ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「関学大」の検索結果

「関学大」に関連する情報 910件中 1〜10件目

関西学院大学

去年5月に日本大学アメフト部の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをした問題で、関学大側は前監督と前コーチを刑事告訴していた。その後の調べで、警視庁は2人について「相手選手にケガをさせるよう指示などはしていない」と判断し、嫌疑はなかったとする書類をきのう東京地検立川支部に送付した。一方、選手については傷害の疑いで書類送検した。既に示談が成立していることなどから、検察は刑事処分を慎重に検討するとみられる。


日本大学

去年5月に日本大学アメフト部の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをした問題で、関学大側は前監督と前コーチを刑事告訴していた。その後の調べで、警視庁は2人について「相手選手にケガをさせるよう指示などはしていない」と判断し、嫌疑はなかったとする書類をきのう東京地検立川支部に送付した。一方、選手については傷害の疑いで書類送検した。既に示談が成立していることなどから、検察は刑事処分を慎重に検討するとみられる。


関西学院大学

日本大学アメフト部の選手による関西学院大学の選手への悪質タックル問題で警視庁は、当時の監督とコーチについて相手選手にけがをさせる指示などはしていないとする捜査結果を東京地検立川支部に送った。関学大選手側は前監督とコーチを刑事告訴していた。一方警視庁は選手については傷害の疑いで書類送検した。関学大選手側は寛大な処分を求めている。


日本大学

日本大学アメフト部の選手による関西学院大学の選手への悪質タックル問題で警視庁は、当時の監督とコーチについて相手選手にけがをさせる指示などはしていないとする捜査結果を東京地検立川支部に送った。関学大選手側は前監督とコーチを刑事告訴していた。一方警視庁は選手については傷害の疑いで書類送検した。関学大選手側は寛大な処分を求めている。

日本大学アメフト部の選手による悪質タックル問題を解説。第三者委員会は前監督とコーチのやりとりなどから反則行為を了解したと考えていた。警視庁は選手の聞き間違えたなどの証言から事前の指示了解はなかったと判断した。今後はコミュニケーションが十分だったのかという点が課題となる。


関西学院大学

日本大学アメフト部の選手による悪質タックル問題で、警視庁は当時の監督とコーチについて、ケガをさせる指示などはしていないという捜査結果を東京地検立川支部に送る方針を固めたことがわかった。悪質タックルを受けた関学大選手側は前監督とコーチを刑事告訴していた。一方警視庁は選手については傷害の疑いで書類送検する方針。


日本大学

日本大学アメフト部の選手による悪質タックル問題で、警視庁は当時の監督とコーチについて、ケガをさせる指示などはしていないという捜査結果を東京地検立川支部に送る方針を固めたことがわかった。悪質タックルを受けた関学大選手側は前監督とコーチを刑事告訴していた。一方警視庁は選手については傷害の疑いで書類送検する方針。


関西学院大学

去年5月、日大アメフト部の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをした問題で、関学大選手側は前監督と前コーチを刑事告訴。警視庁は2人が相手選手にケガをさせるよう指示などはしていないと判断し、起訴を求めない意見をつけた書類を近く東京地検立川支部に送る方針を固めた。一方、警視庁は選手については傷害の疑いで書類送検する方針。関学大選手側が選手について寛大な処分を求めていることから、検察は刑事処分を慎重に検討するとみられる。


日大

去年5月、日大アメフト部の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをした問題で、関学大選手側は前監督と前コーチを刑事告訴。警視庁は2人が相手選手にケガをさせるよう指示などはしていないと判断し、起訴を求めない意見をつけた書類を近く東京地検立川支部に送る方針を固めた。一方、警視庁は選手については傷害の疑いで書類送検する方針。関学大選手側が選手について寛大な処分を求めていることから、検察は刑事処分を慎重に検討するとみられる。


関西学院大学

去年5月、日大アメフト部の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをした問題で、関学大選手側は前監督と前コーチを刑事告訴。警視庁は2人が相手選手にケガをさせるよう指示などはしていないと判断し、起訴を求めない意見をつけた書類を近く東京地検立川支部に送る方針を固めた。一方、警視庁は選手については傷害の疑いで書類送検する方針。関学大選手側が選手について寛大な処分を求めていることから、検察は刑事処分を慎重に検討するとみられる。


日大

去年5月、日大アメフト部の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをした問題で、関学大選手側は前監督と前コーチを刑事告訴。警視庁は2人が相手選手にケガをさせるよう指示などはしていないと判断し、起訴を求めない意見をつけた書類を近く東京地検立川支部に送る方針を固めた。一方、警視庁は選手については傷害の疑いで書類送検する方針。関学大選手側が選手について寛大な処分を求めていることから、検察は刑事処分を慎重に検討するとみられる。