ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高島宏平」の検索結果

「高島宏平」に関連する情報 61件中 1〜10件目

東京大学大学院

オイシックス・ラ・大地・高島宏平社長のプロフィールを紹介。1998年に東京大学大学院を卒業後、マッキンゼーに入社。安くないのに大人気の理由は、野菜の名付け方だという。生キャラメルいも当初は売れず、何度も名前をを変えてヒットに至ったという。


オイシックス・ラ・大地

オイシックス・ラ・大地・高島宏平社長のプロフィールを紹介。1998年に東京大学大学院を卒業後、マッキンゼーに入社。安くないのに大人気の理由は、野菜の名付け方だという。生キャラメルいも当初は売れず、何度も名前をを変えてヒットに至ったという。

地方の激ウマ埋もれ野菜を紹介。千葉・香取市の農家ではメロン並みに甘いトマトが作られており、生産者の伊原努さんが農園を案内。一般的なトマトの糖度は約5度だが、伊原さんのトマトは10.1度だった。


Oisix

新越谷ヴェリアにある主に有機野菜を扱う「Oisix」の専門店を紹介。野菜があまりにも美味しいと昨年のオープン以来大盛況となっている。Oisixは食品をインターネットを使い注文、有機野菜を中心に果物や肉、加工食品まで取り揃えている。今夜はOisix社長を迎えて、その戦略を岸博幸が徹底解説する。

オイシックス・ラ・大地・高島宏平社長のプロフィールを紹介。1998年に東京大学大学院を卒業後、マッキンゼーに入社。安くないのに大人気の理由は、野菜の名付け方だという。生キャラメルいも当初は売れず、何度も名前をを変えてヒットに至ったという。

地方の激ウマ埋もれ野菜を紹介。千葉・香取市の農家ではメロン並みに甘いトマトが作られており、生産者の伊原努さんが農園を案内。一般的なトマトの糖度は約5度だが、伊原さんのトマトは10.1度だった。


「高島宏平」に関連するレストラン・飲食店

イシックス・ラ・大地 社長 高島宏平。キットオイシックスのメニューには「賛否両論」笠原将弘シェフが考案したものもある。高島は「調理を時短にすることが重要だと思っていたがメニューを考えるストレスの方が非常に大きい」と語った。やめそうな客を中心にヒアリングをしたところ、オイシックスは好きだけど野菜を無駄にしてしまうので続けられないという声が多く、そういう人に満足してもらうためにキットオイシックスを始めたと語った。高島は「潜在的なお客が言葉にならないことを感じるためにやっている」と語った。らでぃっしゅぼーやの「いろどりぱれっと」ではオカヒジキ・モロヘイヤ・白ナスなど珍しい野菜が届く。白ナスは苦味の成分が入っていないので甘みだけを感じられるという。

 (割烹・小料理)

「高島宏平」に関連するグルメ情報

「いろどり ぱれっと」おまかせ野菜の詰め合わせ

大地を守る会では新サービスの「まいにち野菜おかずセット」が人気。全ての野菜が使い切れるレシピ付き。利用者は「使い切れない負担がなくていい」と語った。らでぃっしゅぼーやの新サービスは「いろどり ぱれっと」おまかせ野菜の詰め合わせ。じゃがいも・たまねぎ・ニンジンを廃止し、珍しい野菜を提供している。利用者は珍しい野菜や届くことで新しいメニューに取り組むようになったという。食品通販ランキングではオイシックス・ラ・大地が1位となっている。

イシックス・ラ・大地 社長 高島宏平。キットオイシックスのメニューには「賛否両論」笠原将弘シェフが考案したものもある。高島は「調理を時短にすることが重要だと思っていたがメニューを考えるストレスの方が非常に大きい」と語った。やめそうな客を中心にヒアリングをしたところ、オイシックスは好きだけど野菜を無駄にしてしまうので続けられないという声が多く、そういう人に満足してもらうためにキットオイシックスを始めたと語った。高島は「潜在的なお客が言葉にならないことを感じるためにやっている」と語った。らでぃっしゅぼーやの「いろどりぱれっと」ではオカヒジキ・モロヘイヤ・白ナスなど珍しい野菜が届く。白ナスは苦味の成分が入っていないので甘みだけを感じられるという。


「高島宏平」に関連するグルメ情報

うますぎてこまっつ菜

高島宏平社長からOisixの商品の名前をつける依頼。名付けをするのは小松菜。生で食べる甘さがあり、茎がシャキシャキしていると解説。ギャル曽根とヒロミと児嶋一哉からの提案から「うますぎてこまっつな〜」に決定したと発表。


「高島宏平」に関連するグルメ情報

小松菜

高島宏平社長からOisixの商品の名前をつける依頼。名付けをするのは小松菜。生で食べる甘さがあり、茎がシャキシャキしていると解説。ギャル曽根とヒロミと児嶋一哉からの提案から「うますぎてこまっつな〜」に決定したと発表。


オイシックス・ラ・大地

高島宏平社長からOisixの商品の名前をつける依頼。名付けをするのは小松菜。生で食べる甘さがあり、茎がシャキシャキしていると解説。ギャル曽根とヒロミと児嶋一哉からの提案から「うますぎてこまっつな〜」に決定したと発表。


Oisix

Oisixバイヤーの仕事で「うしおな」が栽培されている場所は依頼を受けて新たな野菜を開発を提案している。スーパーに並んでいない野菜を求められるという。「うしおな」はもともと「ふだん草」という品種。塩味が潮汁とにているので「うしおな」と命名。月に1500〜3000パックの注文があるという。

スタジオでは簡単に食べられるものを開発していることで出会いを探すとコメント。アドバイスしていることはそれほどないが、売りたくて作っているより、農家が家庭で食べている野菜に注目が集まっていると高島宏平氏がコメント。またこれまでに農家・オブザイヤーといイベントで本当に美味しい農産物を決めるイベントで投票するのはお客さんが行うという。

農家・オブザイヤーのイベントに潜入。2018年度の最高金賞が決定する。金賞に選ばれると売り上げアップに繋がる。社長は最初は新年会だったが最初に1番を受賞した人の奥様が泣かれた。びっくりしてこれからしっかりして行おうとイベントが企画したという。最高金賞は「あめトマト」が受賞。「あめトマト」は「みつトマト」と二大巨塔だったと語る。富山県富山市婦中町に生産者を尋ねる。


「高島宏平」に関連するグルメ情報

さつまいも

オイシックス・ラ・大地・高島宏平社長のプロフィールを紹介。1998年に東京大学大学院を卒業後、マッキンゼーに入社。2000年に入社後退社し27歳でOisixを設立した。高島社長は起業するためにマッキンゼーに入社したことを明かした。一般的なスーパーで買えるきゅうりは1本約50円だがOisixでは3本298円で販売している。安くないのに大人気の理由は、野菜の名付け方だという。