

海外でニシキゴイが流行っており、先週日本でニシキゴイのW杯が行われた。全日本総合錦鯉品評会という催しで世界26の国と地域から2006匹のニシキゴイが参加し、出品者665人中半数以上は海外のオーナーだという。大会総合優勝を飾ったニシキゴイの映像が流れ、鱗の色、ツヤ、模様の美しさが評価されたという。名前はSレジェンドで現在9歳とのこと。また大きさが優勝の決め手で1メートル1センチ体重25キロあり標準的な鯉は30センチから40センチくらいだという。このニシキゴイは去年中国のオーナーがオークションで競り落とし、価格は2億300万円だったという。また日本で生まれ育ったのだと語られた。


「錦鯉」に関連するイベント情報

W杯

東京で今月1日、全日本総合錦鯉品評会が行われた。世界中から2000匹を超えるニシキゴイがエントリーし、風格や美しさを競ったという。ニシキゴイは現在海外で大人気となっている。250匹を買い付ける愛好家やオランダにはニシキゴイの専門医も登場しているという。また一匹1億円以上で購入する人物もいるという。ニシキゴイの人気の理由をリサーチした。

海外でニシキゴイが流行っており、先週日本でニシキゴイのW杯が行われた。全日本総合錦鯉品評会という催しで世界26の国と地域から2006匹のニシキゴイが参加し、出品者665人中半数以上は海外のオーナーだという。大会総合優勝を飾ったニシキゴイの映像が流れ、鱗の色、ツヤ、模様の美しさが評価されたという。名前はSレジェンドで現在9歳とのこと。また大きさが優勝の決め手で1メートル1センチ体重25キロあり標準的な鯉は30センチから40センチくらいだという。このニシキゴイは去年中国のオーナーがオークションで競り落とし、価格は2億300万円だったという。また日本で生まれ育ったのだと語られた。


アメンボ

水抜きを行い池の清掃を開始。池は藻に覆われていたが生物として錦鯉を早速発見し、浜口京子が悪戦苦闘し捕獲。さらにアメリカザリガニが214匹の大漁捕獲。他にも巨大なモツゴを保護した。


モツゴ

水抜きを行い池の清掃を開始。池は藻に覆われていたが生物として錦鯉を早速発見し、浜口京子が悪戦苦闘し捕獲。さらにアメリカザリガニが214匹の大漁捕獲。他にも巨大なモツゴを保護した。


アメリカザリガニ

水抜きを行い池の清掃を開始。池は藻に覆われていたが生物として錦鯉を早速発見し、浜口京子が悪戦苦闘し捕獲。さらにアメリカザリガニが214匹の大漁捕獲。他にも巨大なモツゴを保護した。


錦鯉

水抜きを行い池の清掃を開始。池は藻に覆われていたが生物として錦鯉を早速発見し、浜口京子が悪戦苦闘し捕獲。さらにアメリカザリガニが214匹の大漁捕獲。他にも巨大なモツゴを保護した。


浅草花やしき

田中がやってきたのは東京・浅草。浅草出身の浜口京子さんと合流し浅草を案内してもらった。そして、今回依頼された場所は「浅草花やしき」で支配人の諸井さんからヘドロが取り切れず綺麗にならないと相談しピカピカに蘇らせたいと依頼を受けた。手伝いに浅草おかみ会やアニマル浜口らが参戦した。

水抜きを行い池の清掃を開始。池は藻に覆われていたが生物として錦鯉を早速発見し、浜口京子が悪戦苦闘し捕獲。さらにアメリカザリガニが214匹の大漁捕獲。他にも巨大なモツゴを保護した。

すると東貴博さんがやってきた。東貴博さんも池の清掃に参加。藻は強力なジェットウォッシャーで一気に洗い流し綺麗にした。そして、2日後は水が戻された池を確認する。


ニシキゴイ

ニシキゴイのW杯といわれる「全日本総合錦鯉品評会」が今日都内で開かれた。色合いなどが審査され、総合優勝は紅白の模様が美しい大物だった。


「錦鯉」に関連するイベント情報

全日本総合錦鯉品評会

ニシキゴイのW杯といわれる「全日本総合錦鯉品評会」が今日都内で開かれた。色合いなどが審査され、総合優勝は紅白の模様が美しい大物だった。