ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「鮭」の検索結果

「鮭」に関連する情報 21887件中 51〜60件目

「鮭」に関連するグルメ情報

カブ

今日の昼ごはんはのっぺい汁とぶどうケーキ。材料はおばあちゃんが作った野菜で掘りたてのさといもにはヒゲがついている。その他にかつおだし、ニンジン、こんにゃくなどを入れる。新潟の郷土料理「のっぺい汁」はほのかな醤油味とさといものとろみが特徴でお正月やお盆、冠婚葬祭などに必ず食べるという。その他にもカブ、タマネギ、カボチャ、豚肉、牛乳などを使用してクリームシチューを作った。さらに自家製のコシヒカリを使用した炊きたてのご飯、ほうれん草とニンジンのおひたし、食用菊のおひたしが用意された。クリームシチューは甘く柔らかい。のっぺい汁はいろんな食感が楽しめる。14代目の阿部さんは「背負っているよりも守られている、いつかはプロフェッショナルにものを作る」などと語った。デザートのぶどうとりんごのパンケーキは自宅の庭で採れたりんごを使って作られオリエンタルスターもたっぷりと入れしっかり混ぜオーブンへ。オリエンタルスターが酸味と甘さでケーキの味をひきたてている。


「鮭」に関連するグルメ情報

こんにゃく

今日の昼ごはんはのっぺい汁とぶどうケーキ。材料はおばあちゃんが作った野菜で掘りたてのさといもにはヒゲがついている。その他にかつおだし、ニンジン、こんにゃくなどを入れる。新潟の郷土料理「のっぺい汁」はほのかな醤油味とさといものとろみが特徴でお正月やお盆、冠婚葬祭などに必ず食べるという。その他にもカブ、タマネギ、カボチャ、豚肉、牛乳などを使用してクリームシチューを作った。さらに自家製のコシヒカリを使用した炊きたてのご飯、ほうれん草とニンジンのおひたし、食用菊のおひたしが用意された。クリームシチューは甘く柔らかい。のっぺい汁はいろんな食感が楽しめる。14代目の阿部さんは「背負っているよりも守られている、いつかはプロフェッショナルにものを作る」などと語った。デザートのぶどうとりんごのパンケーキは自宅の庭で採れたりんごを使って作られオリエンタルスターもたっぷりと入れしっかり混ぜオーブンへ。オリエンタルスターが酸味と甘さでケーキの味をひきたてている。


「鮭」に関連するグルメ情報

ニンジン

今日の昼ごはんはのっぺい汁とぶどうケーキ。材料はおばあちゃんが作った野菜で掘りたてのさといもにはヒゲがついている。その他にかつおだし、ニンジン、こんにゃくなどを入れる。新潟の郷土料理「のっぺい汁」はほのかな醤油味とさといものとろみが特徴でお正月やお盆、冠婚葬祭などに必ず食べるという。その他にもカブ、タマネギ、カボチャ、豚肉、牛乳などを使用してクリームシチューを作った。さらに自家製のコシヒカリを使用した炊きたてのご飯、ほうれん草とニンジンのおひたし、食用菊のおひたしが用意された。クリームシチューは甘く柔らかい。のっぺい汁はいろんな食感が楽しめる。14代目の阿部さんは「背負っているよりも守られている、いつかはプロフェッショナルにものを作る」などと語った。デザートのぶどうとりんごのパンケーキは自宅の庭で採れたりんごを使って作られオリエンタルスターもたっぷりと入れしっかり混ぜオーブンへ。オリエンタルスターが酸味と甘さでケーキの味をひきたてている。


「鮭」に関連するグルメ情報

さといも

今日の昼ごはんはのっぺい汁とぶどうケーキ。材料はおばあちゃんが作った野菜で掘りたてのさといもにはヒゲがついている。その他にかつおだし、ニンジン、こんにゃくなどを入れる。新潟の郷土料理「のっぺい汁」はほのかな醤油味とさといものとろみが特徴でお正月やお盆、冠婚葬祭などに必ず食べるという。その他にもカブ、タマネギ、カボチャ、豚肉、牛乳などを使用してクリームシチューを作った。さらに自家製のコシヒカリを使用した炊きたてのご飯、ほうれん草とニンジンのおひたし、食用菊のおひたしが用意された。クリームシチューは甘く柔らかい。のっぺい汁はいろんな食感が楽しめる。14代目の阿部さんは「背負っているよりも守られている、いつかはプロフェッショナルにものを作る」などと語った。デザートのぶどうとりんごのパンケーキは自宅の庭で採れたりんごを使って作られオリエンタルスターもたっぷりと入れしっかり混ぜオーブンへ。オリエンタルスターが酸味と甘さでケーキの味をひきたてている。


「鮭」に関連するグルメ情報

健太米

今日の昼ごはんはのっぺい汁とぶどうケーキ。材料はおばあちゃんが作った野菜で掘りたてのさといもにはヒゲがついている。その他にかつおだし、ニンジン、こんにゃくなどを入れる。新潟の郷土料理「のっぺい汁」はほのかな醤油味とさといものとろみが特徴でお正月やお盆、冠婚葬祭などに必ず食べるという。その他にもカブ、タマネギ、カボチャ、豚肉、牛乳などを使用してクリームシチューを作った。さらに自家製のコシヒカリを使用した炊きたてのご飯、ほうれん草とニンジンのおひたし、食用菊のおひたしが用意された。クリームシチューは甘く柔らかい。のっぺい汁はいろんな食感が楽しめる。14代目の阿部さんは「背負っているよりも守られている、いつかはプロフェッショナルにものを作る」などと語った。デザートのぶどうとりんごのパンケーキは自宅の庭で採れたりんごを使って作られオリエンタルスターもたっぷりと入れしっかり混ぜオーブンへ。オリエンタルスターが酸味と甘さでケーキの味をひきたてている。


