ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高田創」の検索結果

「高田創」に関連する情報 279件中 1〜10件目

オックスフォード大学

大正10年位当時皇太子だった昭和天皇がおよそ6ヶ月に渡りヨーロッパを訪問した時に最初に訪れたのがイギリスだった。昭和28年には19歳だった皇太子だった上皇さまが14カ国を訪問。イギリスではエリザベス女王の戴冠式に昭和天皇の名代として参列した。昭和50年には国賓としてエリザベス女王とフィリップ殿下が来日。迎賓館で行われた歓迎行事に臨むエリザベス女王。一家で温かいおもてなしをした。天皇陛下が初めてイギリスを訪問されたのは昭和58年。オックスフォード大学への留学のためだった。イギリスでの2年間はのびのびと過ごされた天皇陛下だった。当時の天皇陛下を知る高田創さんは私服の警官たちと一緒に移動し、一緒のテーブルでお酒を飲んだという。天皇陛下とは他にも日本の芸能界の話題も話したという。

留学した次の年には再びイギリスを訪問した天皇陛下。エリザベス女王の第2王子のアンドリュー王子の結婚式に参加した。この時にはオックスフォード大学の学友とお会いになっている。高田さんは2年間の留学は天皇陛下にとってかけがえのないものだったと話している。平成10年にはイギリスを訪問した上皇ご夫妻が馬車でバッキンガム宮殿までパレードされた。上皇后さまの隣にはフィリップ殿下の姿があった。平成13年に天皇陛下がイギリスを訪問した際にはエリザベス女王の招待でロンドン郊外のウィンザー城に滞在した。図書室では日本にゆかりのあるイギリス王室のコレクションをご覧になった。 天皇陛下はこのときがフィリップ殿下と最後に会う機会になった。去年5月に予定されていたイギリスの訪問は新型コロナウイルスの影響で延期になったが天皇陛下はエリザベス女王に深いお悔やみの気持ちを伝えられたという。


ユニクロ

岡三証券・高田創が考える今年のキーワードは「二極化」で、飲食などコロナ7業種はコロナが完全収束しない限り厳しい状態で、雇用の4割売り上げの2割を占めている。一方、株価や不動産の上昇は続く。とんでも10大予想1つ目はコロナ特効薬で株価暴落で、コロナ特効薬が感染し感染は沈静化し、金融政策の正常化観測や財政支援策がなくなる不安があり株価は暴落する。2つ目は世界中コロナバブルで、FRBがマイナス金利を導入しREIT・ETFを購入すると日経平均が最高値を更新する。3つ目はGASU銘柄で、東京ガスやソフトバンクなど菅総理大臣にちなんだ銘柄ができる。4つ目はスガスマホで、菅総理大臣が待ち受け画面のスマホができる。5つ目は宇宙自衛隊で、秋葉原に本部を設置する。6つ目はエルニーニョで世界中が水没で、国際救助隊創設が提案される。


味の素

岡三証券・高田創が考える今年のキーワードは「二極化」で、飲食などコロナ7業種はコロナが完全収束しない限り厳しい状態で、雇用の4割売り上げの2割を占めている。一方、株価や不動産の上昇は続く。とんでも10大予想1つ目はコロナ特効薬で株価暴落で、コロナ特効薬が感染し感染は沈静化し、金融政策の正常化観測や財政支援策がなくなる不安があり株価は暴落する。2つ目は世界中コロナバブルで、FRBがマイナス金利を導入しREIT・ETFを購入すると日経平均が最高値を更新する。3つ目はGASU銘柄で、東京ガスやソフトバンクなど菅総理大臣にちなんだ銘柄ができる。4つ目はスガスマホで、菅総理大臣が待ち受け画面のスマホができる。5つ目は宇宙自衛隊で、秋葉原に本部を設置する。6つ目はエルニーニョで世界中が水没で、国際救助隊創設が提案される。


