ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「香港オープン」の検索結果

「香港オープン」に関連する情報 169件中 1〜10件目

「香港オープン」に関連するイベント情報

香港オープン

4月25日に開催された世界選手権で張本智和は格下相手にまさかの敗退。会見で張本は「たった1回の負けが悔しくてたまらない」と語った。世界選手権から10日後、松岡修造の対談で「勝てるイメージが出来なかった、勝ったと同時に怖くなった」と本音を明かした。ワールドツアーグランドファイナルでは史上最年少で優勝を果たしたが、皮肉にもこの優勝が張本を苦しめたという。全日本選手権ではプレイが消極的になり準決勝敗退となった。これまでの試合を振り返り張本は「自分が負けるはずがないとずっと思ってた、負けを信じたくなかった。まともに戦って負けるより諦めた方が何も言われないと考えてしまった」と語った。原点に立ち返り再び卓球に取り組み始めた張本は今月の香港オープンで準決勝を果たした。張本は「松岡さんとお話させていただいてたくさんのことを感じて気持ちも楽になった。試合の中でプレッシャーをあまり考えずのびのびとプレーできている」などとコメントした。


「香港オープン」に関連するイベント情報

東京五輪

4月25日に開催された世界選手権で張本智和は格下相手にまさかの敗退。会見で張本は「たった1回の負けが悔しくてたまらない」と語った。世界選手権から10日後、松岡修造の対談で「勝てるイメージが出来なかった、勝ったと同時に怖くなった」と本音を明かした。ワールドツアーグランドファイナルでは史上最年少で優勝を果たしたが、皮肉にもこの優勝が張本を苦しめたという。全日本選手権ではプレイが消極的になり準決勝敗退となった。これまでの試合を振り返り張本は「自分が負けるはずがないとずっと思ってた、負けを信じたくなかった。まともに戦って負けるより諦めた方が何も言われないと考えてしまった」と語った。原点に立ち返り再び卓球に取り組み始めた張本は今月の香港オープンで準決勝を果たした。張本は「松岡さんとお話させていただいてたくさんのことを感じて気持ちも楽になった。試合の中でプレッシャーをあまり考えずのびのびとプレーできている」などとコメントした。


「香港オープン」に関連するイベント情報

全日本選手権

4月25日に開催された世界選手権で張本智和は格下相手にまさかの敗退。会見で張本は「たった1回の負けが悔しくてたまらない」と語った。世界選手権から10日後、松岡修造の対談で「勝てるイメージが出来なかった、勝ったと同時に怖くなった」と本音を明かした。ワールドツアーグランドファイナルでは史上最年少で優勝を果たしたが、皮肉にもこの優勝が張本を苦しめたという。全日本選手権ではプレイが消極的になり準決勝敗退となった。これまでの試合を振り返り張本は「自分が負けるはずがないとずっと思ってた、負けを信じたくなかった。まともに戦って負けるより諦めた方が何も言われないと考えてしまった」と語った。原点に立ち返り再び卓球に取り組み始めた張本は今月の香港オープンで準決勝を果たした。張本は「松岡さんとお話させていただいてたくさんのことを感じて気持ちも楽になった。試合の中でプレッシャーをあまり考えずのびのびとプレーできている」などとコメントした。


「香港オープン」に関連するイベント情報

ワールドツアーグランドファイナル

4月25日に開催された世界選手権で張本智和は格下相手にまさかの敗退。会見で張本は「たった1回の負けが悔しくてたまらない」と語った。世界選手権から10日後、松岡修造の対談で「勝てるイメージが出来なかった、勝ったと同時に怖くなった」と本音を明かした。ワールドツアーグランドファイナルでは史上最年少で優勝を果たしたが、皮肉にもこの優勝が張本を苦しめたという。全日本選手権ではプレイが消極的になり準決勝敗退となった。これまでの試合を振り返り張本は「自分が負けるはずがないとずっと思ってた、負けを信じたくなかった。まともに戦って負けるより諦めた方が何も言われないと考えてしまった」と語った。原点に立ち返り再び卓球に取り組み始めた張本は今月の香港オープンで準決勝を果たした。張本は「松岡さんとお話させていただいてたくさんのことを感じて気持ちも楽になった。試合の中でプレッシャーをあまり考えずのびのびとプレーできている」などとコメントした。


「香港オープン」に関連するイベント情報

世界選手権

4月25日に開催された世界選手権で張本智和は格下相手にまさかの敗退。会見で張本は「たった1回の負けが悔しくてたまらない」と語った。世界選手権から10日後、松岡修造の対談で「勝てるイメージが出来なかった、勝ったと同時に怖くなった」と本音を明かした。ワールドツアーグランドファイナルでは史上最年少で優勝を果たしたが、皮肉にもこの優勝が張本を苦しめたという。全日本選手権ではプレイが消極的になり準決勝敗退となった。これまでの試合を振り返り張本は「自分が負けるはずがないとずっと思ってた、負けを信じたくなかった。まともに戦って負けるより諦めた方が何も言われないと考えてしまった」と語った。原点に立ち返り再び卓球に取り組み始めた張本は今月の香港オープンで準決勝を果たした。張本は「松岡さんとお話させていただいてたくさんのことを感じて気持ちも楽になった。試合の中でプレッシャーをあまり考えずのびのびとプレーできている」などとコメントした。


「香港オープン」に関連するイベント情報

香港オープン

香港オープンで張本は林高遠と対決。第3ゲームで逆転するも、準優勝に終わった。


「香港オープン」に関連するイベント情報

卓球香港オープン

卓球香港オープン男子シングルス決勝に臨んだ、世界ランク4位の張本智和。相手は世界2位中国の林高遠。強烈なフォアハンドを放った張本。しかし相手は世界2位の強敵。最後は張本が一歩及ばす4-2で準優勝となった。

一方、女子シングルス決勝では、世界ランク7位伊藤美誠が、世界46位中国・王芸迪と対戦。ラリーを制した場面もみられたが、その後ミスが続いた結果4-0ストレート負け。こちらも準優勝となった。


「香港オープン」に関連するイベント情報

香港オープン

香港オープン決勝で張本智和が中国の林高遠と対戦した。第1ゲームで8ポイントを連取されて落とすが、第2ゲームは奪い返している。第3ゲームもフォアハンドなどで奪って逆転するが、その後は受け身のプレーとなってしまい4-2で破れて準決勝となった。

女子シングルスは準決勝で平野美宇・伊藤美誠の対決となり、フォアハンドなどで勢いに乗る伊藤選手が3ゲーム連取すると、平野選手も2ゲームを練習した。試合は4-2で伊藤選手が勝利している。


「香港オープン」に関連するイベント情報

香港オープン

張本智和(15)伊藤美誠(18) アベック優勝なるか。


「香港オープン」に関連するイベント情報

香港オープン

卓球香港オープン決勝。張本智和世界2位林高遠と対戦。1-1で迎えた第3ゲーム、世界トップクラスのバックハンドを見せるとその後ゲームを奪う。しかしその後バックハンドを封じられると3ゲーム連続で奪われ逆転負け。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (169)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD (1)
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (153)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (15)