「鮭」に関連するグルメ情報

コシヒカリ

今日の昼ごはんはのっぺい汁とぶどうケーキ。材料はおばあちゃんが作った野菜で掘りたてのさといもにはヒゲがついている。その他にかつおだし、ニンジン、こんにゃくなどを入れる。新潟の郷土料理「のっぺい汁」はほのかな醤油味とさといものとろみが特徴でお正月やお盆、冠婚葬祭などに必ず食べるという。その他にもカブ、タマネギ、カボチャ、豚肉、牛乳などを使用してクリームシチューを作った。さらに自家製のコシヒカリを使用した炊きたてのご飯、ほうれん草とニンジンのおひたし、食用菊のおひたしが用意された。クリームシチューは甘く柔らかい。のっぺい汁はいろんな食感が楽しめる。14代目の阿部さんは「背負っているよりも守られている、いつかはプロフェッショナルにものを作る」などと語った。デザートのぶどうとりんごのパンケーキは自宅の庭で採れたりんごを使って作られオリエンタルスターもたっぷりと入れしっかり混ぜオーブンへ。オリエンタルスターが酸味と甘さでケーキの味をひきたてている。

ゴリラの仮装をした方が販売しているのが「新之助」と呼ばれる今年から発売されている米だ。味は粒感がしっかりとあり、粘りがコシヒカリに比べて少ないという。米農家の鈴木さんはコシヒカリも作っているがこの日は「新之助」のPRのためイベントに出店した。鈴木さんのお昼ごはんを見せていただくようお願いし、交渉は成立した。午後5時、イベント終了後に友人の和食店で「新之助」がふるまわれる。その店では「ハタハタの塩焼き」や「海老しんじょう」が人気だ。「新之助」は味はもちろん粒の大きさや水分量など様々な厳しい基準をクリアしている。

新米「新之助」の魅力が詰まったメニューがチャーハン。お米の研ぎ方にもこだわりがあり、優しくかきまぜる程度で炊いてから時間が経っても固くなりにくく冷めてもおいしい。それに卵とねぎを加えて、醤油、塩、コショウなどで味付け、米本来の味を引き立てるために余計な具材は入れないという。 時鮭の塩焼きも加えハロウィン打ち上げメニューの完成。「新之助」は甘みがあり、食感もモチモチとしている。チャーハンは米粒の食感が活かされている。「新之助」はコシヒカリと並ぶブランド米を目指している。


「鮭」に関連するグルメ情報

阿部さんのご自宅は1853年に建てられ、キッチンは母の特注のキッチンだ。キッチンには瓶詰めされた桃のシロップ漬け、シャインマスカットのシロップ漬け、オリエンタルスターのシロップ漬けなど収穫した果物を保存している。


「鮭」に関連するグルメ情報

オリエンタルスター

阿部さんのご自宅は1853年に建てられ、キッチンは母の特注のキッチンだ。キッチンには瓶詰めされた桃のシロップ漬け、シャインマスカットのシロップ漬け、オリエンタルスターのシロップ漬けなど収穫した果物を保存している。

今日の昼ごはんはのっぺい汁とぶどうケーキ。材料はおばあちゃんが作った野菜で掘りたてのさといもにはヒゲがついている。その他にかつおだし、ニンジン、こんにゃくなどを入れる。新潟の郷土料理「のっぺい汁」はほのかな醤油味とさといものとろみが特徴でお正月やお盆、冠婚葬祭などに必ず食べるという。その他にもカブ、タマネギ、カボチャ、豚肉、牛乳などを使用してクリームシチューを作った。さらに自家製のコシヒカリを使用した炊きたてのご飯、ほうれん草とニンジンのおひたし、食用菊のおひたしが用意された。クリームシチューは甘く柔らかい。のっぺい汁はいろんな食感が楽しめる。14代目の阿部さんは「背負っているよりも守られている、いつかはプロフェッショナルにものを作る」などと語った。デザートのぶどうとりんごのパンケーキは自宅の庭で採れたりんごを使って作られオリエンタルスターもたっぷりと入れしっかり混ぜオーブンへ。オリエンタルスターが酸味と甘さでケーキの味をひきたてている。


「鮭」に関連するグルメ情報

シャインマスカット

阿部さんのご自宅は1853年に建てられ、キッチンは母の特注のキッチンだ。キッチンには瓶詰めされた桃のシロップ漬け、シャインマスカットのシロップ漬け、オリエンタルスターのシロップ漬けなど収穫した果物を保存している。


「鮭」に関連するグルメ情報

ぶどう

ぶどう農家を訪れた三瓶、その農家は300年ほど続いており阿部さんは現在は14代目を務めている。かつては米や梨などの栽培が中心になっていたが20年前からぶどうの栽培を始め4種類のぶどうを育てている。オススメはシャインマスカット、種がなく皮ごと食べられる品種。特徴として上のほうが日光が当たりやすいため甘くなっている。オリエンタルスターは種がない品種、その他にもピオーネという品種がある。そんなぶどう農家のご飯に密着、自宅は黒船が来航した1853年に建設された。ご飯を見せてもらえるか交渉したところ、あっさり交渉成立。