ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「関帝誕」の検索結果

「関帝誕」に関連する情報 7件中 1〜7件目

「関帝誕」に関連するイベント情報

関帝誕

4年前の副都心線開通によって、埼玉方面から横浜中華街まで直通となり海外からの観光客も合わせ、年間3600万人以上が訪れる。「横浜中華街旅グルメきっぷ」は東急線1日乗車券とみなとみらい線の1日乗車券、さらに中華街の8店舗のお食事券がついて大人2500円、こども1500円のお得なきっぷ。更にシーバスに乗る際、きっぷを見せると乗船料が1割引きになる。「梅蘭 金閣」ではお食事券で梅蘭焼きそば、フカヒレスープ、点心4種、デザートがついたセットが食べられる。子供用にはケチャップ炒飯、コーンスープ、唐揚げ、揚げワンタン、春巻、デザートのセットもある。「重慶飯店 別館」ではお食事券で中国系と台湾系の豆板醤をブレンドした看板メニューの麻婆豆腐、金華ハムの粉末を使用した炒飯、バンバンジー、イカのオイスター炒め、春巻き、コーンスープ、杏仁豆腐のセットが食べられる。「三和楼」ではお食事券で気仙沼産の最高級フカヒレを使ったフカヒレの姿煮込みとデザートが食べられる。フカヒレの姿煮込みは単品では2100円で売っているという。


横浜中華街

横浜中華街で取材班に迫ってきたのはクリ売りの客引きだ。またこのような路上勧誘はここでは日常茶飯事だ。また彼らの多くが新華僑(ニューチャイナ)と呼ばれる人達だ。しかし客引き行為は商店会のルール違反だ。そして横浜中華街は江戸時代から150年以上の歴史があり、ここには中国出身者が3000人ほど暮らしている。横浜中華街発展会協同組合元理事の林兼正さんが話した。また林さんは戦前から代々中華レストランを経営しこのような人は老華僑(オールドチャイナ)といい、主力となっている。さらにオールドチャイナは良質な食材を使うのに対し、ニューチャイナは質を落とし薄利多売だという。これはオールドチャイナが経営する均元樓でも当てはまり、この店では食材の産地の明示は必ず心がけているなど良質な食材を使っていると段孝宗さんが話した。

この20年横浜中華街は大きな変貌を遂げた。15年前までは有名な高級店が立ち並ぶ伝統的な店舗が中心だった。そしてオールドチャイナたちは資金を出しあい24時間営業の駐車場や公衆トイレ、電線の埋設化など観光客のために自ら資金を出してきた。しかしニューチャイナたちはこうした商店会に加入するのは一部のみで利益だけを受けている形だ。また先月31日に行われた関帝誕でもオールドチャイナたちは街の清掃活動を行っていたが、ニューチャイナたちは客引きなどのマナー違反を行っていた。


「関帝誕」に関連するイベント情報

関帝誕

横浜中華街で取材班に迫ってきたのはクリ売りの客引きだ。またこのような路上勧誘はここでは日常茶飯事だ。また彼らの多くが新華僑(ニューチャイナ)と呼ばれる人達だ。しかし客引き行為は商店会のルール違反だ。そして横浜中華街は江戸時代から150年以上の歴史があり、ここには中国出身者が3000人ほど暮らしている。横浜中華街発展会協同組合元理事の林兼正さんが話した。また林さんは戦前から代々中華レストランを経営しこのような人は老華僑(オールドチャイナ)といい、主力となっている。さらにオールドチャイナは良質な食材を使うのに対し、ニューチャイナは質を落とし薄利多売だという。これはオールドチャイナが経営する均元樓でも当てはまり、この店では食材の産地の明示は必ず心がけているなど良質な食材を使っていると段孝宗さんが話した。

この20年横浜中華街は大きな変貌を遂げた。15年前までは有名な高級店が立ち並ぶ伝統的な店舗が中心だった。そしてオールドチャイナたちは資金を出しあい24時間営業の駐車場や公衆トイレ、電線の埋設化など観光客のために自ら資金を出してきた。しかしニューチャイナたちはこうした商店会に加入するのは一部のみで利益だけを受けている形だ。また先月31日に行われた関帝誕でもオールドチャイナたちは街の清掃活動を行っていたが、ニューチャイナたちは客引きなどのマナー違反を行っていた。


