ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「閉店キャンペーン」の検索結果

「閉店キャンペーン」に関連する情報 51件中 1〜10件目

「閉店キャンペーン」に関連するイベント情報

Amazonギフト券100億円還元閉店キャンペーン

一方で国に対して強気の姿勢を貫いてきた大阪府泉佐野市は過去には100億円還元キャンペーンとして、返礼品に加え寄付額の最大20%分のアマゾンギフト券をプレゼントするとして物議になり、総務省から何度も注意を受けていた。そして昨日、泉佐野市のホームページで300億円限定キャンペーンを実施。寄付額の最大30%がアマゾンギフト券で返ってくるとのこと。また、制度への問題提起なのか、「これでいいのかふるさと納税」の文字が。さらに泉佐野市の地場産品に限るとタオルのみとなってしまう。また、「地場産品が豊富な自治体とそうでない自治体との差を生む総務省の基準には問題が多くある」と新制度を批判する言葉も。総務省は除外された4つの自治体について少なくとも今後1年4ヶ月は再指定することはないとしている。


「閉店キャンペーン」に関連するイベント情報

Amazonギフト券100億円還元閉店キャンペーン

ふるさと納税問題について、小倉さんは総務省はこのような事になる前に止めるべきだったのではないかと述べ、ふるさとを応援しない形になってしまっていると述べた。また、地方税法の改正によって返礼品は寄付金の3割以下の地場産品に限られ、経費率は5割以下となり、総務省が指定した自治体のみが参加可能という形となった。一方で阿部さんは地場産品であることがルールなのでと話していて、実際に1200以上の返礼品の内半数以上が対象外の商品となっていた。グローバーさんは寄付としては機能せず、泉佐野市側は資金を集めることを政策としているため、考えが離れてしまい、得する方法として行ってしまったと話していた。また、新ふるさと納税制度に対して、東京以外の自治体は全て参加を希望していて、総務省は去年11月以降の実績で5月中旬までに指定を行うかを判断するとしている。


「閉店キャンペーン」に関連するイベント情報

100億円還元閉店キャンペーン!

この総務省の対策について、泉佐野市は問題点がいくつもあると主張していて、地場産品については持つものと持たざる者で格差が生まれていると述べ、総務省の恣意的な解釈で参加できる自治体を選ぶこともできるようになり総務省の顔色を伺うことにもなると述べた。この主張に対しては賛成の声をあげる自治体もあった。一方の総務省側は他に迷惑をかけずに制度運用をしてくれる自治体を応援する制度なので、そういう自治体を選ばないと制度自体が健全に回らないと述べた。


「閉店キャンペーン」に関連するイベント情報

Amazonギフト券100億円還元閉店キャンペーン

総務省は昨日、全国の自治体に6月から始まる新たなふるさと納税制度について説明した。対象となる自治体に選定にあたっては、去年11月以降の寄付金の集め方が適正だったかを判断材料のひとつにする方針。国の求めに反してキャンペーンで多額の寄付を得ていた泉佐野市は制度対象外となる可能性が高い。対象外となった自治体への寄付は、6月1日以降税の優遇が受けられない。


「閉店キャンペーン」に関連するイベント情報

100億円還元閉店キャンペーン

昨年度約296万人がふるさと納税による寄付を行い、その額は約3481億円で前年度の1.3倍以上である。中でも大阪・泉佐野市では今年度のふるさと納税の寄付額が360億円に達するとの見通しを明らかにした。これは昨年度全国トップになった135億円の約2.7倍にあたる。泉佐野市では返礼品に加え最大寄付額の20%のアマゾンギフト券を付けるキャンペーンを実施した。政府はふるさと納税返礼品の高額化競争に歯止めを掛けるため、調達価格は3割以下の地場産品に限定する通達を再三に渡り出してきた。今月8日には違反自治体に寄付しても6月以降に優遇税を受けられなくする法案が閣議決定された。泉佐野市の返礼品には市外の名産品が含まれ「寄付額の3割以下」にも抵触し総務省から指摘された。


