ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「鮭」の検索結果

「鮭」に関連する雑学・豆知識 4件中 1〜4件目

「鮭」に関連する雑学・豆知識

時鮭のフワッとフライ

成長途上の若い鮭「時鮭」を使った簡単料理。
ゲストの「鈴与」の三代目のレシピで、鮭と塩は相性抜群のため、多めにふるとより美味しさがアップするという。彼は
「魚料理なんて難しく考えることないの!」
と語り、試食した出演者達からは
「柔らかい!ふわふわしてる!」
「凄い美味しいよ!」
との声があがっていた。

<材料>
・時鮭の切り身
・塩&コショウ
・小麦粉、卵、パン粉
・油
※量は全てお好みで
・市販のタルタルソース
<手順>
(1)時鮭の切り身を皮ごと1口大に切る。(時間短縮にもなる)
(2)(1)で切った鮭に塩・コショウを振る。(塩を振るタイミングは、身の中の水分を逃さないため、フライにする直前にふるのが良いとの事)
(3)(2)で塩・コショウをまぶした鮭を、フライパンを使い、約170度の油で揚げる。
(4)カラっと揚がったら皿に移し、タルタルソースにらっきょうを混ぜたタレを付け加えたら完成。


「鮭」に関連する雑学・豆知識

食品の保存方法

今日の理科の先生が教えてくれたさまざまな食品の保存方法。

<保存方法>
・パック入り豆腐 通常は2日ほどもつ。パックのなかの液体は水。だからパックから出して、毎日、水を取りかえると非常に長く豆腐がもつようになる。
・鮮魚 頭を切って内臓を取り出し、ペーパータオルでよく水を拭き、ラップで巻いて冷凍するといい。
・瓶詰め鮭フレーク 開封をした場合、安全に美味しく食べられるのは1週間程度。瓶とか缶は開けないと1年でも1年半でも長持ちする。中はもともと無菌状態であるため、開けてしまうと細菌が繁殖しやすくなる。
・瓶詰め海苔の佃煮 開封した場合、安全に食べられるのは2週間程度。
・パック入りドレッシング 製造過程で酢や香辛料が使われているため、開封後も長もちする。
・タマネギ タマネギは芽が出てきたら、食べられなくなるため、無理に実を食べようとせず、出てきた芽を育てるようにするよいい。出てきた芽は毒性のない安全な食品なので捨てる必要はない。芽の出たタマネギを日の当たるところに置いて、芽を10〜15センチくらいまで育て、炒め物とか味噌汁などに使える。対して、ジャガイモの芽には、ソラニンという毒があるため、芽を料理に利用するのは危険である。
・食パン 冷蔵保存より、冷凍保存の方が、味が落ちない。買ってきたときの袋に入れた状態で冷凍すると、食パンに霜がついて風味が落ちてしまう。食パンは、冷凍保存する場合、ペーパータオルかアルミ箔に巻いて、フリーザーパックに入れて、保存したほうがいい。
・魚肉ソーセージ 常温保存に向くように作られている。デンプンが含まれているため、冷凍保存すると老化しやすい。また開封した場合、その日に食べてしまうこと。
・自家製ハンバーグ タマネギ・塩・コショウが入って殺菌効果があるため、ラップなどでつつんで冷凍庫で保存する。その方が、挽肉を買ってきたままで保存するよりも、もちがよくなる。
・ヨーグルト/牛乳 開封したら2〜3日しかもたない。牛乳パックの外部に書いてある賞味期限は、未開封時の期限である。
・もやし 通常だと1日でだめになってしまうが、熱湯に数十秒ていど浸し、水気をペーパータオルでよく拭き取り、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存すれば、1週間ていどもつようになる。


「鮭」に関連する雑学・豆知識

岡江美希オススメ美肌食材

ニューハーフ美容家がスーパーマーケットでお勧めしていた食材。ニューハーフ美容家は「美容は内臓から!」と話し、日ごろから自身が食べているものを教えていた。

<お勧めしていた食材>
・ピオーネ
ポリフェノールがたっぷり
・山芋
根菜は美肌を作る
・納豆とキムチ
栄養が倍増する
・豚肉
コラーゲンがたっぷり
・鮭
「ジメルアミノエタノール」という物質が入っていて、一日一切れ食べるだけで顔の筋肉を引き締め、リフトアップが可能とのこと。


「鮭」に関連する雑学・豆知識

秋の魚「さけ」のかんたん料理法

料理好きで知られる男性タレントが紹介していた料理法。「秋味とも呼ばれている魚は?」というクイズが出題され、その中で登場していた。

<材料>
・鮭の切り身
<作り方>
1:鮭の切り身に塩・胡椒を振り、魚の臭みを消すために玉ねぎ・パセリの茎を添える。
2:パン粉に粉チーズを混ぜる。
3:油で揚げる。この時、フライパンで揚げると使用する油は鍋に比べ、10分の1に削減できる。
4:ポン酢・オレンジジュース・はちみつ・水溶き片栗粉などを加えたソースをかけて完成。