ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「駅ビル医院 せんげん台」の検索結果

「駅ビル医院 せんげん台」に関連する情報 4件中 1〜4件目

駅ビル医院 せんげん台

政府は今日の臨時閣議で、70〜74歳の医療費の窓口負担を1割に据え置く特例措置継続を決定。医療制度改革関連法は医療費抑制のため2006年に成立したもので、伊藤惇夫氏は参議院選挙を乗り切りたいという思惑があると指摘した。越谷市の「駅ビル医院 せんげん台」で2割負担になった場合の影響について取材した。

この問題について政治家は2割負担にしなければならないということは認識しているとした上で具体的な引き上げ時期は言及しなかった。

スタジオで70〜74歳の医療費窓口負担のこれまでの経緯を説明。木村太郎はやるべきことはやると言った方が支持を得られると思うと述べた。


駅ビル医院 せんげん台

アトピー性皮膚炎というのは、幼児から小学生の子供に多くみられ、患者数は全国で約129万人に上り、非常に強いかゆみを伴う皮膚疾患で、一度発症すると長期にわたり症状が続くという。しかし、長期に渡り謎と言われていた原因が判明した。佐賀大学の教育関係者によると、ペリオスチンとタンパク質が結合することで炎症が悪化することが分かり、ペリオスチンを抑える物質を投与したマウスは、炎症を抑えられることが出来た。

駅ビル医院「せんげん台」では、アトピー性皮膚炎と診断されると、食事など生活環境の改善を呼びかけている。周東寛理事長は、今までのアトピーに対する治療は、ステロイドを塗るなどの対症療法、体質改善が主だという。この、アトピー性皮膚炎の原因解明が出来たことについて、患者は「早く使えるような薬になってほしい」と話している。研究チームによると、十数年後を目処に新薬の開発を目指すとしている。


佐賀大学

アトピー性皮膚炎というのは、幼児から小学生の子供に多くみられ、患者数は全国で約129万人に上り、非常に強いかゆみを伴う皮膚疾患で、一度発症すると長期にわたり症状が続くという。しかし、長期に渡り謎と言われていた原因が判明した。佐賀大学の教育関係者によると、ペリオスチンとタンパク質が結合することで炎症が悪化することが分かり、ペリオスチンを抑える物質を投与したマウスは、炎症を抑えられることが出来た。

駅ビル医院「せんげん台」では、アトピー性皮膚炎と診断されると、食事など生活環境の改善を呼びかけている。周東寛理事長は、今までのアトピーに対する治療は、ステロイドを塗るなどの対症療法、体質改善が主だという。この、アトピー性皮膚炎の原因解明が出来たことについて、患者は「早く使えるような薬になってほしい」と話している。研究チームによると、十数年後を目処に新薬の開発を目指すとしている。


駅ビル医院 せんげん台

寒波と乾燥の影響で風邪を引く人が続出しており、病院では長引く咳を訴える患者が多く見られた。医療関係者は、咳が長引く場合はマイコプラズマ肺炎の可能性もあると指摘する。都内の大型量販店では小型の加湿器が人気。(資料提供:学者)


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (4)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (4)