ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高須クリニック」の検索結果

「高須クリニック」に関連する情報 938件中 1〜10件目

インスタグラム

整形の気になるギモン。続いては「なりたい有名人の顔は?」。第1位は明日花キララだった(高須クリニック調べ)。小野准平は、一昔前は女優や歌手など芸能人が多かったが、最近はインスタグラマーが多いなどと話した。植木理恵によれば、ゴールの顔を決めている人が整形依存症になりやすい傾向があるという。


高須クリニック調べ

整形の気になるギモン。続いては「なりたい有名人の顔は?」。第1位は明日花キララだった(高須クリニック調べ)。小野准平は、一昔前は女優や歌手など芸能人が多かったが、最近はインスタグラマーが多いなどと話した。植木理恵によれば、ゴールの顔を決めている人が整形依存症になりやすい傾向があるという。


高須クリニック

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


慶応

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


早稲田

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


京大

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


東大

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


東海中学校・高等学校

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


高須クリニック

高須が悪徳美容整形にだまされないためのポイントを紹介。医者のキャリアを見るのがよく、1人前の美容外科医になるには形成外科と美容外科のキャリアが合計10年は必要。合わせて10年以上の医者を選んだほうが失敗はしにくいなどと高須は述べた。醜形恐怖症の女性につけこみ必要ない施術まで行う悪徳業者も増加しているという。


高須クリニック 名古屋院

高須クリニックの高須幹弥が悪徳美容整形トラブルの実態を暴露。高須によればターゲットになりやすいのは美容整形初心者。初心者は料金だけを見てクリニックを決めてしまうことが多いが、大抵の悪徳美容整形は広告にのせている料金が安く、実際にカウンセリングに行って高い料金をすすめられたら9割くらいは悪徳美容整形外科だと高須は述べた。悪徳美容整形は診察後広告の料金より高額な施術を勧めてくることが多く、美容整形初心者はその言葉に騙されて被害にあうことが多いという。