ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「髄膜脳炎」の検索結果

「髄膜脳炎」に関連する情報 41件中 1〜10件目

ジャンボタニシ

今月2日、オーストラリアで8年にも及ぶ闘病生活を送っていた28歳の男性が死亡した。男性は8年前、屋外で友人らと酒を楽しんでいてふざけてナマクジを食べた数日後、足に激しい痛みなどがあったため病院に行くとナマクジに寄生していた「後広東住血線虫症」が原因と診断された。「広東住血線虫」は体内に入ると、激しい腹痛、神経のマヒなどの症状が出て、重篤な場合は後遺症や死亡することもある。男性は脳に寄生虫が入り込み髄膜炎を発症し、420日間昏睡状態になり、その後意識が戻るも脳に重い障害が残った。「広東住血線虫」の被害は日本でも起きており、2000年米軍基地内の小学校に通う女児が広東住血線虫による髄膜脳炎で死亡。国内では2001年以降去年までに20例の観戦報告がある。専門家によるとどこにでもいるナマクジ、カタツムリ、ジャンボタニシにも寄生している可能性がある。専門家は観戦を防ぐ方法として触らない。触ってしまったらすぐに手を洗う。野菜についていたら十分に洗う。火を通すことが重要とした。


カタツムリ

今月2日、オーストラリアで8年にも及ぶ闘病生活を送っていた28歳の男性が死亡した。男性は8年前、屋外で友人らと酒を楽しんでいてふざけてナマクジを食べた数日後、足に激しい痛みなどがあったため病院に行くとナマクジに寄生していた「後広東住血線虫症」が原因と診断された。「広東住血線虫」は体内に入ると、激しい腹痛、神経のマヒなどの症状が出て、重篤な場合は後遺症や死亡することもある。男性は脳に寄生虫が入り込み髄膜炎を発症し、420日間昏睡状態になり、その後意識が戻るも脳に重い障害が残った。「広東住血線虫」の被害は日本でも起きており、2000年米軍基地内の小学校に通う女児が広東住血線虫による髄膜脳炎で死亡。国内では2001年以降去年までに20例の観戦報告がある。専門家によるとどこにでもいるナマクジ、カタツムリ、ジャンボタニシにも寄生している可能性がある。専門家は観戦を防ぐ方法として触らない。触ってしまったらすぐに手を洗う。野菜についていたら十分に洗う。火を通すことが重要とした。


ナマクジ

今月2日、オーストラリアで8年にも及ぶ闘病生活を送っていた28歳の男性が死亡した。男性は8年前、屋外で友人らと酒を楽しんでいてふざけてナマクジを食べた数日後、足に激しい痛みなどがあったため病院に行くとナマクジに寄生していた「後広東住血線虫症」が原因と診断された。「広東住血線虫」は体内に入ると、激しい腹痛、神経のマヒなどの症状が出て、重篤な場合は後遺症や死亡することもある。男性は脳に寄生虫が入り込み髄膜炎を発症し、420日間昏睡状態になり、その後意識が戻るも脳に重い障害が残った。「広東住血線虫」の被害は日本でも起きており、2000年米軍基地内の小学校に通う女児が広東住血線虫による髄膜脳炎で死亡。国内では2001年以降去年までに20例の観戦報告がある。専門家によるとどこにでもいるナマクジ、カタツムリ、ジャンボタニシにも寄生している可能性がある。専門家は観戦を防ぐ方法として触らない。触ってしまったらすぐに手を洗う。野菜についていたら十分に洗う。火を通すことが重要とした。


