ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高田創」の検索結果

「高田創」に関連する情報 271件中 1〜10件目

日銀

今日から2日間の日程で、日銀の金融政策決定会合がはじまった。市場では、黒田総裁が追加の金融緩和に対して前向きな姿勢を示したことで、マイナス金利が深堀りされるのでは?との声も。これについてメガバンクのトップは、深堀りがあった場合、銀行としては取引先に対する影響を考えないといけない。実は6割以上の取引先が今は実質無借金。人生100年時代を考えると運用面のマイナスは無視できない。そういったところをしっかり考慮に入れるべき。などと話した。

「日銀 追加の金融緩和は?」というテーマでトーク。高田創は、もしあるとすれば「マイナス金利の深堀り」ということになると思う。増税後の景気サポートという「効果」と、年金や保険への影響などの「副作用」を天秤にかけて考える必要がある。などと説明した。


日銀

高田創が、概算要求のポイントについて解説。通常予算とは別枠の景気対策には、金額の目安が設けられていない。


日銀

スタジオトーク。大江麻理子は明日の日銀の金融政策決定会合の2日目について高田創に質問。高田は、「円高圧力にどう対処できるかに注目」などと話した。

明日の「Newsモーニングサテライト」の番宣テロップ。放送内容は、「伊藤隆敏氏が考える日銀 次の一手」など。


セゾン投信株式会社

”老後2000万円”報告書についてのトーク。鎌田さんは「資産寿命を延ばすことが必要になること、積極的な資産運用を勧めることが報告書の内容。年金については少ししか触れていないが、みんなそこに注目していた。」などとした。田崎さんは「年金が足りないことを強調しすぎた。民間の方が審議会の委員だが、金融庁の役人が操っている。彼らは年末の予算編成、税制改正前に、NISAやiDeCoをなどに誘引しやすいような税制改正をしたいため、年金ではもたないことを強調している。」などとした。鎌田さんは「NISAやiDeCoは税金がかからないので有利なことを金融庁が促しているが、みなさんがなかなか利用しないことも背景にある。」とした。田崎さんは「金融庁は選挙前などの意識がない。銀行を管理することが仕事で、政治センスがない。世の中が年金に対してどの程度センシティブになっているかをわかっていない。」などとした。デーモン閣下は「金額は別として、老後について本音を出してくれたので、大事な報告書である。目先の選挙にとらわれてなかったことにしようとしているのがおかしい。」などちした。田崎さんは「私達自身がこれからを考えなければいけない。」とした。八代さんは「金融庁の意思を盛り込むためには、この時期が良い。自分たちの行動原理しか考えていない。」などとした。みずほ総合研究所の高田創副理事長は「2000万円足りないことは目新しくない。本当の議論が扱われなかったのは残念。」としている。セゾン投信株式会社の中野晴啓代表取締役社長は「2時間半の審議を12回重ねた。報告書は非難を受けるものではないという自負を持っている。」としている。鎌田さんは「年金が大変という事実は消えない。」などとした。


みずほ総合研究所

”老後2000万円”報告書についてのトーク。鎌田さんは「資産寿命を延ばすことが必要になること、積極的な資産運用を勧めることが報告書の内容。年金については少ししか触れていないが、みんなそこに注目していた。」などとした。田崎さんは「年金が足りないことを強調しすぎた。民間の方が審議会の委員だが、金融庁の役人が操っている。彼らは年末の予算編成、税制改正前に、NISAやiDeCoをなどに誘引しやすいような税制改正をしたいため、年金ではもたないことを強調している。」などとした。鎌田さんは「NISAやiDeCoは税金がかからないので有利なことを金融庁が促しているが、みなさんがなかなか利用しないことも背景にある。」とした。田崎さんは「金融庁は選挙前などの意識がない。銀行を管理することが仕事で、政治センスがない。世の中が年金に対してどの程度センシティブになっているかをわかっていない。」などとした。デーモン閣下は「金額は別として、老後について本音を出してくれたので、大事な報告書である。目先の選挙にとらわれてなかったことにしようとしているのがおかしい。」などちした。田崎さんは「私達自身がこれからを考えなければいけない。」とした。八代さんは「金融庁の意思を盛り込むためには、この時期が良い。自分たちの行動原理しか考えていない。」などとした。みずほ総合研究所の高田創副理事長は「2000万円足りないことは目新しくない。本当の議論が扱われなかったのは残念。」としている。セゾン投信株式会社の中野晴啓代表取締役社長は「2時間半の審議を12回重ねた。報告書は非難を受けるものではないという自負を持っている。」としている。鎌田さんは「年金が大変という事実は消えない。」などとした。


ソフトバンク

ソフトバンクについてトーク。大江麻理子は「営業利益が過去最高ということで勢いがありますね」などと述べた。高田創は「投資で稼ぐかたちのソフトバンクモデルが新しい日本のビジネスモデルになろうとしている」などと述べた。


トヨタ

高田創はトヨタ売上高30兆円 について維持できるか?という質問に意地でも維持したいのではと答え、研究開発費を維持したいという思いがあると答え、企業の研究開発費ランキングを公開した。


大和総研

あすの日経平均株価について。高田創氏は大幅下落と予想。熊谷亮丸氏も大幅下落と予想。


みずほ総研

あすの日経平均株価について。高田創氏は大幅下落と予想。熊谷亮丸氏も大幅下落と予想。


ひまわり

令和の経済について、高田創は、みんながお祝いしているのは経済にとって非常に大きい、平成はバブル崩壊後の冬の時代で令和は春の訪れとして新しい時代の幕開けとして期待したい、ただ今年は簡単な年ではないなどと言った。これからの天皇について、高森明勅は上皇陛下が築いた国民を統合する能動的な天皇像をしっかり受け継ぐ、これまでの天皇がしなかって世界の中での新しい役割を果たしていかれる事が期待されるなどと言った。