横浜中華街

横浜中華街で取材班に迫ってきたのはクリ売りの客引きだ。またこのような路上勧誘はここでは日常茶飯事だ。また彼らの多くが新華僑(ニューチャイナ)と呼ばれる人達だ。しかし客引き行為は商店会のルール違反だ。そして横浜中華街は江戸時代から150年以上の歴史があり、ここには中国出身者が3000人ほど暮らしている。横浜中華街発展会協同組合元理事の林兼正さんが話した。また林さんは戦前から代々中華レストランを経営しこのような人は老華僑(オールドチャイナ)といい、主力となっている。さらにオールドチャイナは良質な食材を使うのに対し、ニューチャイナは質を落とし薄利多売だという。これはオールドチャイナが経営する均元樓でも当てはまり、この店では食材の産地の明示は必ず心がけているなど良質な食材を使っていると段孝宗さんが話した。

この20年横浜中華街は大きな変貌を遂げた。15年前までは有名な高級店が立ち並ぶ伝統的な店舗が中心だった。そしてオールドチャイナたちは資金を出しあい24時間営業の駐車場や公衆トイレ、電線の埋設化など観光客のために自ら資金を出してきた。しかしニューチャイナたちはこうした商店会に加入するのは一部のみで利益だけを受けている形だ。また先月31日に行われた関帝誕でもオールドチャイナたちは街の清掃活動を行っていたが、ニューチャイナたちは客引きなどのマナー違反を行っていた。


「関帝誕」に関連するレストラン・飲食店

均元楼

横浜中華街で取材班に迫ってきたのはクリ売りの客引きだ。またこのような路上勧誘はここでは日常茶飯事だ。また彼らの多くが新華僑(ニューチャイナ)と呼ばれる人達だ。しかし客引き行為は商店会のルール違反だ。そして横浜中華街は江戸時代から150年以上の歴史があり、ここには中国出身者が3000人ほど暮らしている。横浜中華街発展会協同組合元理事の林兼正さんが話した。また林さんは戦前から代々中華レストランを経営しこのような人は老華僑(オールドチャイナ)といい、主力となっている。さらにオールドチャイナは良質な食材を使うのに対し、ニューチャイナは質を落とし薄利多売だという。これはオールドチャイナが経営する均元樓でも当てはまり、この店では食材の産地の明示は必ず心がけているなど良質な食材を使っていると段孝宗さんが話した。

この20年横浜中華街は大きな変貌を遂げた。15年前までは有名な高級店が立ち並ぶ伝統的な店舗が中心だった。そしてオールドチャイナたちは資金を出しあい24時間営業の駐車場や公衆トイレ、電線の埋設化など観光客のために自ら資金を出してきた。しかしニューチャイナたちはこうした商店会に加入するのは一部のみで利益だけを受けている形だ。また先月31日に行われた関帝誕でもオールドチャイナたちは街の清掃活動を行っていたが、ニューチャイナたちは客引きなどのマナー違反を行っていた。


横浜中華街発展会協同組合

横浜中華街で取材班に迫ってきたのはクリ売りの客引きだ。またこのような路上勧誘はここでは日常茶飯事だ。また彼らの多くが新華僑(ニューチャイナ)と呼ばれる人達だ。しかし客引き行為は商店会のルール違反だ。そして横浜中華街は江戸時代から150年以上の歴史があり、ここには中国出身者が3000人ほど暮らしている。横浜中華街発展会協同組合元理事の林兼正さんが話した。また林さんは戦前から代々中華レストランを経営しこのような人は老華僑(オールドチャイナ)といい、主力となっている。さらにオールドチャイナは良質な食材を使うのに対し、ニューチャイナは質を落とし薄利多売だという。これはオールドチャイナが経営する均元樓でも当てはまり、この店では食材の産地の明示は必ず心がけているなど良質な食材を使っていると段孝宗さんが話した。

この20年横浜中華街は大きな変貌を遂げた。15年前までは有名な高級店が立ち並ぶ伝統的な店舗が中心だった。そしてオールドチャイナたちは資金を出しあい24時間営業の駐車場や公衆トイレ、電線の埋設化など観光客のために自ら資金を出してきた。しかしニューチャイナたちはこうした商店会に加入するのは一部のみで利益だけを受けている形だ。また先月31日に行われた関帝誕でもオールドチャイナたちは街の清掃活動を行っていたが、ニューチャイナたちは客引きなどのマナー違反を行っていた。


「関帝誕」に関連するイベント情報

関帝誕

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


検索結果の絞り込み