琉球大学

今月2日、オーストラリアで8年にも及ぶ闘病生活を送っていた28歳の男性が死亡した。男性は8年前、屋外で友人らと酒を楽しんでいてふざけてナマクジを食べた数日後、足に激しい痛みなどがあったため病院に行くとナマクジに寄生していた「後広東住血線虫症」が原因と診断された。「広東住血線虫」は体内に入ると、激しい腹痛、神経のマヒなどの症状が出て、重篤な場合は後遺症や死亡することもある。男性は脳に寄生虫が入り込み髄膜炎を発症し、420日間昏睡状態になり、その後意識が戻るも脳に重い障害が残った。「広東住血線虫」の被害は日本でも起きており、2000年米軍基地内の小学校に通う女児が広東住血線虫による髄膜脳炎で死亡。国内では2001年以降去年までに20例の観戦報告がある。専門家によるとどこにでもいるナマクジ、カタツムリ、ジャンボタニシにも寄生している可能性がある。専門家は観戦を防ぐ方法として触らない。触ってしまったらすぐに手を洗う。野菜についていたら十分に洗う。火を通すことが重要とした。


髄膜脳炎

シドニーに住む男性は8年の闘病生活の末に28歳で亡くなった。男性を長い間苦しめたのは一匹のナメクジだった。8年前に屋外で友人らと酒を楽しんでいたところにナメクジが現れ男性がふざけて食べてしまったという。数日後体に異変が発生、現地メディアによれば足に激しい痛みと共に体に力が入らなくなったため病院に行くとナメクジに寄生していた広東住血線虫が原因と診断された。広東住血線虫はネズミの寄生虫でそのフンを食べたナメクジやカタツムリにも感染する。人体に入ると頭痛や神経麻痺などを引き起こし重篤な場合は後遺症や死の危険もありうる。寄生虫が脳に入り髄膜炎を引き起こした男性は420日間昏睡状態に、その後意識は戻ったものの脳に重い障害が残り24時間介護が必要となってしまったとのこと。日本国内でも2000年に沖縄県で広東住血線虫による髄膜脳炎で女児が死亡しており2001年〜去年まで全国では20例の感染報告がある。このような寄生虫への対策は宿主に触らないこと、触ってもすぐ手を洗うことだという。生野菜も畑で接触している可能性があるので十分に洗うことが大切とのことだ。


広東住血線虫

シドニーに住む男性は8年の闘病生活の末に28歳で亡くなった。男性を長い間苦しめたのは一匹のナメクジだった。8年前に屋外で友人らと酒を楽しんでいたところにナメクジが現れ男性がふざけて食べてしまったという。数日後体に異変が発生、現地メディアによれば足に激しい痛みと共に体に力が入らなくなったため病院に行くとナメクジに寄生していた広東住血線虫が原因と診断された。広東住血線虫はネズミの寄生虫でそのフンを食べたナメクジやカタツムリにも感染する。人体に入ると頭痛や神経麻痺などを引き起こし重篤な場合は後遺症や死の危険もありうる。寄生虫が脳に入り髄膜炎を引き起こした男性は420日間昏睡状態に、その後意識は戻ったものの脳に重い障害が残り24時間介護が必要となってしまったとのこと。日本国内でも2000年に沖縄県で広東住血線虫による髄膜脳炎で女児が死亡しており2001年〜去年まで全国では20例の感染報告がある。このような寄生虫への対策は宿主に触らないこと、触ってもすぐ手を洗うことだという。生野菜も畑で接触している可能性があるので十分に洗うことが大切とのことだ。


ナメクジ

シドニーに住む男性は8年の闘病生活の末に28歳で亡くなった。男性を長い間苦しめたのは一匹のナメクジだった。8年前に屋外で友人らと酒を楽しんでいたところにナメクジが現れ男性がふざけて食べてしまったという。数日後体に異変が発生、現地メディアによれば足に激しい痛みと共に体に力が入らなくなったため病院に行くとナメクジに寄生していた広東住血線虫が原因と診断された。広東住血線虫はネズミの寄生虫でそのフンを食べたナメクジやカタツムリにも感染する。人体に入ると頭痛や神経麻痺などを引き起こし重篤な場合は後遺症や死の危険もありうる。寄生虫が脳に入り髄膜炎を引き起こした男性は420日間昏睡状態に、その後意識は戻ったものの脳に重い障害が残り24時間介護が必要となってしまったとのこと。日本国内でも2000年に沖縄県で広東住血線虫による髄膜脳炎で女児が死亡しており2001年〜去年まで全国では20例の感染報告がある。このような寄生虫への対策は宿主に触らないこと、触ってもすぐ手を洗うことだという。生野菜も畑で接触している可能性があるので十分に洗うことが大切とのことだ。