アマゾンギフト券

きょう都内にあるふるさと納税の相談窓口には見に来ている方は多かった。加熱するふるさと納税の返礼品競争を食い止めるため、国は法律を改正し6月以降返礼品は寄付額の3割までなどのルールを守らない自治体を制度の対象から外す方針。このため6月を過ぎるとオトクな返礼品が無くなってしまうのではという思いが広がり駆け込み利用が増えていた。即座に反応したのが大阪の泉佐野市、今月から100億円還元閉店キャンペーンと銘打ち、一部条件を満たせば返礼品に加えネット通販サイトアマゾンのギフト券を寄付額の最大20%プレゼントし、駆け込み需要などに答えたいとしている。泉佐野市は2017年度に全国一となる135億円の寄付を集めた一方、高額な返礼品を巡り総務省との対立が続いている。ギフト券プレゼントを巡っても、総務大臣は「身勝手な考えでふるさと納税の根幹を揺るがす」としている。泉佐野市は「プレゼントのため該当していない」とした。

泉佐野市がふるさと納税にこだわる理由について。その一つがふるさと納税を活用した小中学校のプールの新設。泉佐野市に限った話ではなく、返礼品と引き換えに集めた寄付金は重要な財源になっていた。静岡県小山町では来年度から幼少中学校の給食費が無料になる。保護者らは「助かる」と話した。小山町は返戻率の高いアマゾンギフト券を返礼品にし、去年末までに249億円の寄付が殺到し、総務大臣が批判していたが町長は「小山町は小山町の道を歩む、地域間競争」とした。岡山県瀬戸内市では鎌倉時代に地元でつくられ上杉謙信の愛刀の国宝山鳥毛の購入に必要な6億円をふるさと納税などで集めようとしたが失敗、不足する4億円を市民の税金で賄うこととなり反対運動が巻き起こっている。ふるさと納税の巡り入り乱れるそれぞれの思い、本来の姿に戻したい国と重要な収入源として期待を寄せる自治体。


「閉店キャンペーン」に関連するイベント情報

100億円還元閉店キャンペーン

きょう都内にあるふるさと納税の相談窓口には見に来ている方は多かった。加熱するふるさと納税の返礼品競争を食い止めるため、国は法律を改正し6月以降返礼品は寄付額の3割までなどのルールを守らない自治体を制度の対象から外す方針。このため6月を過ぎるとオトクな返礼品が無くなってしまうのではという思いが広がり駆け込み利用が増えていた。即座に反応したのが大阪の泉佐野市、今月から100億円還元閉店キャンペーンと銘打ち、一部条件を満たせば返礼品に加えネット通販サイトアマゾンのギフト券を寄付額の最大20%プレゼントし、駆け込み需要などに答えたいとしている。泉佐野市は2017年度に全国一となる135億円の寄付を集めた一方、高額な返礼品を巡り総務省との対立が続いている。ギフト券プレゼントを巡っても、総務大臣は「身勝手な考えでふるさと納税の根幹を揺るがす」としている。泉佐野市は「プレゼントのため該当していない」とした。

泉佐野市がふるさと納税にこだわる理由について。その一つがふるさと納税を活用した小中学校のプールの新設。泉佐野市に限った話ではなく、返礼品と引き換えに集めた寄付金は重要な財源になっていた。静岡県小山町では来年度から幼少中学校の給食費が無料になる。保護者らは「助かる」と話した。小山町は返戻率の高いアマゾンギフト券を返礼品にし、去年末までに249億円の寄付が殺到し、総務大臣が批判していたが町長は「小山町は小山町の道を歩む、地域間競争」とした。岡山県瀬戸内市では鎌倉時代に地元でつくられ上杉謙信の愛刀の国宝山鳥毛の購入に必要な6億円をふるさと納税などで集めようとしたが失敗、不足する4億円を市民の税金で賄うこととなり反対運動が巻き起こっている。ふるさと納税の巡り入り乱れるそれぞれの思い、本来の姿に戻したい国と重要な収入源として期待を寄せる自治体。