東京ガス

岡三証券・高田創が考える今年のキーワードは「二極化」で、飲食などコロナ7業種はコロナが完全収束しない限り厳しい状態で、雇用の4割売り上げの2割を占めている。一方、株価や不動産の上昇は続く。とんでも10大予想1つ目はコロナ特効薬で株価暴落で、コロナ特効薬が感染し感染は沈静化し、金融政策の正常化観測や財政支援策がなくなる不安があり株価は暴落する。2つ目は世界中コロナバブルで、FRBがマイナス金利を導入しREIT・ETFを購入すると日経平均が最高値を更新する。3つ目はGASU銘柄で、東京ガスやソフトバンクなど菅総理大臣にちなんだ銘柄ができる。4つ目はスガスマホで、菅総理大臣が待ち受け画面のスマホができる。5つ目は宇宙自衛隊で、秋葉原に本部を設置する。6つ目はエルニーニョで世界中が水没で、国際救助隊創設が提案される。


ソフトバンク

岡三証券・高田創が考える今年のキーワードは「二極化」で、飲食などコロナ7業種はコロナが完全収束しない限り厳しい状態で、雇用の4割売り上げの2割を占めている。一方、株価や不動産の上昇は続く。とんでも10大予想1つ目はコロナ特効薬で株価暴落で、コロナ特効薬が感染し感染は沈静化し、金融政策の正常化観測や財政支援策がなくなる不安があり株価は暴落する。2つ目は世界中コロナバブルで、FRBがマイナス金利を導入しREIT・ETFを購入すると日経平均が最高値を更新する。3つ目はGASU銘柄で、東京ガスやソフトバンクなど菅総理大臣にちなんだ銘柄ができる。4つ目はスガスマホで、菅総理大臣が待ち受け画面のスマホができる。5つ目は宇宙自衛隊で、秋葉原に本部を設置する。6つ目はエルニーニョで世界中が水没で、国際救助隊創設が提案される。


和キャピタル

岡三証券の高田創さん、和キャピタルの村松一之をゲストとして紹介した。


岡三証券

岡三証券の高田創さん、和キャピタルの村松一之をゲストとして紹介した。


岡三証券

岡三証券 高田氏の2021年「とんでも予想」を紹介。空前のコロナバブルになるという予想がある一方で、コロナ特効薬が完成すると今の金融緩和や財政支援作がなくなるという不安から株式市場が暴落するという両極端なシナリオが考えられるという。高田さんの予想では、携帯電話料金の引き下げの究極は携帯電話をただで配るというものだといい、今年はアベノマスクがあったが、来年はスガスマホを配布し基本料金は無料かもしれない、というとんでも予想だと紹介した。岡三証券 グローバル・リサーチ・センターの高田創理事長は、自由な発想で全くこれまで想定してこなかったものも考えていく、現実が100年に一度の想定外のことが起こる時代で結果としてあたってしまうことも起こる、と話していた。滝田は、コロナの特効薬が気になるといい、パウエル議長が記者会見で、ワクチンによる集団免疫の獲得時期について明言していて、2021年の半ばから後半にも獲得の可能性があると発言していて、このシナリオは案外現実味があるかもしれないと語った。


日銀

今日から2日間の日程で、日銀の金融政策決定会合がはじまった。市場では、黒田総裁が追加の金融緩和に対して前向きな姿勢を示したことで、マイナス金利が深堀りされるのでは?との声も。これについてメガバンクのトップは、深堀りがあった場合、銀行としては取引先に対する影響を考えないといけない。実は6割以上の取引先が今は実質無借金。人生100年時代を考えると運用面のマイナスは無視できない。そういったところをしっかり考慮に入れるべき。などと話した。

「日銀 追加の金融緩和は?」というテーマでトーク。高田創は、もしあるとすれば「マイナス金利の深堀り」ということになると思う。増税後の景気サポートという「効果」と、年金や保険への影響などの「副作用」を天秤にかけて考える必要がある。などと説明した。


日銀

高田創が、概算要求のポイントについて解説。通常予算とは別枠の景気対策には、金額の目安が設けられていない。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。