琉球大学

シドニーに住む男性は8年の闘病生活の末に28歳で亡くなった。男性を長い間苦しめたのは一匹のナメクジだった。8年前に屋外で友人らと酒を楽しんでいたところにナメクジが現れ男性がふざけて食べてしまったという。数日後体に異変が発生、現地メディアによれば足に激しい痛みと共に体に力が入らなくなったため病院に行くとナメクジに寄生していた広東住血線虫が原因と診断された。広東住血線虫はネズミの寄生虫でそのフンを食べたナメクジやカタツムリにも感染する。人体に入ると頭痛や神経麻痺などを引き起こし重篤な場合は後遺症や死の危険もありうる。寄生虫が脳に入り髄膜炎を引き起こした男性は420日間昏睡状態に、その後意識は戻ったものの脳に重い障害が残り24時間介護が必要となってしまったとのこと。日本国内でも2000年に沖縄県で広東住血線虫による髄膜脳炎で女児が死亡しており2001年〜去年まで全国では20例の感染報告がある。このような寄生虫への対策は宿主に触らないこと、触ってもすぐ手を洗うことだという。生野菜も畑で接触している可能性があるので十分に洗うことが大切とのことだ。


嘉手納基地

シドニーに住む男性は8年の闘病生活の末に28歳で亡くなった。男性を長い間苦しめたのは一匹のナメクジだった。8年前に屋外で友人らと酒を楽しんでいたところにナメクジが現れ男性がふざけて食べてしまったという。数日後体に異変が発生、現地メディアによれば足に激しい痛みと共に体に力が入らなくなったため病院に行くとナメクジに寄生していた広東住血線虫が原因と診断された。広東住血線虫はネズミの寄生虫でそのフンを食べたナメクジやカタツムリにも感染する。人体に入ると頭痛や神経麻痺などを引き起こし重篤な場合は後遺症や死の危険もありうる。寄生虫が脳に入り髄膜炎を引き起こした男性は420日間昏睡状態に、その後意識は戻ったものの脳に重い障害が残り24時間介護が必要となってしまったとのこと。日本国内でも2000年に沖縄県で広東住血線虫による髄膜脳炎で女児が死亡しており2001年〜去年まで全国では20例の感染報告がある。このような寄生虫への対策は宿主に触らないこと、触ってもすぐ手を洗うことだという。生野菜も畑で接触している可能性があるので十分に洗うことが大切とのことだ。


Evening Standard

シドニーに住む男性は8年の闘病生活の末に28歳で亡くなった。男性を長い間苦しめたのは一匹のナメクジだった。8年前に屋外で友人らと酒を楽しんでいたところにナメクジが現れ男性がふざけて食べてしまったという。数日後体に異変が発生、現地メディアによれば足に激しい痛みと共に体に力が入らなくなったため病院に行くとナメクジに寄生していた広東住血線虫が原因と診断された。広東住血線虫はネズミの寄生虫でそのフンを食べたナメクジやカタツムリにも感染する。人体に入ると頭痛や神経麻痺などを引き起こし重篤な場合は後遺症や死の危険もありうる。寄生虫が脳に入り髄膜炎を引き起こした男性は420日間昏睡状態に、その後意識は戻ったものの脳に重い障害が残り24時間介護が必要となってしまったとのこと。日本国内でも2000年に沖縄県で広東住血線虫による髄膜脳炎で女児が死亡しており2001年〜去年まで全国では20例の感染報告がある。このような寄生虫への対策は宿主に触らないこと、触ってもすぐ手を洗うことだという。生野菜も畑で接触している可能性があるので十分に洗うことが大切とのことだ。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (41)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (3)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (38)