ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高崎弁当」の検索結果

「高崎弁当」に関連する情報 59件中 1〜10件目

「高崎弁当」に関連するグルメ情報

朝がゆバイキング食べ放題

駅弁大会ではあまり手に入らない幻の駅弁にも出会う。初登場の「上州の朝がゆ」は駅では朝6時半からの限定販売でしか手に入らないとのこと。幻の駅弁に使われるのは群馬県産のひとめぼれ、大事なのは火に掛けた後蒸らす時間を取ることで米と水が良く馴染むとのこと。仕上げにしらすを入れお粥全体に旨味を行き渡らせるという。販売は朝6時半だが速い時には7時前に売り切れるという。他にも高崎弁当直営の「たかべん食堂」では「朝がゆバイキング食べ放題」を行っている。


「高崎弁当」に関連するレストラン・飲食店

たかべん食堂

駅弁大会ではあまり手に入らない幻の駅弁にも出会う。初登場の「上州の朝がゆ」は駅では朝6時半からの限定販売でしか手に入らないとのこと。幻の駅弁に使われるのは群馬県産のひとめぼれ、大事なのは火に掛けた後蒸らす時間を取ることで米と水が良く馴染むとのこと。仕上げにしらすを入れお粥全体に旨味を行き渡らせるという。販売は朝6時半だが速い時には7時前に売り切れるという。他にも高崎弁当直営の「たかべん食堂」では「朝がゆバイキング食べ放題」を行っている。


「高崎弁当」に関連するグルメ情報

ひとめぼれ

駅弁大会ではあまり手に入らない幻の駅弁にも出会う。初登場の「上州の朝がゆ」は駅では朝6時半からの限定販売でしか手に入らないとのこと。幻の駅弁に使われるのは群馬県産のひとめぼれ、大事なのは火に掛けた後蒸らす時間を取ることで米と水が良く馴染むとのこと。仕上げにしらすを入れお粥全体に旨味を行き渡らせるという。販売は朝6時半だが速い時には7時前に売り切れるという。他にも高崎弁当直営の「たかべん食堂」では「朝がゆバイキング食べ放題」を行っている。


高崎弁当

駅弁大会ではあまり手に入らない幻の駅弁にも出会う。初登場の「上州の朝がゆ」は駅では朝6時半からの限定販売でしか手に入らないとのこと。幻の駅弁に使われるのは群馬県産のひとめぼれ、大事なのは火に掛けた後蒸らす時間を取ることで米と水が良く馴染むとのこと。仕上げにしらすを入れお粥全体に旨味を行き渡らせるという。販売は朝6時半だが速い時には7時前に売り切れるという。他にも高崎弁当直営の「たかべん食堂」では「朝がゆバイキング食べ放題」を行っている。


高崎駅

駅弁大会ではあまり手に入らない幻の駅弁にも出会う。初登場の「上州の朝がゆ」は駅では朝6時半からの限定販売でしか手に入らないとのこと。幻の駅弁に使われるのは群馬県産のひとめぼれ、大事なのは火に掛けた後蒸らす時間を取ることで米と水が良く馴染むとのこと。仕上げにしらすを入れお粥全体に旨味を行き渡らせるという。販売は朝6時半だが速い時には7時前に売り切れるという。他にも高崎弁当直営の「たかべん食堂」では「朝がゆバイキング食べ放題」を行っている。


「高崎弁当」に関連するグルメ情報

上州の朝がゆ

駅弁大会ではあまり手に入らない幻の駅弁にも出会う。初登場の「上州の朝がゆ」は駅では朝6時半からの限定販売でしか手に入らないとのこと。幻の駅弁に使われるのは群馬県産のひとめぼれ、大事なのは火に掛けた後蒸らす時間を取ることで米と水が良く馴染むとのこと。仕上げにしらすを入れお粥全体に旨味を行き渡らせるという。販売は朝6時半だが速い時には7時前に売り切れるという。他にも高崎弁当直営の「たかべん食堂」では「朝がゆバイキング食べ放題」を行っている。