泉佐野市

きょう都内にあるふるさと納税の相談窓口には見に来ている方は多かった。加熱するふるさと納税の返礼品競争を食い止めるため、国は法律を改正し6月以降返礼品は寄付額の3割までなどのルールを守らない自治体を制度の対象から外す方針。このため6月を過ぎるとオトクな返礼品が無くなってしまうのではという思いが広がり駆け込み利用が増えていた。即座に反応したのが大阪の泉佐野市、今月から100億円還元閉店キャンペーンと銘打ち、一部条件を満たせば返礼品に加えネット通販サイトアマゾンのギフト券を寄付額の最大20%プレゼントし、駆け込み需要などに答えたいとしている。泉佐野市は2017年度に全国一となる135億円の寄付を集めた一方、高額な返礼品を巡り総務省との対立が続いている。ギフト券プレゼントを巡っても、総務大臣は「身勝手な考えでふるさと納税の根幹を揺るがす」としている。泉佐野市は「プレゼントのため該当していない」とした。

泉佐野市がふるさと納税にこだわる理由について。その一つがふるさと納税を活用した小中学校のプールの新設。泉佐野市に限った話ではなく、返礼品と引き換えに集めた寄付金は重要な財源になっていた。静岡県小山町では来年度から幼少中学校の給食費が無料になる。保護者らは「助かる」と話した。小山町は返戻率の高いアマゾンギフト券を返礼品にし、去年末までに249億円の寄付が殺到し、総務大臣が批判していたが町長は「小山町は小山町の道を歩む、地域間競争」とした。岡山県瀬戸内市では鎌倉時代に地元でつくられ上杉謙信の愛刀の国宝山鳥毛の購入に必要な6億円をふるさと納税などで集めようとしたが失敗、不足する4億円を市民の税金で賄うこととなり反対運動が巻き起こっている。ふるさと納税の巡り入り乱れるそれぞれの思い、本来の姿に戻したい国と重要な収入源として期待を寄せる自治体。


ふるさとチョイスCafe

きょう都内にあるふるさと納税の相談窓口には見に来ている方は多かった。加熱するふるさと納税の返礼品競争を食い止めるため、国は法律を改正し6月以降返礼品は寄付額の3割までなどのルールを守らない自治体を制度の対象から外す方針。このため6月を過ぎるとオトクな返礼品が無くなってしまうのではという思いが広がり駆け込み利用が増えていた。即座に反応したのが大阪の泉佐野市、今月から100億円還元閉店キャンペーンと銘打ち、一部条件を満たせば返礼品に加えネット通販サイトアマゾンのギフト券を寄付額の最大20%プレゼントし、駆け込み需要などに答えたいとしている。泉佐野市は2017年度に全国一となる135億円の寄付を集めた一方、高額な返礼品を巡り総務省との対立が続いている。ギフト券プレゼントを巡っても、総務大臣は「身勝手な考えでふるさと納税の根幹を揺るがす」としている。泉佐野市は「プレゼントのため該当していない」とした。

泉佐野市がふるさと納税にこだわる理由について。その一つがふるさと納税を活用した小中学校のプールの新設。泉佐野市に限った話ではなく、返礼品と引き換えに集めた寄付金は重要な財源になっていた。静岡県小山町では来年度から幼少中学校の給食費が無料になる。保護者らは「助かる」と話した。小山町は返戻率の高いアマゾンギフト券を返礼品にし、去年末までに249億円の寄付が殺到し、総務大臣が批判していたが町長は「小山町は小山町の道を歩む、地域間競争」とした。岡山県瀬戸内市では鎌倉時代に地元でつくられ上杉謙信の愛刀の国宝山鳥毛の購入に必要な6億円をふるさと納税などで集めようとしたが失敗、不足する4億円を市民の税金で賄うこととなり反対運動が巻き起こっている。ふるさと納税の巡り入り乱れるそれぞれの思い、本来の姿に戻したい国と重要な収入源として期待を寄せる自治体。


泉佐野市 ホームページ

100億円還元閉店キャンペーンを発表した泉佐野市はAmazonギフト券はあくまでプレゼントだとしている。それに対して総務省は自分のところだけ良ければ他の自治体への影響は関係ないという身勝手な考え、一日も早く是正して頂きたいとしている。泉佐野市は身勝手さを示しているのは総務省の方だと真っ向から反論している。ふるさと納税は元々応援したい自治体に寄付できるもの。趣旨の根本にあるものは税金の一部を納税者の意思で使いみちが決められるというものだったが今は何が返礼品として貰えるかという風になっている。国は地方税法改正案を国会へ提出。6月以降守らない自治体は対象から除外するという。泉佐野市としては現行のルールの中でやってきたので違法ではない。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (51)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (19)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (32)