「高崎弁当」に関連するグルメ情報

鶏めし弁当

続いては昭和9年発売の「鶏めし弁当」である。群馬県高崎駅のロングセラー弁当である。鶏照り焼きと鶏そぼろの2つが楽しめる弁当を製造しているのは明治17年創業「高崎弁当」である。鶏の照り焼きはタレに漬け込んで焼いてから、もう一度タレに漬けて焼くという。2度焼くことにより、水分が抜かれ長時間たってもおいしく食べられるようになっているという。水分を抜く理由は、食中毒の原因菌を防止するためだという。現在のように保冷剤や冷蔵設備が十分に整っていなかった昭和時代でも、長時間持ち運ぶ駅弁の調理としてとして、火を通して水分を抜くことは欠かせなかったのだ。また、鶏そぼろは濃い味付けで煮た後、ふるいに2度かける。パウダー状になったそぼろは一晩寝かせ、濃いタレで再び煮ることで余計な水分を吸い付けないようにしている。これらの手法は先人たちの知恵を伝統として引き継いでいる。買ってすぐ食べない駅弁だからこそ考え抜かれた調理手法には、「いろんな鶏肉の味がしっかり染み込んで、飽きさせない味がしておいしい」という声があった。


高崎駅

続いては昭和9年発売の「鶏めし弁当」である。群馬県高崎駅のロングセラー弁当である。鶏照り焼きと鶏そぼろの2つが楽しめる弁当を製造しているのは明治17年創業「高崎弁当」である。鶏の照り焼きはタレに漬け込んで焼いてから、もう一度タレに漬けて焼くという。2度焼くことにより、水分が抜かれ長時間たってもおいしく食べられるようになっているという。水分を抜く理由は、食中毒の原因菌を防止するためだという。現在のように保冷剤や冷蔵設備が十分に整っていなかった昭和時代でも、長時間持ち運ぶ駅弁の調理としてとして、火を通して水分を抜くことは欠かせなかったのだ。また、鶏そぼろは濃い味付けで煮た後、ふるいに2度かける。パウダー状になったそぼろは一晩寝かせ、濃いタレで再び煮ることで余計な水分を吸い付けないようにしている。これらの手法は先人たちの知恵を伝統として引き継いでいる。買ってすぐ食べない駅弁だからこそ考え抜かれた調理手法には、「いろんな鶏肉の味がしっかり染み込んで、飽きさせない味がしておいしい」という声があった。


高崎弁当

続いては昭和9年発売の「鶏めし弁当」である。群馬県高崎駅のロングセラー弁当である。鶏照り焼きと鶏そぼろの2つが楽しめる弁当を製造しているのは明治17年創業「高崎弁当」である。鶏の照り焼きはタレに漬け込んで焼いてから、もう一度タレに漬けて焼くという。2度焼くことにより、水分が抜かれ長時間たってもおいしく食べられるようになっているという。水分を抜く理由は、食中毒の原因菌を防止するためだという。現在のように保冷剤や冷蔵設備が十分に整っていなかった昭和時代でも、長時間持ち運ぶ駅弁の調理としてとして、火を通して水分を抜くことは欠かせなかったのだ。また、鶏そぼろは濃い味付けで煮た後、ふるいに2度かける。パウダー状になったそぼろは一晩寝かせ、濃いタレで再び煮ることで余計な水分を吸い付けないようにしている。これらの手法は先人たちの知恵を伝統として引き継いでいる。買ってすぐ食べない駅弁だからこそ考え抜かれた調理手法には、「いろんな鶏肉の味がしっかり染み込んで、飽きさせない味がしておいしい」という声があった。


北九州駅弁当

続いては、大館駅で売られる「花善 鶏めし弁当」、高崎駅の「高崎弁当 鶏めし弁当」、小倉駅の「北九州駅弁当 鶏めし(かしわ)」の三大鶏めし食べ比べを行う。3つを食べたマツコは「駅弁食べてる!て感じする」とコメント。


検索結果の絞り込み